「水素水」のイチオシ記事

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

DP3M3928

上野動物園前


「水素水」に関する記事が続きます。

「水素水」。分かりづらいですよね。なにがって言うと、怪しげな機器が高額で販売されていて、消費生活センターもそれに警鐘を鳴らしている。一方で、伊藤園が水素水を販売して結構売れているようだ。太田成男教授の研究は海外の有名な雑誌に掲載されており、まともに研究しているように見える・・・。

これらの疑問に、簡潔に分かりやすく応えているのがこちらの記事。

水素水、「ニセ科学」と切り捨ててはいけないが、エビデンスありとは言い難い

科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体「FOOD.COM」編集長の松永 和紀さんの解説です。このブログでも過去に詳しく取り上げていますが、
⇒『水素水ってなに?(2)』『水素水ってなに?(1)
こちらの記事の方が良くできていてわかりやすい (^_-)

  • H+ (水素原子):活性水素水、電解還元水 (白畑教授ら)⇒エセ科学
  • H2 (水素分子):水素水 (太田成男教授) ⇒ エビデンスに乏しい

の違いですね。私のブログでもそう書いて、水素水には「期待をもって見守っていく」という立場を表明しています。松永さんの記事も基本的に同じと思います。

太田成男教授、まじめにエビデンスを追求して欲しいのですが、最近ちょっと雲行きが怪しい。エビデンスの十分ではない「水素水」ビジネスに肩入れしているのではないかと思えるのです。

安保流×太田流老いない人の健康術ー「免疫」と「水素」の力で、 死ぬまで元気!
また、あの安保徹先生と共著まで出している。

その常識はもう古い!?
免疫と水素が変える医学の新常識
ストレス、寿命、がん、認知症、高血圧、脳梗塞、メタボ、糖尿病、放射線障害…
「免疫学」と「ミトコンドリア学・水素医学」の世界的権威が、病気知らず・若返りの方法を徹底的に語る。

これでは水素水が「がん」にも効果が証明されたかのようではないか。

安保徹はリトマス試験紙です。彼とコラボしている人物は信用できない、というのが私の考え。

トンデモ安保徹博士「がんの謎が解けた!鍵はミトコンドリアにあった!」

こんなトンデモ博士とコラボしちゃって、太田先生、どうしちゃったんだろう?


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんの臨界点で奇跡が起きるがんの臨界点で奇跡が起きる 先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中に、複雑系の研究をされているという方がいました。このブログで過去に何度か複雑系とがんの関係について書いていますが、それを見てくださ […]
  • サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2 サンデー毎日の特集、今回は「丸山ワクチンの秘密」。 週刊誌の影響は大きいですね。日本医科大学の電話は繋がりづらい状態が続いているようです。 膵臓がん患者の交流サイト「 […]
  • 日本癌学会、OTSが朝日新聞に抗議声明日本癌学会、OTSが朝日新聞に抗議声明 朝日新聞は傷口が大きくならないうちに、謝罪をした方がよいのになぁ。OTSは「医学的誤り・事実誤認はおろか、ねつ造と判断せざるを得ない重大な問題が多数含まれ」と指摘していますが、「 […]
  • ストロンチウム90は膵臓がんを発症させる 『人間と環境への低レベル放射能の脅威』には、米ソの過去の大気圏核実験の降下物、いわゆる死の灰と日本の子どものがん死亡率との相関関係を指摘しています。もちろん因果関係があるとは断言 […]
  • “おなら”と がん“おなら”と がん 膵体尾部の切除をした後、便とおならがものすごく臭った。私がトイレに入った後は、家族の誰もがいやがった。潰瘍性大腸炎でもおならが臭くなるそうだ。つまり、術後の炎症、潰瘍性大腸炎とも […]
  • ビタミンDは免疫系を活性化するビタミンDは免疫系を活性化する またまたビタミンDに関する研究成果です。このところ多いですね。大腸がんに関する研究ですが、もちろん膵臓がんへの効果も期待できます。 ビタミンDは免疫系を活性化するこ […]
  • メラトニンの副作用? 2ヶ月前からメラトニンを20mg(10×2)にして服用している。最近昼間に眠くて仕方がない日が多いのは、もしかしてメラトニンのせいかと思って、ここ数日服用を止めてみた。メラトニン […]
  • 膵臓がんとK-RAS遺伝子膵臓がんとK-RAS遺伝子 重要なのはすい臓がんにおけるタルセバはk-RAS遺伝子変異陽性では奏功しないと考えられます。そして膵臓がんにおけるK-RAS遺伝子変異は病状が進むにつれて割合を増しsecond- […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です