今後の『膵臓がん患者と家族の集い』の開催について

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

『膵臓がん患者と家族の集い』は3月の佐藤典宏先生の講演も中止になり、みなさんからいつ開催できるかとご心配の声をいただいております。

3つの条件が揃うと、新型コロナウイルスに集団感染するリスクが高くなると言われていますが、まさに患者会はその条件がそろっています。

さらに、参加者の多くは抗がん剤治療によって免疫力が低下しているがん患者です。家族がウイルスを持ち帰って患者に感染するという可能性も無視できません。

これほどリスクの高い環境条件も稀ではないでしょうか。

ですから、主催者としては開催を強行することには躊躇せざるをえません。

 

 

3月17日には「リムパーザ」がBRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵がんにおける維持療法として、厚生労働省が希少疾病用医薬品の指定をしました。保険収載に向けて動きがありそうです。

こうした遺伝子治療の最新の動向について、杏林大学医学部の古瀬純司先生にご講演をお願いして、5月9日に『膵臓がん患者と家族の集い』を開催する予定でしたが、これも昨今の状況に鑑みて中止といたしました。

しかし、6月、7月と毎月会場は予約して、いつでも開催できるように準備をしております。

開催の条件が整いましたら、迅速にお知らせいたします。期待してお待ち下さい。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です