スポンサーリンク

口内炎対策に「エピシル」

LINEで送る
Pocket

抗がん剤の副作用による口内炎に悩んでいるがん患者はたくさんいます。口内炎で食べることができないと、がんと闘う気力も体力も奪われます。「がん患者は、がんで死ぬのではなく、餓死するのです」とも言われますから、口内炎対策は大切です。

2017年6月に医療機器製造販売承認を厚生労働省から受けた「エピシル口腔用液(SP-03)」(製品名は「エピシル」)が、今年の5月から市販されて保険適用になっているようです。 保険適用価格は7,520円。 3割負担なら2,300円ほどです。

原料は大豆油で薬効成分は含まれておらず、管理医療機器(クラスII)の扱いです。大豆アレルギーがなければ誰でも使えます。

SP-03は、口腔内病変の被覆及び保護を目的とする非吸収性の液状機器です。口腔粘膜に適量を適用すると数分以内に口腔粘膜の水分を吸収してゲル状になり、物理的バリアを形成することにより、口内炎で生じる口腔内疼痛を管理及び緩和します。

適用後、数分以内で効果的に口腔内の局所疼痛を緩和し、その効果が8時間程度持続することが臨床的に示されています。

SP-03はがん等の化学治療や放射線療法を受けている患者の生活の質(クオリティ オブ ライフ)の改善に貢献するための、持ち運び可能なポケットサイズの医療機器です。

まだ知らない先生もいるかもしれませんので、口内炎で悩んでいる方は相談してみると良いかも知れません。

留意事項
・がん等に係る放射線治療又は化学療法を実施している患者であって、周術期口腔機能管理計画に基づき、口腔機能の管理を行っている患者について、放射線治療又は化学療法に伴う口内炎に対して使用した場合に原則10 mLを限度として算定する。

_


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 半額でタイヤ交換できた!半額でタイヤ交換できた! 昨年の愛車の車検のとき、「タイヤがひび割れしてますよ」と言われた。なるほど4本のタイヤともに全周にひび割れが生じていた。気にはなっていたが町中を走る分にはまだ大丈夫だろうと、高を […]
  • 市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」 今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。 […]
  • オンコサーミアとはオンコサーミアとは がん細胞は熱に弱い 人の身体はホメオスタシスという機能があり、体温が一定に保たれています。細胞は、温度が42.5℃以上になると急速に死んでしまうので、41℃以上にならないよ […]
  • 今日の一冊(92)『ガンとわかったら読む本』今日の一冊(92)『ガンとわかったら読む本』 ブログ「あきらめない! […]
  • 中村祐輔教授の近藤誠氏「がんもどき」批判 帰宅すると、Amazonに予約してあった中村祐輔著『がんワクチン治療革命』が届いていました。がんワクチンに関する部分は、臨床試験にも動きがあったので別に書きます。この本の第3 […]
  • 医療の現場 膵臓がん:手術をあきらめない医療の現場 膵臓がん:手術をあきらめない 鳥越俊太郎の「医療の現場」シリーズ「がんと闘う」第2弾 すい臓がん~手術をあきらめない~。昨日の放送を見ました。千葉大学医学部附属病院院長 […]
  • 補完代替医療を考える(2)補完代替医療を考える(2) ある調査によれば、がん患者の4割以上がなんらかの抗がんサプリメントを使用しているといいます。実際はもっと多い気がします。 サプリメントにも流行や廃れがあります。サメの軟骨な […]
  • 清里高原に行ってきました。清里高原に行ってきました。 土日は清里高原に一泊旅行でした。 まずは昇仙峡へ。まだ紅葉には早いことは承知ですが、一度も行ったことがないので。県営駐車場に車を止めて、バスで影絵の美術館へ。ここからなら下 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です