スポンサーリンク

光免疫療法ー頭頸部がんの次は膵臓がんか

放射線医学総合研究所(放医研)と国立がん研究センター東病院が共同で、光免疫療法(NIR-PIT)の膵臓がんに適用できる抗体を研究しているようです。

光免疫療法は、がん細胞の細胞膜表面にくっつく「抗体」に化学物質を付けた薬剤を投与し、患部へ近赤外光を当てることによって、がん細胞だけを破壊する治療法ですが、現在治験が行われている頭頸部がんでは、EGFRをターゲットとした抗体が用いられています。

EGFRは頭頸部がん、肺がん、乳がん等に存在することがわかっています。

その他のがんでは、それぞれのがんの抗原に特異的に結合する抗体を選ぶ必要があり、小林久隆氏によれば、既存の抗体を使って8~9割のがんには光免疫療法が適用できるだろうと述べていました。

昨年12月28日付で『World Journal of Gastroenterology』誌に発表されたこの論文によると、膵臓がんに対する抗体として、インドシアニングリーン(ICG)で標識化したモノクローナル抗体である抗TF抗体-1849を使って、マウスの膵臓がんモデルで実験をし、蛍光顕微鏡を使って観測しましたとのこと。

その結果、

  • NIR-PIT誘導性の細胞死を観察した。
  • NIR-PITを照射された群は、他の群とは対照的に腫瘍の増殖を有意に押さえることができた。

結論:
1849-IGCコンジュゲートを有するTF標的化NIR-PITは、潜在的にTF発現膵臓癌の治療のための新たな基盤を開くことができる。

まだマウス実験のレベルですが、頭頸部がんの次は膵臓がんが視野に入ってきました。

楽天の三木谷会長の父親も楽天球団の星野元監督も膵臓がんで亡くなっていますから、膵臓がんへの適用は早い段階で考えるのではないかと思っていました。

膵臓がんに対する一日も早い臨床試験の開始を期待しています。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • おみみレモネードさんのリブログおみみレモネードさんのリブログ リブログのリブログです。 幸いなことに、私は自分がすい臓がんの診断を受けてから早いうちに大津Dr.のブログと出会い、かかりつけの病院でも緩和ケアをお願いしました。 特 […]
  • なんで今さら樹状細胞免疫療法なの?なんで今さら樹状細胞免疫療法なの? 昨日は、会議で「オリンピック記念斉唱戦争号センター」へ。原宿で電車を降りて代々木公園を突っ切って行きました。公園内の銀杏はほとんど落葉してしまっていましたが、きれいに紅葉 […]
  • 「逆システム学」から癌を考えてみると・・・ 児玉龍彦氏が、7月27日の衆議院厚生労働委員会において参考人として意見陳述した内容はすでに紹介したし、ネットでもマスコミでも話題になっている。国会で発言したチェルノブイリ膀胱炎や […]
  • 遺伝子改変T細胞で白血病が全快遺伝子改変T細胞で白血病が全快 期待できるニュースです。【8月11日 […]
  • 新型コロナウイルスよりインフルエンザが怖い新型コロナウイルスよりインフルエンザが怖い 新型コロナウイルスのためにたくさんのイベントが中止になっていますね。天皇誕生日の一般参賀と東京マラソンが中止になったのを契機に急激に増えています。 各種の学会もほとんどが中 […]
  • 済陽式食事療法について 食事療法でがんが治るのか。これについては賛否両論ある。骨折ならすぐに外科治療あるいは整形外科を受診すべきだろう。しかし高血圧なら、一時的に血圧降下剤が効くにしても、根本的には生活 […]
  • 情熱大陸「肝胆膵外科医:上坂克彦」治らないがんを治るがんへ 明日1月10日(日)23時からの『情熱大陸』(毎日放送・TBS系)は、静岡がんセンターの肝胆膵外科医、上坂克彦先生です。 膵がんの術後補助化学療法としては、ゲムシタビンが長く使わ […]
  • シベリウスのヴァイオリン協奏曲シベリウスのヴァイオリン協奏曲 シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、ベートーベンのそれと同じ程度に私の好きなヴァイオリン協奏曲だ。どちらかと言えばシベリウスのほうが、北欧の雰囲気を感じさせて、好みだと言える。シベ […]

コメントを残す