スポンサーリンク

手術の後遺症よりもQOLを選んで

『膵臓がん患者と家族の集い』のサポーターである待夢さんが一昨日お亡くなりになりました。

待夢さんのことを知ったのは、がん患者の SNS 5-Yearsでの投稿でした。

「膵臓がんで手術ができるにもかかわらず手術をしないという選択をした。抗がん剤治療もしない」と投稿されており、その時私は「なんて勿体ないことをする人なんだろう」、そのように感じたものでした。

しかし、あとから知ったことですが、彼の場合、幼少期の頃からの持病もあり、大きな手術を何度も経験しています。そのために腸捻転や腸閉塞が起こりやすい体質になっていたのです。

腸捻転もひどい場合は死ぬほどの苦しみを味わいます。結局手術後のそうしたリスクを考えて、命よりも QOL を重視する、家族との時間を大切にする、短くてもいいんだと、そういう結論になったといいます。

奥さんともよく話した上で納得してもらったということでした。

ただ、全く何も抗がん剤治療をしないというのは、本人や家族は納得はしても、「僕が死んだ後で、妻が親戚筋から非難されるのではないか、なぜ治療をさせなかったのかと非難されるに違いない。それは避けたいから、最低限に減量をした抗がん剤治療だけはやっています。副作用の起きないレベルでやっているのです」

そういう風に語っていました。

一昨年末の集いの場では、彼のそうした体験と治療への考え方を発表していただきました。あなたの考え方、生き方は十分皆さんに伝わっていますよ。

待夢さん、納得のできる治療法、いのちの終わり方だったでしょうか。成人したとはいえ障害のある息子さんと遺された奥さんのこれからの生活は大変に違いありません。

神様は(いるとすれば)、どうしてこのような試練をお与えになるのでしょう。

ご家族が心安らかでありますように、ご冥福をお祈りします。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 低炭水化物の食事で心血管障害??低炭水化物の食事で心血管障害?? 日経メディカルオンラインや読売新聞の7月8日付と朝日新聞アピタルに、糖質制限食に否定的な論文が紹介されている。 ハーバード大などのグループが英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ […]
  • がん患者の食事の悩みを解消するレシピ検索サイト:国立がん研究センター東病院がん患者の食事の悩みを解消するレシピ検索サイト:国立がん研究センター東病院 国立研究開発法人国立がん研究センター東病院は、がん治療に伴う食事の悩みに合わせたレシピが検索できる「CHEER!(チアー)/Cancer, Help, Eat, Easy, […]
  • 良寛の旅 妻の里での法要のため土日にかけて新潟に行ってきました。 昨日までは肌寒いほどの気温だったそうですが、当日は30度を超える真夏のような暑さでした。しかし都会の暑さとは違います […]
  • ホメオパシーとアンドルー・ワイル 朝日新聞でホメオパシー関連の記事やブログが連続しています。このブログでも話題になる前からホメオパシーへの批判を書いてきたのですが、実際これほどまでに世間に広まっているとは思ってい […]
  • 退院退院 本日10日ぶりに退院しました。鼻から胃までチューブ(イレウスチューブ)を入れ、点滴をすることで何とか回復しました。 今回の癒着性イレウスの原因ですが、担当医の若い先生に見解 […]
  • 光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画 光免疫療法 (NIR-PIT)について。米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 […]
  • 膵がん細胞が正常細胞に!膵がん細胞が正常細胞に! 膵がんの細胞にE47遺伝子を発現させたら、がん化する前の正常細胞に戻ったという非常に興味深い研究です。 4月18日・米サンフォード・バーナム医学研究所からの報告で、今回報告された […]
  • ガンと心=癌は自分で作った 20代の頃自律訓練法をしばらくやったことがある。そのころストレスからくる執拗な不整脈に悩まされ、大学病院でも検査をし、当時としては画期的だという薬で治療をしたが全く好転しなかった […]

コメントを残す