スポンサーリンク

アブラキサンとジェムザール併用療法はDFSを延長せず

LINEで送る
Pocket

ASCO 2019の詳細報道が次々に出てきますね。

膵腺癌の術後補助化学療法で、アブラキサンとジェムザール併用療法(nab-P/G療法群)は、ジェムザール単独に比べて、無病生存期間(DFS)を延長できなかった。

国際的オープンラベル無作為化フェーズ3試験APACTです。

無病生存期間(DFS)は、疾患がない状態での生存を評価する指標ですね。

研究グループの評価によるDFS中央値は、nab-P/G療法群は16.6カ月、ゲムシタビンのみ投与群が13.7カ月で、有意にnab-P/G療法群が長かった。

しかし、独立審査による判定では、DFS中央値は、nab-P/G療法群は19.4カ月、ゲムシタビンのみ投与群が18.8カ月であったが、有意差はなかった。

研究グループの評価は、自分たちの研究ですから、やはり甘くなるのでしょうか。

サブグループ解析で有意にnab-P/G療法群が良かったのは、中分化型患者、リンパ節転移陽性患者、ベースラインのCA19-9の数値が正常範囲内のグループだった。

また、研究グループの評価による中間解析での全生存期間(OS)はnab-P/G療法群で延長していた。

ちょっと解釈に戸惑いますが、術後補助化学療法でアブラキサンを加えた方が良いのかどうか、悩みどころですね。

日本での術後補助化学療法の標準はTS-1なのですが、日本でも同じような試験をやっているのでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 岡山大、肝転移の膵臓がんで治験岡山大、肝転移の膵臓がんで治験 山陽新聞の記事ですが、『岡山大「REIC」で肝がん治験 医師主導で5月にも開始』によれば、肝転移した膵臓がんも対象になっているようです。 この記事を書いた記者、肝転移した膵 […]
  • 血液中のがん細胞をレーザーで破壊する血液中のがん細胞をレーザーで破壊する この治療法は被験者として集められたがん患者28人のうち、27人のがん細胞を正確に検出することに成功しており、加えてがん細胞が静脈を流れる際には、高い確率でリアルタイムにがん細胞を […]
  • いまさらですが、癌って何?いまさらですが、癌って何? 「Keep On! […]
  • 目黒川の桜目黒川の桜 昨日は午後から目黒川の桜見物に行ってきた。すでに葉桜になりつつあるが、平日だというのにたくさんの人でした。桜の撮影は難しい。誰が撮っても同じような写真になる。 しかし、あの […]
  • アンケートのお願いアンケートのお願い 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。全国の感染者数は、東京都も大阪も愛知に福岡、1日の陽性患者数としては過去最高を更新し続けています。 東京都は一気に366 […]
  • 京都紅葉の旅・まとめ(1)京都紅葉の旅・まとめ(1) 京都の紅葉の旅。20ヶ所の神社仏閣を回りました。 レンタサイクルだから、効率よく回れたが、地下鉄やバスではこうはできなかった。 予定していたが、永観堂禅林寺、赤山禅院、光 […]
  • チェロの音程を確認 フリーウェア Tartiniチェロの音程を確認 フリーウェア Tartini MELODYNE […]
  • ダークチョコ、水出し緑茶の効果ダークチョコ、水出し緑茶の効果 ダーク・チョコ、ブラック・チョコの効果については何度か書いています。 最近もまた、次のような記事がありました。 チョコレートに含まれるポリフェノールにそうし […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です