スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

アブラキサンとジェムザール併用療法はDFSを延長せず

ASCO 2019の詳細報道が次々に出てきますね。

膵腺癌の術後補助化学療法で、アブラキサンとジェムザール併用療法(nab-P/G療法群)は、ジェムザール単独に比べて、無病生存期間(DFS)を延長できなかった。

国際的オープンラベル無作為化フェーズ3試験APACTです。

無病生存期間(DFS)は、疾患がない状態での生存を評価する指標ですね。

研究グループの評価によるDFS中央値は、nab-P/G療法群は16.6カ月、ゲムシタビンのみ投与群が13.7カ月で、有意にnab-P/G療法群が長かった。

しかし、独立審査による判定では、DFS中央値は、nab-P/G療法群は19.4カ月、ゲムシタビンのみ投与群が18.8カ月であったが、有意差はなかった。

研究グループの評価は、自分たちの研究ですから、やはり甘くなるのでしょうか。

サブグループ解析で有意にnab-P/G療法群が良かったのは、中分化型患者、リンパ節転移陽性患者、ベースラインのCA19-9の数値が正常範囲内のグループだった。

また、研究グループの評価による中間解析での全生存期間(OS)はnab-P/G療法群で延長していた。

ちょっと解釈に戸惑いますが、術後補助化学療法でアブラキサンを加えた方が良いのかどうか、悩みどころですね。

日本での術後補助化学療法の標準はTS-1なのですが、日本でも同じような試験をやっているのでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 術後3年半の定期検査術後3年半の定期検査 今日は術後3年半の定期検査でした。 CTも血液検査での腫瘍マーカーも異常なし。肝臓へも局所でも再発、転移はありません。 ほっとしました。まだ再発の可能性はあろうかと、その […]
  • 「週刊現代』の医療バッシング記事「週刊現代』の医療バッシング記事 「週刊現代』の医療バッシング記事が大反響のようです。さらに、週刊現代と週刊文春がバトルをしていますね。 そのあおりを受けて、医療の現場では対応に四苦八苦している様子です。 […]
  • 100年に一度の無能内閣100年に一度の無能内閣 オバマがアメリカの新しい大統領に選出された。彼を誕生させたのは、経済の悪化であり、その担い手となったのは、貧困層・若者である。フリードマンが提唱し、レーガン以後の経済政策の中心と […]
  • 「週間 がん もっといい日」がこの問題の特集を「週間 がん もっといい日」がこの問題の特集を 「週間 がん […]
  • 『新しいチェロ奏法』 インフルエンザもやっと治った気がする。下痢で4日間で体重が3キログラム減になった。62キロから59キロ。これがダイエットなら大成功なんでしょうが。 チェロ弦を替えました。ゴフリラ […]
  • 抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない 抗がん剤は効くのか効かないのか、効くとすればどの程度なのか。再発予防効果はどれくらいあるの? 統計の罠とは?そうした疑問に答えます。 クロスオーバー試験とは 近 […]
  • 今日の一冊(41)『がんとともに、自分らしく生きる』 ブログを書いている膵臓がんの方にも、強烈な副作用に耐えて抗がん剤を続けている方もいる。自分の価値観に従って、抗がん剤はしないという選択をした方もいる。抗がん剤は続けるけど、副 […]
  • がん研有明のプレシジョン医療がすごい!がん研有明のプレシジョン医療がすごい! 費用は研究費でまかなうので患者の負担は数万円になりそうです。こちらに北海道がんセンターのがん遺伝子パネル検査の費用が載っていますが、65万円です。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です