スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

「水素水」のイチオシ記事

 

DP3M3928

上野動物園前


「水素水」に関する記事が続きます。

「水素水」。分かりづらいですよね。なにがって言うと、怪しげな機器が高額で販売されていて、消費生活センターもそれに警鐘を鳴らしている。一方で、伊藤園が水素水を販売して結構売れているようだ。太田成男教授の研究は海外の有名な雑誌に掲載されており、まともに研究しているように見える・・・。

これらの疑問に、簡潔に分かりやすく応えているのがこちらの記事。

水素水、「ニセ科学」と切り捨ててはいけないが、エビデンスありとは言い難い

科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体「FOOD.COM」編集長の松永 和紀さんの解説です。このブログでも過去に詳しく取り上げていますが、
⇒『水素水ってなに?(2)』『水素水ってなに?(1)
こちらの記事の方が良くできていてわかりやすい (^_-)

  • H+ (水素原子):活性水素水、電解還元水 (白畑教授ら)⇒エセ科学
  • H2 (水素分子):水素水 (太田成男教授) ⇒ エビデンスに乏しい

の違いですね。私のブログでもそう書いて、水素水には「期待をもって見守っていく」という立場を表明しています。松永さんの記事も基本的に同じと思います。

太田成男教授、まじめにエビデンスを追求して欲しいのですが、最近ちょっと雲行きが怪しい。エビデンスの十分ではない「水素水」ビジネスに肩入れしているのではないかと思えるのです。

安保流×太田流老いない人の健康術ー「免疫」と「水素」の力で、 死ぬまで元気!
また、あの安保徹先生と共著まで出している。

その常識はもう古い!?
免疫と水素が変える医学の新常識
ストレス、寿命、がん、認知症、高血圧、脳梗塞、メタボ、糖尿病、放射線障害…
「免疫学」と「ミトコンドリア学・水素医学」の世界的権威が、病気知らず・若返りの方法を徹底的に語る。

これでは水素水が「がん」にも効果が証明されたかのようではないか。

安保徹はリトマス試験紙です。彼とコラボしている人物は信用できない、というのが私の考え。

トンデモ安保徹博士「がんの謎が解けた!鍵はミトコンドリアにあった!」

こんなトンデモ博士とコラボしちゃって、太田先生、どうしちゃったんだろう?


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 初心者マーク 好評でした初心者マーク 好評でした 前回の『膵臓がん患者と家族の集い』で、参加者の胸に着けていただくナンバープレート(名札)に工夫をしました。 初めての参加者には「初心者マーク」を付けました。 また、番 […]
  • 白血球減少で抗がん剤を中止白血球減少で抗がん剤を中止 入院中に同じ病室だったKさん夫妻とまたまた待合室で会った。本当に仲の良いご夫婦でいつも二人一緒で行動している。 今日は二回目の抗がん剤ジェムザール(GEM)投与の日。ところ […]
  • アブラキサン、12月中旬までは供給可能。しかしアメリカでも出荷調整にアブラキサン、12月中旬までは供給可能。しかしアメリカでも出荷調整に アブラキサンの供給不足の問題、その後ニュースがほとんど流れてきませんが、パンキャンジャパンによると、アメリカでも供給が不安定になると FDA […]
  • 毎晩欠かさず飲んでます。毎晩欠かさず飲んでます。 初夏ですから、最近は焼酎のロックです。 一日も欠かさずに飲んでいます。先月娘がハワイに行った土産で森伊蔵をくれました。JALの機内で、通常は独り一本限定なのですが、乗客が少ないの […]
  • ロハス・メディカル 「がんワクチン、なぜ効くのか」ロハス・メディカル 「がんワクチン、なぜ効くのか」 ロハス・メディカル12月号に「がんワクチン、なぜ効くのか」と題した、がん研有明病院消化器内科ペプチドワクチン療法担当副部長の石井浩 […]
  • 道元の「生死」観とマインドフルネス マインドフルネスの原理 マインドフルネスは、禅を中心に、広大な仏教体系の中でその基本的原理を忘れることなく医療に応用されたものと言えます。 マインドフルネスの考案者 […]
  • マンガ化プロジェクト、100万円を達成!マンガ化プロジェクト、100万円を達成! お母さまの膵臓がん闘病記を4コマ漫画で書かれているのりぽきーとさんのプロジェクト、闘病記を出版するためのクラウドファンディングが目標の100万円を達成しました。 い […]
  • 今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』 死はやってくる 「死は受入れられない」。 釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるは […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す