スポンサーリンク

肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする

LINEで送る
Pocket

P1000192

玄関先にスノーフレーク(鈴蘭水仙)が咲きました。pivoさんからこの花の名前を教えていただきました。


体格指数(BMI)の値が35を超える肥満者は、リンパ節転移が広範で生存率も低く、術後の再発率が高い膵がんを発症しやすいという報告が「JAMA/Archives journals」(JAMAはアメリカでもっとも権威のある医学系雑誌)の1つ、「Archives of Surgery」誌3月号で、テキサス州立大学 M. D. アンダーソンがんセンターのJason B. Fleming氏らが発表した。(がんナビのページより) 元の英文記事(要約)はこちら

今回対象としたのは、1999~2006年に膵がんの治療で膵切除術(膵部分切除あるいは膵全摘)を行った患者285人。
BMIが35を超える患者では13.2カ月、BMIが23未満の患者では27.4カ月が生存の中央値であった。
BMIが35を超える肥満患者では、BMIが35以下の非肥満患者と比較して、リンパ節転移のリスクが12倍、膵切除術後のがんの再発と死亡のリスクは非肥満患者のおよそ2倍であった。がんの再発は、BMIが35を超える患者では95%、BMIが35以下の患者では61%に認められた。

国立がんセンターの「日本人のためのがん予防法」でも肥満は、喫煙・運動不足と並んで膵がんのリスクを高める因子であると書かれているが、それだけではなく、術後の再発率に関しても主要な宿主因子であることが明らかになったということです。

ASCO 2008の生存率」で書きましたが、術後ジェムザールを投与した場合の無病生存率(3年)は23.5%、無病生存率(5年)は16.5%です。この記事によるとBMIが35以下の患者では39%(再発患者が61%ですから)になります。期間が書かれていないのですが、調査期間が1999~2006年ということですから、2~9年くらい経過している患者の現時点での成績ということでしょう。非肥満者の無病生存率は、ASCOの無病生存率よりは高いはずです。

つまり、「統計値」というものは、このように当てにならない。というか、注目する因子を変えただけでその意味する内容が変わってしまいます。ASCOのデータは「肥満度」は考慮せずに「十把一絡げ」で統計処理したもの。肥満度を考慮し、性別を考慮し、民族や人種、生活環境まで考慮したら、そもそも統計の対象となるようなたくさんのサンプルは集められないわけですから、これが統計の宿命でしょう。『統計は統計、私は私』。統計値で悲観的になる必要もないということです。

ただ、BMI35以上というと、身長169cmの私の場合、体重が100kgでちょうど35.0となります。コーラとマクドナルドで超肥満となる人の多いアメリカでは結構多いのかもしれませんが、日本人では珍しい部類になるのではないでしょうか。現在の私のBMI指数は21.7、膵がんになる前は最大で29くらいでしたが、これでも「高度肥満」に後一歩という数字です。23未満では生存期間中央値が2倍ほどに長くなるということですから、今後も運動と食事に関心を払い、現状を維持するように努めることが大事だということに違いありませんね。

『ともかく、歩け、歩け』『玄米菜食で腹6分目』と、このブログで書いて実行してきましたが、このニュースを見て、これがやはり膵臓がんの再発を抑えるための重要な一つの方法だということを確信しました。今日もJRのほぼ一駅分(蒲田から大森まではJRの駅間距離では結構長い方です)を、往復で歩きました。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • マンガ化プロジェクト、100万円を達成!マンガ化プロジェクト、100万円を達成! お母さまの膵臓がん闘病記を4コマ漫画で書かれているのりぽきーとさんのプロジェクト、闘病記を出版するためのクラウドファンディングが目標の100万円を達成しました。 い […]
  • 膵癌術後化学療法は、GEMからTS-1になるだろう膵癌術後化学療法は、GEMからTS-1になるだろう 久しぶりにDP1 Merrillで散歩。自販機の背景の絵は新潟県十日町市の美人林でしょうか? […]
  • 奇跡的治癒はあるのか?奇跡的治癒はあるのか? がんが自然と消えてしまい、あるいは退縮することを、 アンドリュー・ワイルは「自発的治癒」 バーニー・シーゲルは「奇跡的治癒」 […]
  • 誤診で膵臓がん、あるかも誤診で膵臓がん、あるかも 今日は出張先から書いています。宿のWi-Fi環境が悪くてネットが遅い。外は真冬の寒さです。 千葉県がんセンターで昨年末、病理検体を取り違えて別患者の乳房全摘 […]
  • 「病院ルーター」で快適インターネット「病院ルーター」で快適インターネット 定年後タイに移住して現地で彼女もでき、優雅に暮らしている友人がいます。ただ、肺がんを患っていて、年に一度国立がん研究センター中央病院に経過観察のために帰国するのですが、先日の帰国 […]
  • がんの転移は、精神的なストレスを除くと抑えられるがんの転移は、精神的なストレスを除くと抑えられる 手術の前後での心理的なストレスが免疫機能に悪影響を与え、免疫力を低下させて癌転移を促進させるとしています。したがって、癌摘出手術などの強いストレスが起こる際には、なるべく精神的に […]
  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • 目隠しをしながら火を消すことはできない目隠しをしながら火を消すことはできない コビューの『7つの習慣』だったか、別の本だったか忘れたけども、緊急事態に際して指導者・責任者がまず最初にすべきことは何か。そういう問題が載っていました。 あなたは大 […]
LINEで送る
Pocket

肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする” に対して3件のコメントがあります。

  1. すい臓がんの より:

    肥満はリスク因子になるんですね。

  2. キノシタ より:

    pivoさん。
    スノーフレークというのですか。ありがとうございました。
    草花の名前はほとんど知らないのですが、がんになると「いのち」の不思議をしみじみと感じます。小さな球根に、自然の叡智がぎっしりと詰まっていて、本当に「いのち」はwonderful(不思議がいっぱい)です。
    和名はオオマツユキソウ(大待雪草)、別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)とも。大待雪草も素敵な名前ですね。

  3. piyo より:

    スノーフレークだと思います。
    すずらん+水仙なんて、かわいらしい花ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です