緩和ケア医になったわけー大津秀一先生

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

次回8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』は、緩和ケア医 大津秀一先生の講演を予定しております。

演題は『膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~

大津先生は、緩和ケアの分野でたくさんの書籍も出しております。

人生の最期に、自分らしく生きるための多くの気付きが著されています。

そんな大津先生が、なぜ緩和ケア医になったのか。ヨミドクターの記事があります。

私が研修医1年目の時。お世話になった指導医の先生と肝臓がんの末期の70代の患者さんを診療しました。

彼は最後の1週間、とても強いせん妄となり、苦しみました。

彼は何度も何度も自分の腕をベッドの柵に打ち付けました。黄疸おうだんで全身が黄色に染まった腕には瞬く間に暗赤色のあざが増えました。

指導医の先生の指示でハロペリドールという薬剤が投与されました。せん妄を抑える薬剤です。しかしそれでも彼のせん妄は収まりませんでした。

身の置き所がないように頭を振り身体をよじらせ、壁に、柵に、手や足をぶつけました。時折うめき声をあげます。隣にずっといた奥さんが静かに、悲しみを湛たたえた目で言いました。

「先生、もうできることはないんですよね…」

「使える薬剤は…使っています。すみません」

「いいんです。先生。でも、悲しいですね…」
奥さんは最初泣き、嘆き、肩を落とし、そして絶望していました。表情はなく、ご主人の変わり 果てた姿を見つめていました。

本当にできることはなかったのでしょうか?

今では自信をもって「ある」と言えます。いずれ連載でお話ししたいと思いますが、このような場合は鎮静薬でうとうとと眠って頂いて苦痛を取る「鎮静」を行えば良いのです。もちろん命は縮めません。しかし終末期の「鎮静」に熟達した医師は多くありません。しかも私は「鎮静」があることすら知りませんでした。

できることはなかったのではない。知らなかっただけだったのです。そしてできなかっただけなのです。

がんの終末期だって、できることはたくさんある。だから緩和ケア医を選んだのです。

『膵臓がん患者と家族の集い』の詳細と、参加申込みは、オフィシャルサイトからお願いします。<画像をクリック>


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料参院選の争点にならない緩和ケア病棟入院料 問題の根っこには、安倍自公政権の社会福祉予算の削減にあるのです。 自民党と”福祉の”公明党政権は、「早期退院」の誘導を狙った診療報酬の改定、療養病床の削減、国公立病院の統廃 […]
  • 膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須 膵臓がんで治療に使うことのできる抗がん剤は限られています。免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬などの多くは、健康保険で使うことができません。 進行がんで発見される […]
  • 1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な知識でした」という反響を頂いています。 講演が終わった […]
  • 大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関する記事 大津秀一先生のブログから、膵臓がんに関するものをピックアップしてみました。 膵臓がん以外の癌腫を対象としたものも記事も含んでいます。 […]
  • 膵臓がんには早期からの緩和ケアが必須膵臓がんには早期からの緩和ケアが必須 女優の八千草薫さんが、昨年の1月に膵臓がんの手術をして、今年肝臓に転移をしているのが見つかったと報じられていますね。 「男はつらいよ!寅次郎夢枕」にマドンナとして出 […]
  • 医療が目指すのは延命だけ?医療が目指すのは延命だけ?   川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科医の西智弘先生が新刊を出されます。そのなかから、幼い子どもを抱え、ある日突然、膵臓がんと診断されたタムラさんの […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です