スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

ためしてガッテン 『免疫力』

昨夜の「ためしてガッテン」は1000回記念とのことでテーマは「免疫力」でした。

ちょっと首をかしげたくなる内容も多いこの番組ですが、今回のは及第点じゃないかなぁ。

がん患者にとっては、治療法の選択以外に自分にできることは、免疫力をアップさせることくらいです。

このブログの主要なテーマも、自己免疫力を高めていかにがんと戦うかです。

オプジーボのすごい所は、人間に本来備わっている免疫力がフルに力を出せば、これまでは治療効果がなかったがん細胞ですら、一晩で消滅させることもできる。それを証明したことでしょう。

がん細胞もやっつけてくれるリンパ球。この免疫力をアップさせるには、

  1. 充分な睡眠
  2. 日中に交感神経の活性化を押さえてリラックスする(副交感神経モード)

ことであると、京都大学 ウイルス・再生科学研究所教授 河本宏氏の説明でした。

河本宏:京都大学 ウイルス・再生科学研究所教授

リンパ球はリンパ節内で敵の学習をしています。交感神経がONでは出口が狭まってリンパ節内にとどまっているが、OFFになると出口が広がって血管内にパトロールに出かけて、がん細胞を見つけると攻撃をする。

リンパ球などの免疫細胞は夜作られるので、充分な睡眠を取ることと、リンパ球の原料となる蛋白質を摂ることが大事です。

このあたりのことは過去記事にも書いてあります。

交感神経をリラックスさせて、リンパ球(白血球)を増やすために効果的なのは、

位が昼寝。これは私も時々やりますね。しかも音楽を聞きながらの昼寝ですから、1位と5位の2つの効果があるかもしれない。2位のウォーキングもやってるが、足湯はやったことがない。

4位の瞑想、サイモントン療法やカバットジンの瞑想法をやっています。

6位の緑茶。これは深蒸し茶をお茶ミルで挽いて飲む。毎日5杯以上は飲み続けています。

こうしてみると、1~6位までで、5つ実行しています。おかげでかどうか分かりませんが、膵臓がんになってから風邪をひいたのは1~2回位でしょうか。それもちょっと微熱が出る程度で一晩寝れば治ってしまいます。

バナナを食べれば白血球が増えるとの都市伝説もありますが、バランスよく食べてよく寝て、ストレスを溜めないこと。これが正解ではないでしょうか。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す