8/31『膵臓がん患者と家族の集い』開催しました。

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

大津秀一先生の講演

説明も分かりやすかった大津先生の講演

第19回『膵臓がん患者と家族の集い』が、8月31日に開催され、約110名の膵臓がん患者と家族、ご遺族が参加されました。

緩和ケア医 大津秀一先生が「膵臓がんの緩和ケア~これでかはおさえておくこと~」の演題で講演をされ、参加者は熱心にメモをとるなどして聴いていました。

特別ゲストとして、腫瘍内科医 押川勝太郎先生、「丸山ワクチンとがんを考える会」の丸山達雄氏も参加していただき、参加者の質問や相談に丁寧にお答えいただきました。

今回初めて参加された方が約3分の1でした。

先月膵臓がんを告知されたばかりの方は、「まだショックから抜け出せず、ほとんど知識がありません。皆さんから話を伺いたい」と言います。

確かに、腫瘍マーカーの種類、その基準値などもよくは分かっておらず、熱心に情報を集めていました。

怪しげな治療法に引っかからないためにも、がんと言われたら「がん情報サービス」で知識を得ること、できるなら『膵臓がん患者と家族の集い』のような、同じ癌の患者の集まりに参加して、実際に闘病している患者の声を聞くことが重要です。

ご主人が4月に膵臓がんと言われた20歳代の女性は、上のお子さんたちを預けて、生後2ヵ月の赤ん坊を連れて参加されました。多くの方が励まして話しをされていました。

大阪から初めて参加されたいっこさんは、明和病院園田医師の抗真菌剤を併用した抗がん剤治療によって、CA19-9が劇的に下がり、原発巣も大きくなっていないと、嬉しそうに話してくれました。この抗真菌剤療法は臨床試験として行っているのですが、何人かの参加者がいっこさんを捕まえて真剣に質問をされていました。

私のブログも見ていただいたようで、話が弾みました。

用意した椅子をほぼ埋めた参加者

 

次回は、10月13日(日)佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」と、患者どうしの情報交換~フリートーキング~を開催します。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 横浜の街歩き、馬車道から山手へ横浜の街歩き、馬車道から山手へ 写真仲間の写真展に招待されて、横浜・馬車道の大津ギャラリーに。 その後は、横浜コミュニティサイクル・baybike […]
  • お彼岸の墓参りお彼岸の墓参り 秋の彼岸だから、昨日は墓参りでした。愛犬も連れて行ったのですが、車のシートに大ションベンをされました。 老犬だから叱ってもしかたがありません。元気でいてくれるだけでありがた […]
  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 抗がん剤の耐性を解除すれば膵臓がんだって完治する抗がん剤の耐性を解除すれば膵臓がんだって完治する ステージ4のトリプルネガティブ乳がんと告げられ、5度の脳転移経験もある田村博子さんは、園田医師の治療法を受けて”完全寛解”し、現在も元気に活躍しています。これほどの絶望的な状況か […]
  • 2019-02「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2)2019-02「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2) 2月11日の「膵臓がん患者と家族の集い」で、自家がんワクチン療法を受けたまさじさんが講演を快く承諾してくださいました。 タイトルは「介護士の父ちゃん、自家がんワクチ […]
  • 「神様のカルテ」のような医療スタッフ「神様のカルテ」のような医療スタッフ 次回の「膵臓がん患者と家族の集い」には、SAKUさんと待夢さんをお招きして体験講演をお願いしています。 しかし、SAKUさんが緊急入院しました。 心配でした。 […]
  • 膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・膵臓がんの腹腔鏡手術を勧められたら・・・ 腹腔鏡手術を勧められたら 腹腔鏡手術で何人もの患者が術後に死亡した群馬大学病院と千葉県がんセンターの事件は、まだ記憶に新しいところです。 膵臓がんの手術の多くは開腹で […]
  • 膵臓がん告知11周年膵臓がん告知11周年 今日から私はがん患者になった。膵臓がん。手術した場合の生存率は、あくまでも統計的に言えばだが、5年生存率20%、2年生存率50%。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です