「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


本庶さん、根拠のない免疫細胞療法に苦言

本庶佑さんのノーベル賞受賞を受けて、オプジーボに関する報道も過熱しています。中には、さっそく宣伝に利用している免疫細胞療法のクリニックも登場する始末です。

そうした中、本庶さんの見解が、朝日新聞デジタルに載りました。

本庶さん、根拠ない免疫療法に苦言「金もうけ非人道的」』

肺がんなどで保険診療になっているオプジーボと異なり、科学的根拠がない治療を「がん免疫療法」とうたい、自由診療で提供している医療機関も多い。講演後に会見した本庶さんは「(科学的に裏付けのないがん免疫療法を)お金もうけに使うのは非人道的だ。わらにもすがる思いの患者に証拠のない治療を提供するのは問題だ」と強調した。

また、「オプジーボは、肉を切らせて骨を断つ」治療法という八木啓代さんの見解も注目に値します。

T細胞のブレーキを外す、ということは、そういう事態が起こるリスクを伴うわけです。だから、小野先生曰く、これは「肉を切らせて骨を断つ」療法なのであり、けっして、「自分の免疫だから副作用がない」とか「抗がん剤に比べて体に負担が少ない」ような代物ではないわけです。

冷静な医療従事者でもある金魚さんの見解も会わせて紹介しておきます。

『オプジーボはイレッサの轍を踏まないで』

ノーベル賞報道に沸いた後
今度はオプジーボをやみくもに求める声と
加熱報道への懸念が巷にあふれ始めた
ここで冷静になって欲しいのは
免疫チェックポイント阻害薬につき
慎重にと述べる医師らや識者は
決して免疫療法をディスっている訳じゃない
適応のある人を正しく見極め
安全が確認された方法で投与する医療機関で
ということを念押ししているだけ
リスクもある薬剤だから

がん治療にはいつも過大な期待が集まります。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

本庶さん、根拠のない免疫細胞療法に苦言” に対して2件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    こんばんは、ご紹介ありがとうございます。
    とにかくお金と命を危険にさらす方が増えないように、祈っております。
    大腸癌のカテで長らく頑張っておられた先輩が、治験で苦しまれたのは本当に辛かったです。
    しかし、がんの治験は基本として他の治療が奏功しないという条件が多く(遺伝子検査が始まり、必ずしも必須要件ではなくなっていますが)、PSもギリギリの状態で参加されることが多くなりました。
    免疫チェックポイント阻害剤のような薬の場合、効けば一発逆転ですが、効かないどころか副作用で辛い思いをする可能性を見せつけられたと思います。診療費の減免もあり、治験はまだ良いですが、10割でチャレンジするのは厳しすぎますね・・・まして効くと信じてしまってというのは、酷な話です。早く鍵と鍵穴の解明が進むか、光免疫のようなもので、全てのがん種に効く治療が出て来て欲しいです。

    1. キノシタ より:

      金魚さん。お久しぶりです。
      がん治療にはどうしても過大な期待がかかりがちです。
      それを売れてナンボのマスコミや自由診療クリニックがうまく利用しようとするので、患者も科学的なリテラシーを保つのが難しいですね。

      リーバーペリーラ(Lieber Perilla)そろそろなくなってきました。焼酎割で飲むと飲み過ぎます。

コメントを残す