本庶さん、根拠のない免疫細胞療法に苦言

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本庶佑さんのノーベル賞受賞を受けて、オプジーボに関する報道も過熱しています。中には、さっそく宣伝に利用している免疫細胞療法のクリニックも登場する始末です。

そうした中、本庶さんの見解が、朝日新聞デジタルに載りました。

本庶さん、根拠ない免疫療法に苦言「金もうけ非人道的」』

肺がんなどで保険診療になっているオプジーボと異なり、科学的根拠がない治療を「がん免疫療法」とうたい、自由診療で提供している医療機関も多い。講演後に会見した本庶さんは「(科学的に裏付けのないがん免疫療法を)お金もうけに使うのは非人道的だ。わらにもすがる思いの患者に証拠のない治療を提供するのは問題だ」と強調した。

また、「オプジーボは、肉を切らせて骨を断つ」治療法という八木啓代さんの見解も注目に値します。

T細胞のブレーキを外す、ということは、そういう事態が起こるリスクを伴うわけです。だから、小野先生曰く、これは「肉を切らせて骨を断つ」療法なのであり、けっして、「自分の免疫だから副作用がない」とか「抗がん剤に比べて体に負担が少ない」ような代物ではないわけです。

冷静な医療従事者でもある金魚さんの見解も会わせて紹介しておきます。

『オプジーボはイレッサの轍を踏まないで』

ノーベル賞報道に沸いた後
今度はオプジーボをやみくもに求める声と
加熱報道への懸念が巷にあふれ始めた
ここで冷静になって欲しいのは
免疫チェックポイント阻害薬につき
慎重にと述べる医師らや識者は
決して免疫療法をディスっている訳じゃない
適応のある人を正しく見極め
安全が確認された方法で投与する医療機関で
ということを念押ししているだけ
リスクもある薬剤だから

がん治療にはいつも過大な期待が集まります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マイクロ飛沫でウイルス拡散?マイクロ飛沫でウイルス拡散? これ、NHKスペシャルの動画ですが、マイクロ飛沫が感染に大きな原因だとすると、満員の通勤電車がクラスターを発生していないのは、大きな声でしゃべる人がいないからでしょうか。 […]
  • 今日の一冊(103)「病を癒す希望の力」今日の一冊(103)「病を癒す希望の力」 病気はすべてどんな結果をもたらすか分からない。医療は不確実性に満ちている。腫瘍は教科書通りに進行していくとは限らない。だからこそ、そうした中に本物の希望を見出すことが可能である。 […]
  • セカンドオピニオン・アドバイザーセカンドオピニオン・アドバイザー がんと診断された患者が、自らの病状や治療方針について他の医師の意見を求める「セカンドオピニオン」へのニーズが高まっています。しかしながら、主治医を疑っていると思われたくないなど主 […]
  • 本庶佑:がんは治る本庶佑:がんは治る 台風9号が関東を直撃。八王子付近はすごかったらしいが、大田区はそれほどでもない。こんな日はバロックを目一杯音量を上げて聴くに限る。 トレバーピノックのバロック名曲集 […]
  • ついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズムついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズム デューク大の研究者らが、慢性的ストレスがDNAを損傷するメカニズムを突き止めたそうです。こちら。マウス実験の結果、慢性的ストレスがp53値を長期的に低下させることが、DNA異常の […]
  • 最大の危険は、現実判断が自らの嘘から強く影響される政府最大の危険は、現実判断が自らの嘘から強く影響される政府 「直ちに」のツケをそろそろ払わされ と、川柳が新聞に載っていた。 政府や野田総理、御用学者の言説を聞いていると、嘘から自らの正気を保つのに努力がいる。 メルトダウンで嘘をつき、除 […]
  • ピアノコンチェルトはもう聞こえない 大塚博堂の「ピアノコンチェルトはもう聞こえない」にはこんな歌詞が付いている。 あの日は君の誕生日 学生街の名曲喫茶で 心おきなく話そうと 涙をこらえて約束したね 君はい […]
  • 蒲田でミニオフ会蒲田でミニオフ会 今日は朝から久しぶりのチェロ。先週の出張は久しぶりのきつい肉体労働だったので、足腰と腕も痛くて弓を持つ元気もなく、1週間ぶりのチェロレッスンとなった。 Exerciseでちょっと […]
LINEで送る
Pocket

本庶さん、根拠のない免疫細胞療法に苦言” に対して2件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    こんばんは、ご紹介ありがとうございます。
    とにかくお金と命を危険にさらす方が増えないように、祈っております。
    大腸癌のカテで長らく頑張っておられた先輩が、治験で苦しまれたのは本当に辛かったです。
    しかし、がんの治験は基本として他の治療が奏功しないという条件が多く(遺伝子検査が始まり、必ずしも必須要件ではなくなっていますが)、PSもギリギリの状態で参加されることが多くなりました。
    免疫チェックポイント阻害剤のような薬の場合、効けば一発逆転ですが、効かないどころか副作用で辛い思いをする可能性を見せつけられたと思います。診療費の減免もあり、治験はまだ良いですが、10割でチャレンジするのは厳しすぎますね・・・まして効くと信じてしまってというのは、酷な話です。早く鍵と鍵穴の解明が進むか、光免疫のようなもので、全てのがん種に効く治療が出て来て欲しいです。

    1. キノシタ より:

      金魚さん。お久しぶりです。
      がん治療にはどうしても過大な期待がかかりがちです。
      それを売れてナンボのマスコミや自由診療クリニックがうまく利用しようとするので、患者も科学的なリテラシーを保つのが難しいですね。

      リーバーペリーラ(Lieber Perilla)そろそろなくなってきました。焼酎割で飲むと飲み過ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です