スポンサーリンク

国民生活センター調査 水素水「やっぱりただの水」

がんに効果がない「水素水」

あたかもがんに効果があるかのように、過熱している水素水ですが、国民生活センター調査結果が発表され、ニュースにもなっています。

容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」-「水素水」には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です-

今回対象となった容器入り水素水はレポートによると以下のようになっています。

20161216_20_02_37

水素水生成器

20161216_20_11_03

報告書本文の解説は、Gigazineのこちらの記事が分かりやすいです。

振るっているのは、メーカーが水素水により期待できる効果としての回答です。

飲用により期待できる効果を尋ねたところ、15社(3社は無回答)では、「水分補給」が最も多い回答でした。その他、「ダイエット」、「疲労回復」、「美容」、「アンチエイジング」と回答した事業者もいましたが、医薬品医療機器等法で効果の表示はできないため、表示は控えているとの事業者もいました(表10参照)。

20161216_20_09_33

水分補給が目的なら、水道の水を飲んでいれば良いですね。

おならにも水素が含まれている

水素水の効果については、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」 (注4) に、「俗に、『活性酸素を除去する』『がんを予防する』『ダイエット効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない。現時点における水素水のヒトにおける有効性や安全性の検討は、ほとんどが疾病を有する患者を対象に実施された予備的研究であり、それらの研究結果は、健康な人が市販の多様な水素水の製品を摂取した時の有効性を示す根拠になるとはいえない。

水素分子(水素ガス)は腸内細菌によって体内でも産生されており、その産生量は食物繊維などの摂取によって高まるとの報告がある。従って、市販の多様な水素水の製品を摂取した水素分子の効果については、体内で産生されている量も考慮すべきとの考え方がある。」との記載があります。

これ、私の記事でも書いている「おなら」のことです。

おならの主な成分は、飲み込まれた空気中の窒素が60~70%、水素が10~20%、二酸化炭素が約10%、そのほか酸素、メタン、アンモニア、硫化水素・・・などです。おならとして外部に出る以外は体内に吸収されて血液循環に乗っていきます。これは、水素水から摂取する水素量と比べてはるかに多量です。

水素水の研究自体はまじめなものだと受け取っているのですが、それを利用して悪徳業者が消費者・がん患者を騙している構図です。

過去記事もご参考に。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 水素水に騙された?麻央さん水素水に騙された?麻央さん           […]
  • 「水素水」のイチオシ記事「水素水」のイチオシ記事 上野動物園前 「水素水」に関する記事が続きます。 「水素水」。分かりづらいですよね。なにがって言うと、怪しげな機器が高額で販売されていて、消費生活センターもそれに警鐘を鳴ら […]
  • 「水素水」で注意喚起。国民生活センター「水素水」で注意喚起。国民生活センター 「水素水」がブームですね。このブログでも取り上げましたが、がんには効果が確認されていません。たぶん効かない。 国民生活センターが2銘柄の水素水発生器を検証して、消費者に注意を喚起 […]
  • 水素水ってなに?(1)水素水ってなに?(1) ガラスの森美術館にて 水素水があいかわらずブームですね。アフィリエイト目的のサイトもたくさんあります。 水素サプリメント、還元水素水、電解水素水、水素風呂、マイナス水素イオン […]
  • 鎌倉のアジサイ鎌倉のアジサイ 今日6月11日は、私の「がん記念日」。2007年の今日が、膵がんの疑いが生じた日であり、このブログを開設した日でもあります。あれから8年かぁ、あっという間だった気もするし、長かっ […]
  • トンデモ本 安保免疫学 (1)トンデモ本 安保免疫学 (1) 今後の癌との戦い方を考えています。 すい臓癌の5年生存率は5%ほど、手術が可能な場合はいくらかは生存率も良くはなるが、他の癌に比較するとやはり予後はあまり良くない。 であるならば […]
  • 小椋佳と道元小椋佳と道元 昨日の東京新聞に興味を惹く二つの記事があった。ひとつは、小椋佳が、今年から来年にかけて「人生最後のアルバム」を出し、「生前葬コンサート」を予定しているというもの。 『辞世の心構え […]
  • 光線力学療法(PDT)が膵臓がんに適用できるようになるか?光線力学療法(PDT)が膵臓がんに適用できるようになるか? 2000年に入ってから、出力の非常に弱い光源(従来の1/1000)を用いた「メトロノミックPDT […]

コメントを残す

前の記事

『松田さんの181日』