運動は、心の平安に次いで重要

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

Blood1813410_640

運動は腫瘍の成長を抑える

統合医療で一番効果があると私が実感するのは、瞑想やマインドフルネス、あるいはサイモントン療法による「心の平安」です。

そして、次に効果があると思われるのが「運動」です。がん患者にとって運動は下手な抗がん剤よりも効果があります。

しかし、残念なことに、多くのがん患者がサプリメントや食事療法などの「もの」にこだわっているのが現状です。もったいないですなぁ。実際は「形のないもの」がより重要なんですが。

181

5分の自転車漕ぎ運動で、老化したNK細胞が活発化する

NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第3回 あなたを守る!細胞が老いと戦う」 では、長生きする人の免疫細胞には特徴があることが放映されました。

長生きする人のNK細胞には、老化による影響がなく元気なのです。

そして、老化した免疫細胞を二十歳台と同じように活発にする方法があるのです。それが運動です。わずか5分間の自転車漕ぎ運動によって免疫細胞が活発に活動することを、バーミンガム大学の研究者らが明らかにしました。【リンク先の
動画の13分ころから】

また、運動が腫瘍を縮小するという別の研究報告もあります。

ランニングでがん細胞の増殖を抑制できるかもしれない

3208631777_552403f19c_o1

ランニングなどの運動により、ナチュラルキラー(NK)細胞が活発化し、がん細胞などの腫瘍の増殖を抑制できる可能性が、マウスによる実験で示されました。

毎晩4km~7km走ったマウスの免疫系統が活発化し、新しい腫瘍の増殖を予防したほか、既存の腫瘍の成長を最大で60%抑制できることがわかったとのことです。

人間なら毎晩4km~7kmも走るのは難しいそうですが、一日8000歩、その中の20分は少し早足で歩くだけでも効果があるといわれています。

玄米菜食も、ニンジンジュースもやってもいいけど、対して効果はありません。ゲルソン療法などは、返って寿命を縮めるだけです。

がん患者は「歩け、歩け」です。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事


スポンサーリンク

運動は、心の平安に次いで重要” に対して1件のコメントがあります。

  1. みい より:

    キノシタさま
    早速のお返事、どうも有難うございました!感謝です
    20gを目標に摂りたいと思っています
    これからも記事を参考にさせて下さい
    宜しくお願い致します
    みい

  2. キノシタ より:

    みいさん。
    メラトニンは、抗がん剤治療や放射線治療の副作用を軽減し、生存率を高める効果が報告されています。免疫療法と併用して免疫増強効果を高める効果や、手術後の創傷治癒を促進する効果、がん性悪液質の緩和など末期がんにおける有効性も報告されています。
    補完代替医療ですから、統計的な有意差には乏しいですが、「効く人には効く」ということです。特に重篤な副作用は報告されていませんから、心配せずに服用するとよろしいでしょう。

  3. みい より:

    こんにちは、はじめてコメントをさせて頂きます
    いつも参考になる記事をどうも有難うございます
    主人が胆管がんと診断され、腹膜播種あり、手術不可、抗がん剤治療の予定ですが
    おすすめのメラトニンを購入しました
    少量から始めてこれから増量していくつもりですが、抗がん剤投与日とかでも摂取してよいのかどうか
    もしご伝授頂ければ大変有難く思います
    どうぞ宜しくお願い申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA