臨床試験の信頼度、エビデンス

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

エビデンスの階層

がん治療において、EBMやエビデンスという言葉に出くわすことがあります。医療者は、これらの言葉を安易に使わないように気をつけていますが、インターネット上では頻繁に登場するので、知っておいた方が良いでしょう。

エビデンスの意味

この治療法がよいといえる証拠です。医療の分野では、たくさんの患者に実際に使って試す調査研究をして、薬や治療方法がどれぐらい効き目があるかを確かめています。その調査研究によって、薬や治療方法、検査方法などがよいと判断できる証拠のことです。「科学的根拠」

エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用されます。

治療の効果量がどの程度の確率で正しいかを知るための手段の客観的な基準がエビデンスである。高いエビデンスを求める方法として、ランダム化比較試験、コホート研究、症例対照研究が挙げられる。ただし、生物には個体によるゆらぎがあるため、これらの一般的な確率はそのまま個々の患者に当てはまるのではなく、患者状態によって適切に修正されなければならない。

エビデンスレベル

一般に人を対象として試験で、6段階のエビデンスレベルが使われており、上位になるほど信頼度が高いと言われている。

  1. 複数のランダム化比較試験によるメタアナリシス・システマティックレビュー
  2. 一つ以上のランダム化比較試験
  3. ランダム化されていない比較試験
  4. コホート(前向き)研究、ケースコントロール(後ろ向き)研究
  5. 症例報告、ケースシリーズ
  6. 講義、専門家の意見や考え
  7. 動物を使った研究
  8. 試験管(in vitro)の研究

*ランダム化比較試験(RCT):研究の対象者をランダムに2つのグループに分け(ランダム化)、一方には評価しようとしている治療や予防のための介入を行い(介入群)、もう片方には介入群と異なる治療(従来から行われている治療など)を行います(対照群)。

*メタアナリシス:複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのための手法や統計解析のこと。

*システマティックレビュー:文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことである。 根拠に基づく医療(EBM)で用いるための情報の収集と吟味の部分を担う調査である。

 

参考サイト
ganjoho.jp
 
スポンサーリンク
がん情報サービスレファレンスリスト:[国立がん研究センター がん情報サービス ...
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/evidence/

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんの10年生存率 膵がんは4.9%がんの10年生存率 膵がんは4.9% 今日のニュースでも取り上げられていますが、初めてがんの10年相対生存率が発表されています。全がん協生存率 これによると、膵がんの「10年相対生存率」は、全症例で4.9%と、 […]
  • シュレベールの箴言(3)シュレベールの箴言(3) 統計は情報に過ぎず、けっして宣告ではない。 進化論の専門家で「第二のダーウィン」と呼ばれたスティーブン・ジェイ・グールドは、40歳で腹膜中皮腫と診断された。中皮腫は不治の病 […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい(2) ネルケ無方氏がこの「現成公案」を一度英語にしてから現代語訳した本が出版されている。『道元を逆輸入する』。なるほど、英語訳するためには道元の言わんとするところをしっかりと掴んでいな […]
  • パソコン不調 ⇒ なんとか修理パソコン不調 ⇒ なんとか修理 デスクトップPCのSSDを載せ替えて、快調にスタートしたはずなんですが、今日、過去に撮った写真を検索しようとしてAdobe Lightroom […]
  • ビタミンDが新型コロナウイルスに有効?ビタミンDが新型コロナウイルスに有効? ビタミンD、ビタミンCが新型コロナウイルスを撃退する? 新型コロナウイルスにビタミン D […]
  • 年末年始は読書三昧 20歳頃かあるいはもう少し経って24歳頃か、カントの「純粋理性批判」を読もうとしたことがある。結論からいえば、さっぱり頭に残らなかった。というよりは頭に入ってこなかったというほう […]
  • 「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇は気にしない「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇は気にしない 7月の記事で大豆製品は膵臓がんのリスクを上げるという話題を取り上げました。 そして、このようにコメントしておきました。 ブロッコリー、ターメリック、緑茶などととも […]
  • 今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』 がん患者は、ともかく歩きなさい、と言い続けてきた。長尾和宏氏の『』は、町医者の立場から、多くに患者に歩くことを進め、症状が改善した例を挙げて歩く効用を説いている。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です