スポンサーリンク

光免疫療法の2つの記事

LINEで送る
Pocket

久しぶりに小林久隆氏に関する記事がありました。

こちらはFNNの記事ですが、光免疫療法のこれまでの概要をまとめたもので、新しい内容はありません。しかし、

「光ファイバーを使うことで、食道がん、肺がん、子宮がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、がんの8~9割はこの治療法でカバー出来ると考えています」(小林氏)

とあるとおり、膵臓がんにも適用できる可能性があります。急いで欲しいものです。

PubMedに小林氏の新しい論文が掲載されました。

「近赤外光免疫療法後の腫瘍における超浸透性および保持(SUPR)効果の向上」

Google翻訳を使えば概要は分かります。

近赤外光免疫療法(NIR-PIT)によって誘導された超高透過性および保持効果(SUPR)が最近報告されている。 光免疫療法をDDS(Drag Delivery System)を併用すれば、SUPR効果は、従来のEPR効果と比較して癌組織へのナノデリバリーを劇的に24倍まで高める。

DDSは世界中で研究が進んでいますが、腫瘍組織への薬剤の浸透性が問題になっています。最大でも2~3倍にしかならないが、光免疫療法と併用すれば24倍にまで高めることができると書かれています。

これって最高の低用量抗がん剤治療ですね。こちらも期待しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • チェロは癌に効くか?チェロは癌に効くか? 春が近いようです。京急梅屋敷駅近くの神社で、紅白の梅が競い合うように咲いていました。 先日のチェロのレッスンのとき、先生が「別のクラスのチェロの生徒さんも癌になったのですが、 […]
  • 丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法 話題の丸山ワクチンですが、なかには「主治医が協力してくれない。そのような治療をするのなら、別の病院に行ってください」と言われたという例があります。 また、治験担当医 […]
  • 糖尿病患者:死因の1位はがん糖尿病患者:死因の1位はがん 糖尿病のクリニックに行くと、先生からは高血糖が続くと血管がもろくなって心血管障害が起こりやすくなるなどと言われます。 膵臓がんを治療している患者さんにも、血糖値管理を注意 […]
  • PCオーディオ用に中古のノートPCをPCオーディオ用に中古のノートPCを 一度は撮っておきたい東京駅駅舎・・・です。DP1 […]
  • 心が免疫系に与える影響(3)心が免疫系に与える影響(3) 『精神生物学―心身のコミュニケーションと治癒の新理論』では、「肉体の病気を、心や精神的な方法を用いて治療することが本当に可能なのか」という疑問に、現在得られている科学的知識をもと […]
  • 【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例【続報】話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例 話題の転移性乳がんが免疫療法で完治した症例について、オンコロの加知さんが詳細に解説しています。一読の価値あり。インチキ免疫療法とどこが違うのか、まだ研究段階で結論を出すの […]
  • 雨の休日には古楽器演奏のバッハ雨の休日には古楽器演奏のバッハ 雨の休日は、一日中音楽三昧。 バッハの生きた時代、18世紀初頭は、コーヒーがヨーロッパで嗜好品となっていました。ライプツィヒはドイツのコーヒー取引の中心地で、市民や商人が集 […]
  • つるりん和尚と川村妙慶尼 12月19日の東京新聞の特報欄に『福島「つるりん和尚」の決断 地域汚染土 預かろ』との記事が載っていました。それ以後、つるりん和尚さんは取材攻勢に責められているようです。 福島県 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です