スポンサーリンク

「がん総合外来」を名乗ります。

LINEで送る
Pocket

緩和ケア=治さない医療の誤解

大津秀一先生のブログ、こんなことを書かれています。

確かに「緩和ケア」については、まだまだ誤解が多いですね。

私だって、相当用心しながらでないと「緩和ケアも受けてみたら」とは言い出せません。まずは、その人が誤解していないかどうか、それを確かめてからでないと、機嫌を悪くされることもありそうです。

ブログにあげられている識者(衆議院議員、会社経営者、宗教家、経済学教授)でも誤解している。

ということで、

緩和ケア=末期、治さない、諦め、の誤解。しかしそのおかげで、「緩和ケア外来にはかかりたくない」という方もいます。「緩和ケアにかかったら?!」と言ってしまって、友人関係を損ねた方までいます。

だったら、もう愛称つけちゃいましょう!

というわけで、早期緩和ケア外来を「がん総合外来」と名乗ることにしました。

樋野興夫先生の、「がん哲学外来」と似ている愛称だけど。

大津先生の「がん総合外来」はこんな相談ができますよ

体の痛みを取るだけではないのです。心の痛みにも効きます。

  • がんと診断されたけれども、何をどうしたら良いの?
  • 進行がんとわかったけれども、今後何が起こる可能性があり、どう対処したら良いのですか?
  • がんになってから、最も生存確率を高める食事は? 運動は? 生活習慣は?
  • 再発しないためにできることは何ですか?
  • このような治療を提案されているが妥当なのでしょうか?
  • 友人が勧めて来たこのようなサプリや健康食品はどうでしょうか?
  • この免疫治療は効きますか?
  • 再発の不安で、毎日頭がいっぱいです。どうしたら良いでしょうか?
  • うつうつとした気持ちが続いており、自分はうつ病なのでしょうか?
  • 漠然とした不安感にどう向き合えば良いのでしょうか?
  • 逆境に立ち向かう力(レジリエンス)を培ってがんと対峙するにはどうしたら良い?
  • これまでの人生を振り返って、今後どう生きるかを一緒に考えてほしいです。
  • 担当医との関係に悩んでいます。どうしたら良いですか?
  • 今後どこでどのように療養するのが良いのでしょうか?
  • 緩和ケアって一体何ですか?
  • 痛いのですが、モルヒネは使いたくないです。他に良い方法は?
  • 住んでいる地域で、緩和ケアができる医療機関はどこでしょうか?
  • がんの家族にどう接したら良いのですか?
  • がんの家族が痛みや苦しみで悩んでいます。どうしたら?
  • 民間治療に頼って良いでしょうか?
  • 自分ががんなのですが、家族との関係に悩んでいます。
  • 子供や親にがんをどう伝えたら良いのか、考えあぐねています。
  • 生きている意味がないと感じるのですが、どうしたら良いのでしょう?
  • 信頼できる患者会はどこでしょうか?
  • このような情報をネットで見たのですが、これは正しいのでしょうか?

「信頼できる患者会はどこ?」って項目がありますね。

8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』には大津先生の講演があります。「信頼できる患者会」として認定してくださったのでしょう。

「患者会」といっても、なかには似非免疫療法の宣伝を行っているものすらありますから、注意してください。

『膵臓がん患者と家族の集い』へのお誘い

申込みと詳細はページの上にあるリンクから。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • チェルノブイリの癌発症リスクはいまだに低下していないチェルノブイリの癌発症リスクはいまだに低下していない チェルノブイリの死者についての官邸が出した”風評”については昨日書きましたが、こちらに新しい資料が紹介されています。『IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「 […]
  • メラトニンについて(1) メラトニンは松果体から分泌されるホルモンです。合成されたメラトニンは、アメリカでは栄養補助食品サプリメントの扱いで一般のドラッグストアで買うことができますが、日本やその他の国 […]
  • 余命宣告を受けながら放射能と闘う医師 福島県南相馬市にある原町中央産婦人科医院の高橋亨平先生を描いたドキュメンタリーが、2012年5月30日(水)深夜26時20分~27時15分(福島テレビ・フジテレビ系)で放映されま […]
  • 〇〇療法で治ったをどう考えるべきか〇〇療法で治ったをどう考えるべきか 百万人のがん患者がいれば、奇跡的に治癒する患者が100人ほどいると言われます。たまたまその患者が「煮あずき」を食べていれば、これががんに効くとなるわけです。標準治療を併用している […]
  • 家族に癌を告知する家族に癌を告知する 今日は義父の月命日だ。妻と墓参りに行く。信号で止まったら左の窓にアジサイが覆いかぶさるように迫っていた。 紫が美しい。「まだ蕾から咲き始めのころのピンクの花が私は好きだわ」 […]
  • 統計的有意差のない治療法は「人体実験」か?統計的有意差のない治療法は「人体実験」か? 良いも悪いもない。ただただ、そんな行為を、昔から医療と呼んでいるだけのことです。 患者の立場を理解した賢い医者は、そうしたリスクも覚悟の上でチャレンジするのです。 […]
  • これはひどい! 悪魔のようなクリニックこれはひどい! 悪魔のようなクリニック ニャンコ先生のブログにこんな記事がアップされています。 そのクリニックで診察医が最初に言ったのは 採血やら免疫治療のメニュー表を提示しながら (実際に見せて […]
  • 写談「撮んぼ」写真展写談「撮んぼ」写真展 写真家の入江進さんに誘われて、東京芸術劇場で開催されている写談「撮んぼ」写真展に行ってきました。 東京芸術劇場。こんなところで私も個展をやってみたいものです。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です