スポンサーリンク

若年期と中年期の肥満は膵臓がんのリスクを上げる

LINEで送る
Pocket

肥満は膵臓がん発症のリスクであることはよく知られています。

国立がんセンターの「日本人のためのがん予防法」でも、肥満は、喫煙・運動不足と並んで膵臓がんのリスクを高める因子であると書かれていますが、それだけではなく、術後の再発率に関しても主要な危険因子であることが明らかになっています。

このほど、青年期から成人期までの肥満度指数(BMI)の推移と膵臓がんのリスクの関係が、カナダのオンタリオ州における集団ベースの症例対照研究から明らかになりました。

5つのBMIの軌跡が特定されました。

安定 – 正常体重(38.9%)、漸進的過体重(42.2%)、持続性過体重(12.6%)、進行性肥満(4.2%)、および持続性肥満(2.1%)。

安定 – 正常体重と比較した持続性過体重(OR = 1.55、95%CI 1.02、2.39)および進行性肥満軌跡(OR = 1.49、95%CI 0.77、2.87)は、膵臓癌のオッズの増加と関連していた。 BMIが別々に評価されたとき、膵臓癌との最も強い関連は若年と中年の成人で現れました。

これらの群において、すべてが膵臓がんのオッズを高めました。(OR:1.12~1.72)

10代、若年期(20代)、中年期(30〜40歳)、および成人期後期(50〜60歳)のBMIのうちでは、若年成人期および中年期の肥満と過体重が膵臓がんのリスクを高めることが明らかになっています。

20歳から40歳の期間にBMIが大きく肥満であるほど、膵臓がんになる確率が高くなるということです。成人期後期の肥満は、膵臓がんのリスクとは相関していませんでした。

若いうちから適正な体重を保つことが大切ですし、膵臓がんになったあとも、再発転移を抑えてるためにも、過体重は良くないようです。もっとも、膵臓がんになればなかなか太れないのも現実です。

バランスの良い食事と運動をして、痩せすぎない、太りすぎない、適正な体重を保つことは、がん全体に言えることです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 清里高原に行ってきました。清里高原に行ってきました。 土日は清里高原に一泊旅行でした。 まずは昇仙峡へ。まだ紅葉には早いことは承知ですが、一度も行ったことがないので。県営駐車場に車を止めて、バスで影絵の美術館へ。ここからなら下 […]
  • 彼岸花と道元の死生観彼岸花と道元の死生観 治らない癌になると、これからどうなるのだろう、いつまで元気でいられるのか、治りたい、治るためには何ができるだろうか、と不安になります。 中にはいかさまの代替医療にはまり込ん […]
  • 膵臓がんのオリゴメタ(少数転移)膵臓がんのオリゴメタ(少数転移) オリゴメタとは がんが他の臓器に転移をしている場合、仮に転移した腫瘍を手術で切除したとしても、すでにがん細胞が全身に回っているため、次から次へともぐらたたきのように新しい転移巣 […]
  • がん:手術ができなければ「死」なのかがん:手術ができなければ「死」なのか 膵臓がんでは手術ができない場合が多いのですが、そうしたとき、どのように考え、治療に臨めばよいのでしょうか。 佐藤典宏先生のユーチューブ動画が、希望を与えてくれます。 h […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
  • 緑茶で死亡率減少:がん研究センター緑茶で死亡率減少:がん研究センター 国立がん研究センターの多目的コホート研究で、緑茶・コーヒーと死亡率の関係が明らかにされました。 解析の結果、緑茶を1日1杯未満飲む群を基準として比較した場合、1日5杯以上の群の […]
  • Kindle本-出版しましたKindle本-出版しました やっと完成しました。 『がん患者のためのインターネット活用術』 最初にお断りを。 この本には治るための必殺技とか、「魔法の弾丸」のような代替療法、これでがんが必 […]
  • ウイルス療法の第3相試験に中止勧告ウイルス療法の第3相試験に中止勧告 腫瘍が縮小=延命効果がある、とはならないのががん治療の世界です。 (T-VEC)も、無増悪生存期間(PFS)については統計学的有意差はなく(従って、全生存期間(OS)の延長 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です