光免疫療法の2つの記事

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

久しぶりに小林久隆氏に関する記事がありました。

こちらはFNNの記事ですが、光免疫療法のこれまでの概要をまとめたもので、新しい内容はありません。しかし、

「光ファイバーを使うことで、食道がん、肺がん、子宮がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、がんの8~9割はこの治療法でカバー出来ると考えています」(小林氏)

とあるとおり、膵臓がんにも適用できる可能性があります。急いで欲しいものです。

PubMedに小林氏の新しい論文が掲載されました。

「近赤外光免疫療法後の腫瘍における超浸透性および保持(SUPR)効果の向上」

Google翻訳を使えば概要は分かります。

近赤外光免疫療法(NIR-PIT)によって誘導された超高透過性および保持効果(SUPR)が最近報告されている。 光免疫療法をDDS(Drag Delivery System)を併用すれば、SUPR効果は、従来のEPR効果と比較して癌組織へのナノデリバリーを劇的に24倍まで高める。

DDSは世界中で研究が進んでいますが、腫瘍組織への薬剤の浸透性が問題になっています。最大でも2~3倍にしかならないが、光免疫療法と併用すれば24倍にまで高めることができると書かれています。

これって最高の低用量抗がん剤治療ですね。こちらも期待しています。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 北大とNIHが光免疫療法の仕組みを解明北大とNIHが光免疫療法の仕組みを解明 光免疫療法のニュースが続いています。 光を当ててがんの治療を試みる「がん光免疫療法」の詳しい仕組みを解明したと米国立衛生研究所(NIH)や北海道大などのチームが6日、発表した。 […]
  • がん撲滅サミットに光免疫療法の大津敦医師が登場!がん撲滅サミットに光免疫療法の大津敦医師が登場! PRTimesによると、『第4回がん撲滅サミット』の公開セカンドオピニオンに光免疫療法や、がんゲノム医療の第一人者 大津敦医師(国立がん研究センター東病院 病院長)の登壇が決まっ […]
  • 光免疫療法ー数年で実用化光免疫療法ー数年で実用化 日刊ゲンダイの、国立がん研究センター東病院・先端医療科 […]
  • 光免疫療法とは光免疫療法とは オバマ大統領が2012年の一般教書演説で言及した近赤外光線免疫療法(NIR-PIT)が話題になっています。 光(近赤外線)免疫療法とは アメリカ国立がん研究所(NCI […]
  • がん治療「光免疫療法」の開発・商品化を推進がん治療「光免疫療法」の開発・商品化を推進 楽天がいよいよ「光免疫療法」に本腰を入れるようです。 三木谷会長は、この光免疫療法に基づいた、様々な領域のがん治療に対する強固なパイプラインを開発・商品化するこ […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?期待のがん光免疫療法とは? 光免疫療法は「免疫療法」なのか 光免疫療法は主な使い方では「免疫」でがん細胞を攻撃するわけではありません。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です