アブラキサンとジェムザール併用療法はDFSを延長せず

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

ASCO 2019の詳細報道が次々に出てきますね。

膵腺癌の術後補助化学療法で、アブラキサンとジェムザール併用療法(nab-P/G療法群)は、ジェムザール単独に比べて、無病生存期間(DFS)を延長できなかった。

国際的オープンラベル無作為化フェーズ3試験APACTです。

無病生存期間(DFS)は、疾患がない状態での生存を評価する指標ですね。

研究グループの評価によるDFS中央値は、nab-P/G療法群は16.6カ月、ゲムシタビンのみ投与群が13.7カ月で、有意にnab-P/G療法群が長かった。

しかし、独立審査による判定では、DFS中央値は、nab-P/G療法群は19.4カ月、ゲムシタビンのみ投与群が18.8カ月であったが、有意差はなかった。

研究グループの評価は、自分たちの研究ですから、やはり甘くなるのでしょうか。

サブグループ解析で有意にnab-P/G療法群が良かったのは、中分化型患者、リンパ節転移陽性患者、ベースラインのCA19-9の数値が正常範囲内のグループだった。

また、研究グループの評価による中間解析での全生存期間(OS)はnab-P/G療法群で延長していた。

ちょっと解釈に戸惑いますが、術後補助化学療法でアブラキサンを加えた方が良いのかどうか、悩みどころですね。

日本での術後補助化学療法の標準はTS-1なのですが、日本でも同じような試験をやっているのでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です