笑いとナチュラル・キラー細胞

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

Photo
シャガ(アヤメ科の多年草) 等々力渓谷にて

犬の散歩をかねて等々力渓谷へ。環八の下に都会とは思えないような渓谷があります。シャガという花を見つけました。


インターネット落語会の4月下席は柳家喬太郎師匠の「松竹梅」。笑い転げてしまいました。柳家喬太郎師匠は、インターネット落語会の人気投票で第一位という人気者です。

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)

ノーマン・カズンズの『笑いと治癒力』では、10分間大笑いしたあと、2時間は激しい痛みも感じることなく、ぐっすりと眠ることができたと紹介されていました。笑いはこころの深呼吸、こころのジョギングとも言われています。

大笑いしなくてもいいのです。心のなかでニコッとする。顔だけでも笑っている表情にする。それだけでナチュラル・キラー(NK)細胞が活性化し、免疫力が高まります。ナチュラル・キラー細胞は「非自己」であればためらいなく殺します。出会ったとたんに、一言の挨拶もなく、ためらいなく殺します。癌細胞にとってはいちばんの強敵です。

1992年、大阪なんばの「グランド花月」で、落語や漫才を3時間観た19人のリンパ球を調べたら、14人が免疫活性が高くなったという調査が、日本心身医学会で発表されています。倉敷の「すばるクリニック」伊丹仁朗医師が行った実験です。このとき調査したのは、NK細胞の活性と、免疫力に関わるリンパ球、CD4とCD8の比率。NK細胞の免疫活性は14人が上昇。免疫力のアクセル役を果たす CD4、ブレーキ役のCD8 も共に正常値に近くなることが分かったそうです。(CD8抗原が発現しているT細胞は、キラーT細胞、CD4を発現しているT細胞はヘルパーT細胞と呼ばれています。)

しかし、NK細胞は殺人鬼の役割だけではないのです。妊娠したとき、母胎にとっては「非自己」「異物」であるはずの受精卵を、NK細胞が優しくそっと包み込み、子宮粘膜に着床させるのです。NK細胞がなければ受精=妊娠は成立しません。生命誕生の決定的な瞬間に、NK細胞は大きな役割を果たしているのです。

都会のオアシス・等々力渓谷を散策し、綺麗な花を観賞して、落語で大笑い。今日もリンパ球が増えて免疫力が高くなったに違いありません。サイモントン療法で瞑想をするときに、笑いの効果で免疫力の高くなったNK細胞が、私の体内に残っているかもしれない膵臓癌細胞を殺しているところを具体的にイメージします。こうすれば、治癒にたいして、さらによい影響を与えることができます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 退院しました退院しました 16日ぶりに本日、左肩腱板断裂の手術から無事に退院しました。 退院に際しての主治医の言葉。 「経過が良すぎるから、逆に心配です。無理をしないでください」 左腕を水平の位 […]
  • 複雑系には統計もエビデンスも役にたちません。複雑系には統計もエビデンスも役にたちません。 がんは複雑系だから、初期値のちょっとした違いで結果は全く違ってくる。バタフライ効果と言われるように、北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起きることもある。明日の天気予報は概ね当 […]
  • ためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がるためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がる 「ためしてガッテン」今日はデルタパワー。 とは言っても、熟睡しているときだけ脳から脳波のデルタ波が出るのだが、熟睡ができれば、血糖値が下がるという話題でした。出席したのは大 […]
  • 「百万回の永訣」再放送「百万回の永訣」再放送 柳原和子さんの再発後の闘病を記録したドキュメント「百万回の永訣」が、NHK […]
  • Medエッジの膵臓がん関連記事Medエッジの膵臓がん関連記事 最近Medエッジに膵臓がんに関する記事が連続しています。 アレルギーのある人は膵臓がんになりにくいと判明、果物と葉酸でも防げる 膵臓がんに多い「膵管腺がん」、がん化の新しいメカニ […]
  • 『がんの花道』 がんの告知から最期まで、がん患者が「平穏死」を全うするためには家族の力が大切だ、との主旨で書かれた本です。長尾和宏氏と藤野邦夫氏の対談です。「家族の力」こそが今後のがん治療のキー […]
  • 新薬には手を出すな!新薬には手を出すな! 私が、医師から勧められても、糖尿病治療薬のDPP-4阻害薬を断っていることは何度か書いた。ここにきて武田薬品のDPP-4阻害薬「ネシーナ」の疑惑がまた持ち上がっている。「また」と […]
  • 医療と人工知能(AI)医療と人工知能(AI) 将棋やチェスの世界で人工知能が勝ち続けて「王者」になって話題です。医療の分野でもIBMのワトソンのように、医師を補助する人工知能が注目されてきましたが、さらに、医者に代わ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です