緩和ケア医になったわけー大津秀一先生


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

次回8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』は、緩和ケア医 大津秀一先生の講演を予定しております。

演題は『膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~

大津先生は、緩和ケアの分野でたくさんの書籍も出しております。

人生の最期に、自分らしく生きるための多くの気付きが著されています。

そんな大津先生が、なぜ緩和ケア医になったのか。ヨミドクターの記事があります。

私が研修医1年目の時。お世話になった指導医の先生と肝臓がんの末期の70代の患者さんを診療しました。

彼は最後の1週間、とても強いせん妄となり、苦しみました。

彼は何度も何度も自分の腕をベッドの柵に打ち付けました。黄疸おうだんで全身が黄色に染まった腕には瞬く間に暗赤色のあざが増えました。

指導医の先生の指示でハロペリドールという薬剤が投与されました。せん妄を抑える薬剤です。しかしそれでも彼のせん妄は収まりませんでした。

身の置き所がないように頭を振り身体をよじらせ、壁に、柵に、手や足をぶつけました。時折うめき声をあげます。隣にずっといた奥さんが静かに、悲しみを湛たたえた目で言いました。

「先生、もうできることはないんですよね…」

「使える薬剤は…使っています。すみません」

「いいんです。先生。でも、悲しいですね…」
奥さんは最初泣き、嘆き、肩を落とし、そして絶望していました。表情はなく、ご主人の変わり 果てた姿を見つめていました。

本当にできることはなかったのでしょうか?

今では自信をもって「ある」と言えます。いずれ連載でお話ししたいと思いますが、このような場合は鎮静薬でうとうとと眠って頂いて苦痛を取る「鎮静」を行えば良いのです。もちろん命は縮めません。しかし終末期の「鎮静」に熟達した医師は多くありません。しかも私は「鎮静」があることすら知りませんでした。

できることはなかったのではない。知らなかっただけだったのです。そしてできなかっただけなのです。

がんの終末期だって、できることはたくさんある。だから緩和ケア医を選んだのです。

『膵臓がん患者と家族の集い』の詳細と、参加申込みは、オフィシャルサイトからお願いします。<画像をクリック>


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 観ました「地球交響曲第7番」、霊性について がんになる前は、東京都写真美術館には良く足を運んだものでした。数々のすばらしい写真展を観てきましたが、しかしここしばらくは足が遠のいていました。『地球交響曲第7番』を鑑賞するため […]
  • 『生物と無生物のあいだ』福岡伸一 新書大賞とサントリー学芸賞を同時受賞した、福岡伸一さんの『生物と無生物のあいだ』。本当に文章のうまい人です。化学者というよりは文学者と言ったほうが良いほどです。 前半は、野口 […]
  • がんも原発も、人としてどう生きるかの問題 がんになれば、何が本当に大切なものかが、これまでとは違って見えてくる。マクファーランド神父は「未来を心配することから私を解放し、過去を悔やむことからも解放し、たった今を生きられる […]
  • がん治療で無視できない腸内細菌がん治療で無視できない腸内細菌 腸内フローラ 次世代シークエンサーといわれる遺伝子解析装置の開発など、最近の分子生物学の進歩により、腸内細菌の新しい事実が明らかになってきました。 なんと、潰瘍性大腸 […]
  • 京都大学医学部附属病院に最新鋭ピンポイント放射線装置 京都大学医学部附属病院から高精度放射線治療装置を受注 2008年4月の市場投入以来、5台目の受注 三菱重工業は、京都大学医学部附属病院から最新鋭の放射線治療装置(線形加速 […]
  • 居眠りする医者 休眠療法など居眠りする医者 休眠療法など 今日は二箇所の病院へ。膵臓癌を見つけていただいた山王内科クリニックではアマリールを処方していただくために。血糖値も安定しているのでこのまま治療を続けましょうといわれました […]
  • 桜見物 千鳥ケ淵 しばらくブログの更新をサボりました。サボったわけではないですが、少し考えるところがあって、それをどのように書こうかと迷っています。それはまたいずれ。 今日は朝の6時から千鳥ケ淵 […]
  • 統合医療を考えるなら、『がんに効く生活』を統合医療を考えるなら、『がんに効く生活』を 「海外 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です