スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする

P1000192

玄関先にスノーフレーク(鈴蘭水仙)が咲きました。pivoさんからこの花の名前を教えていただきました。


体格指数(BMI)の値が35を超える肥満者は、リンパ節転移が広範で生存率も低く、術後の再発率が高い膵がんを発症しやすいという報告が「JAMA/Archives journals」(JAMAはアメリカでもっとも権威のある医学系雑誌)の1つ、「Archives of Surgery」誌3月号で、テキサス州立大学 M. D. アンダーソンがんセンターのJason B. Fleming氏らが発表した。(がんナビのページより) 元の英文記事(要約)はこちら

今回対象としたのは、1999~2006年に膵がんの治療で膵切除術(膵部分切除あるいは膵全摘)を行った患者285人。
BMIが35を超える患者では13.2カ月、BMIが23未満の患者では27.4カ月が生存の中央値であった。
BMIが35を超える肥満患者では、BMIが35以下の非肥満患者と比較して、リンパ節転移のリスクが12倍、膵切除術後のがんの再発と死亡のリスクは非肥満患者のおよそ2倍であった。がんの再発は、BMIが35を超える患者では95%、BMIが35以下の患者では61%に認められた。

国立がんセンターの「日本人のためのがん予防法」でも肥満は、喫煙・運動不足と並んで膵がんのリスクを高める因子であると書かれているが、それだけではなく、術後の再発率に関しても主要な宿主因子であることが明らかになったということです。

ASCO 2008の生存率」で書きましたが、術後ジェムザールを投与した場合の無病生存率(3年)は23.5%、無病生存率(5年)は16.5%です。この記事によるとBMIが35以下の患者では39%(再発患者が61%ですから)になります。期間が書かれていないのですが、調査期間が1999~2006年ということですから、2~9年くらい経過している患者の現時点での成績ということでしょう。非肥満者の無病生存率は、ASCOの無病生存率よりは高いはずです。

つまり、「統計値」というものは、このように当てにならない。というか、注目する因子を変えただけでその意味する内容が変わってしまいます。ASCOのデータは「肥満度」は考慮せずに「十把一絡げ」で統計処理したもの。肥満度を考慮し、性別を考慮し、民族や人種、生活環境まで考慮したら、そもそも統計の対象となるようなたくさんのサンプルは集められないわけですから、これが統計の宿命でしょう。『統計は統計、私は私』。統計値で悲観的になる必要もないということです。

ただ、BMI35以上というと、身長169cmの私の場合、体重が100kgでちょうど35.0となります。コーラとマクドナルドで超肥満となる人の多いアメリカでは結構多いのかもしれませんが、日本人では珍しい部類になるのではないでしょうか。現在の私のBMI指数は21.7、膵がんになる前は最大で29くらいでしたが、これでも「高度肥満」に後一歩という数字です。23未満では生存期間中央値が2倍ほどに長くなるということですから、今後も運動と食事に関心を払い、現状を維持するように努めることが大事だということに違いありませんね。

『ともかく、歩け、歩け』『玄米菜食で腹6分目』と、このブログで書いて実行してきましたが、このニュースを見て、これがやはり膵臓がんの再発を抑えるための重要な一つの方法だということを確信しました。今日もJRのほぼ一駅分(蒲田から大森まではJRの駅間距離では結構長い方です)を、往復で歩きました。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • シュレベールの箴言(5)シュレベールの箴言(5) 自然治癒力を高める方法はいくつかあるが、その切り札を全てそろえたからといって、あらかじめ勝負に勝つことが保証されているわけではないのです。 […]
  • がんは克服できるのかーシンギュラリティとAIがんは克服できるのかーシンギュラリティとAI シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年までには、コンピュータの処理能力が人間の脳を超える「技術的特異点」を迎えるという。しかし、 不老不死はムリ […]
  • 血液検査の推移 がんとの闘いに金をかけない血液検査の推移 がんとの闘いに金をかけない いつもの病院でアヘンチンキと消化剤。血液検査の結果をもらった。白血球数:5280リンパ球比率:53.6%HbA1c […]
  • 「逆システム学」から癌を考えてみると・・・ 児玉龍彦氏が、7月27日の衆議院厚生労働委員会において参考人として意見陳述した内容はすでに紹介したし、ネットでもマスコミでも話題になっている。国会で発言したチェルノブイリ膀胱炎や […]
  • 血液中のがん細胞をレーザーで破壊する血液中のがん細胞をレーザーで破壊する この治療法は被験者として集められたがん患者28人のうち、27人のがん細胞を正確に検出することに成功しており、加えてがん細胞が静脈を流れる際には、高い確率でリアルタイムにがん細胞を […]
  • 奇跡的治癒例は、がん治療の手がかりとなる(NCI)奇跡的治癒例は、がん治療の手がかりとなる(NCI) 奇跡的治癒例は、予想以上に起きている がん治療においては、通常は治るはずのない患者が治ったり、腫瘍が突然消えてしまうようなことが起きることがあります。 こうした例外的 […]
  • 参議院選挙公示参議院選挙公示 今日から参議院選挙が公示されるが、盛り上がらないですね。 どのマスコミの予測を見ても自公の圧勝が既定の事実のように報道されていて、多分その通りになるのだろう。マスコミが予想 […]
  • がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』 劇的な寛解の経験者が実践していた九つの項目のうち、身体に関わることがたった二つ(食事を変える、ハーブやサプリメントを使う)しかなかったことです。残りの七つは、感情や精神にかかわる […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする” に対して3件のコメントがあります。

  1. すい臓がんの より:

    肥満はリスク因子になるんですね。

  2. キノシタ より:

    pivoさん。
    スノーフレークというのですか。ありがとうございました。
    草花の名前はほとんど知らないのですが、がんになると「いのち」の不思議をしみじみと感じます。小さな球根に、自然の叡智がぎっしりと詰まっていて、本当に「いのち」はwonderful(不思議がいっぱい)です。
    和名はオオマツユキソウ(大待雪草)、別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)とも。大待雪草も素敵な名前ですね。

  3. piyo より:

    スノーフレークだと思います。
    すずらん+水仙なんて、かわいらしい花ですよね。

コメントを残す