ナノナイフは膵臓がんへ免疫細胞を誘導する

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

免疫学ジャーナル誌(The Journal of Immunology)に膵臓がんのナノナイフの研究論文が載っています。あいにく、Abstractしか読むことができないのですが、概要だけでも興味深いです。

ナノナイフとは、正式には不可逆電気穿孔法(IRE,Irreversible electroporation)のことです。

 

不可逆電気穿孔法(IRE(Irreversible electroporation) もしくは NTIRE (non-thermal irreversible electroporation) <非熱的不可逆電気穿孔法>)とは、短時間・高電圧の電位勾配により細胞膜に電荷を蓄積させ、絶縁破壊によりナノスケールの穴を開けて細胞のアポトーシスを誘導し死滅させる癌治療法である。(Wikipedia)

ナノナイフは、短い高周波電気パルスを使用して、癌細胞膜を透過性にし、がん細胞にアポトーシス(プログラムされた細胞死)をさせる。

膵臓がんのいくつかのモデルを用いて、細胞死経路、免疫シグナル伝達を解析した結果、ナノナイフは壊死及び疥癬を介して炎症誘発細胞死を誘発することが示された。

この炎症誘発性環境は、膵臓がんの腫瘍部位への免疫細胞の浸潤を刺激し、腫瘍の進行を停止させる可能性がある。

IREは、原発性腫瘍部位を切除するだけでなく、免疫系を刺激して全身の腫瘍を認識し、それに対抗するための、膵臓癌に対する安全で効果的な治療法であることが証明されています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』 期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! (希望の最新医療シリーズ) posted with ヨメレバ 桜の花出版 取材班 星雲社 […]
  • ドクターXはナノナイフドクターXはナノナイフ 昨夜のドクターX観ました。 城ノ内先生が、ステージⅣaの局所進行膵癌(転移なし)で、門脈に腫瘍が絡んでいるため手術ができない。 そこで大門が不可逆電気穿孔法(IRE […]
  • 期待の膵臓癌治療-ナノナイフ期待の膵臓癌治療-ナノナイフ ナノナイフではステージ4aの膵がんの治療できますが、膵がんの場合は局所にあると思われても、実際には目に見えないがん細胞が広がっている場合が多い。そのために、ナノナイフで局所のがん […]
  • ニンジンジュースと免疫ニンジンジュースと免疫 リンパ球バンクの藤井さんが興味深い記事をアップしています。 「小林真央さんも飲まれるというニンジンジュース」 リンパ球バンク(株)のANK自己リンパ球 […]
  • IWJで中村祐輔先生、コロナ対策を大いに語るIWJで中村祐輔先生、コロナ対策を大いに語る IWJの岩上安身さんの長時間インタビューです。 中村祐輔先生が政府のCOVID-19対策をバッサリと批判。 新型コロナウイルス感染者は免疫の暴走(サイトカインストーム)によって急 […]
  • アブラキサンの第3相試験:FDAアブラキサンの第3相試験:FDA 雨の谷川岳の登山道にて 昨年12月に開催された、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • study2007さんのご冥福をお祈りいたします。study2007さんのご冥福をお祈りいたします。 また一人、がんと果敢に闘い、最期まで自分の命を生ききった方が亡くなりました。 RT @IwanamiKagaku study2007氏が13日(金)にお亡くなりになりました。 […]
  • 光免疫療法ー最終ターゲットは膵臓がん?光免疫療法ー最終ターゲットは膵臓がん? 週刊現代に光免疫療法の記事が載っています。 その内容を紹介した記事がこちらです。 「現在、試験を行っているのは頭頸部がん。顔や頭の近くで手術が難しいことと […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です