スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

若年期と中年期の肥満は膵臓がんのリスクを上げる

肥満は膵臓がん発症のリスクであることはよく知られています。

国立がんセンターの「日本人のためのがん予防法」でも、肥満は、喫煙・運動不足と並んで膵臓がんのリスクを高める因子であると書かれていますが、それだけではなく、術後の再発率に関しても主要な危険因子であることが明らかになっています。

このほど、青年期から成人期までの肥満度指数(BMI)の推移と膵臓がんのリスクの関係が、カナダのオンタリオ州における集団ベースの症例対照研究から明らかになりました。

5つのBMIの軌跡が特定されました。

安定 – 正常体重(38.9%)、漸進的過体重(42.2%)、持続性過体重(12.6%)、進行性肥満(4.2%)、および持続性肥満(2.1%)。

安定 – 正常体重と比較した持続性過体重(OR = 1.55、95%CI 1.02、2.39)および進行性肥満軌跡(OR = 1.49、95%CI 0.77、2.87)は、膵臓癌のオッズの増加と関連していた。 BMIが別々に評価されたとき、膵臓癌との最も強い関連は若年と中年の成人で現れました。

これらの群において、すべてが膵臓がんのオッズを高めました。(OR:1.12~1.72)

10代、若年期(20代)、中年期(30〜40歳)、および成人期後期(50〜60歳)のBMIのうちでは、若年成人期および中年期の肥満と過体重が膵臓がんのリスクを高めることが明らかになっています。

20歳から40歳の期間にBMIが大きく肥満であるほど、膵臓がんになる確率が高くなるということです。成人期後期の肥満は、膵臓がんのリスクとは相関していませんでした。

若いうちから適正な体重を保つことが大切ですし、膵臓がんになったあとも、再発転移を抑えてるためにも、過体重は良くないようです。もっとも、膵臓がんになればなかなか太れないのも現実です。

バランスの良い食事と運動をして、痩せすぎない、太りすぎない、適正な体重を保つことは、がん全体に言えることです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「週刊現代』の医療バッシング記事「週刊現代』の医療バッシング記事 「週刊現代』の医療バッシング記事が大反響のようです。さらに、週刊現代と週刊文春がバトルをしていますね。 そのあおりを受けて、医療の現場では対応に四苦八苦している様子です。 […]
  • 「逆システム学」から癌を考えてみると・・・ 児玉龍彦氏が、7月27日の衆議院厚生労働委員会において参考人として意見陳述した内容はすでに紹介したし、ネットでもマスコミでも話題になっている。国会で発言したチェルノブイリ膀胱炎や […]
  • ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサート あけましておめでとうございます。 三が日はスマホの電源も切り、ブログもTwitterにもアクセスせず、パソコンもほとんど触らず過ごしました。たまにはITと無縁で過ごすの […]
  • がん患者も「生産性」がない・・・ですかがん患者も「生産性」がない・・・ですか 性的少数者だけに向けられた言葉ではない。介護されている人、障がいを持つ人、病気を抱えて働けない人、みんなさまざまな事情を抱えて生きている。 しかし、短絡的で愚劣な目に見える […]
  • がん患者には血糖値管理も重要がん患者には血糖値管理も重要 第56回糖尿病学会において九州大学の清原裕氏が、久山町研究の結果から、『高血糖および糖尿病は癌死亡の相対危険度を上昇させる』ことが分かった、と発表した。 これより前、5月1 […]
  • あじさい祭あじさい祭 弟の33回忌法要で菩提寺に行ったのですが、千束の長國寺であじさい祭をやっていました。 起源は江戸時代にさかのぼります。ある年流行り病が蔓延し、当時の住職が「悪病退散 […]
  • 金魚さんの赤紫蘇ジュース:味覚障害にも金魚さんの赤紫蘇ジュース:味覚障害にも このブログにもときどきコメントをいただいている金魚さんがプロジュースした商品が販売されています。ご自身のがん体験を生かされ、弘前大学と製品化された赤紫蘇ジュースとミルクにローショ […]
  • 牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある?牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある? 2013年に、国立がん研究センターのプレスリリースに『化学療法不応の膵がんに対するGBS-01医師主導治験の患者登録を開始』がありました。 牛蒡子(ゴボウの種)から […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です