今日の一冊(126)『がん外科医の本音』

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

 

がん外科医の本音 (SB新書)

がん外科医の本音 (SB新書)

中山 祐次郎
935円(11/21 09:17時点)
発売日: 2019/06/06
Amazonの情報を掲載しています

こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。

「医者は自分ががんになったら抗がん剤は使わない」

週刊誌などでそうした見出しを時々見かけることがあります。中山先生は、自分ががんになったら間違いなく抗がん剤を使うと断言します。正確に言えば「現在の最善の治療である標準治療」を使うです。

「ガイドラインを作っている医者は製薬会社から金を貰っているから信用できない」

これはある意味でもっともな指摘だといいます。ただし、お金といっても賄賂ではありません。多くは講演の謝礼金と研究助成費です。もちろん影響はゼロではないと思いますが、ガイドラインの中身はメンバーの一人の主張によって決まるのではなく、臨床試験の論文で決められます。少数の異なる意見は重視されにくいと言います。

しかし影響はゼロではなかろうと、歯切れは悪いです。

講演の謝礼金については、実際の講演の実情は、その会社の薬の販売促進のための講演会であることが多いので、真っ白とも思えません。

また、薬の開発は製薬会社なしに行うことは不可能に近いし、薬の効果を確かめるためには億単位のお金が必要です。製薬会社なしでは研究そのものが行えない現状があります。もちろんディオバン事件というのは「シロ」どころか完全な「クロ」ですが。この点に関しては中山先生の主張は白ともグレーとも言い難いと、そんなような内容になっています。

医者は民間療法腹の底ではどう思っているのか?

「私の治療を信じてもらえないのか」と受け取る医師もいますが、ほとんどの医者は代替療法に対する知識がありません。患者が正直に、「これこれの代替療法をやっています先生どう思いますか」と聞いたって、その質問に答えるための知識を持ち合わせていないのが実情です。

主治医と相性が合わない時どうすべきか

直接その主治医に「主治医を変更してください」とダイレクトに言う。しかし、言い辛いですね。家族に変わりに申し出てもらうという方法もあります。

裏技的には、一つ目は看護師長や外来の看護師に「先生を代えてほしい」と伝えることです。これでなんとか対処してくれる可能性があります。

もう一つは、「先生、この曜日は仕事の関係で来れなくなったので別の曜日の外来に変更したい」と申し出ることです。大きな病院では医師は曜日によって、外来の日、検査を行う日、手術をする日とスケジュールが決まっているので、外来に来る曜日を変えれば当然主治医が代わることになります。

これが最も波風を立てない方法でしょう。

またセカンドオピニオンを申し出たら嫌な顔をしたり引き伸ばされたりする場合は、さっさと主治医を代えることを主張しています。

もしその医者が怒ったら、「この本をその医者にプレゼントしてあげてください」とも書かれています。

ズバリこの言葉があったら主治医を代えましょう

それは「失礼だ!」という言葉です。これは致命傷です。それは「私は医者なので敬意を払うべきだ」という気持ちの表れであり、「治療をしてやっているんだから」という考えが透けて見えます。このような医者はすぐに代えた方がいい。間違いありません。

「本音を書いた」という割には、ベテランの患者にはインパクトが弱い気がしますが、告知されて間もない患者にとっては参考になる内容です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(130)『キュア』田口ランディ今日の一冊(130)『キュア』田口ランディ がん患者にとって生とは、死とは? […]
  • 今日の一冊(111)『すべての医療は「不確実」である』今日の一冊(111)『すべての医療は「不確実」である』 21世紀に入り、漢方医学は「科学的根拠に基づく医療」の仲間入りをするようになった。ランダム化比較試験も多数実施されるようになり、医療ビッグデータを用いた漢方研究も徐々に進められて […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 今日の一冊(85)『日米がん格差』今日の一冊(85)『日米がん格差』 医療ビッグデータによる日米の医療比較 しばらく「積ん読」だったものをやっと読了することができました。 本書は米スタンフォード大学で医療政策部を設立し、医療ベン […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 『決められない患者たち』『決められない患者たち』 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 そうした疑問に答えてくれる一冊です。 […]
  • 医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか?医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか? 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 治療をすべきかどうか、いくつもの治療法があり、それぞれにリスクとベネ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です