手術の後遺症よりもQOLを選んで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

『膵臓がん患者と家族の集い』のサポーターである待夢さんが一昨日お亡くなりになりました。

待夢さんのことを知ったのは、がん患者の SNS 5-Yearsでの投稿でした。

「膵臓がんで手術ができるにもかかわらず手術をしないという選択をした。抗がん剤治療もしない」と投稿されており、その時私は「なんて勿体ないことをする人なんだろう」、そのように感じたものでした。

しかし、あとから知ったことですが、彼の場合、幼少期の頃からの持病もあり、大きな手術を何度も経験しています。そのために腸捻転や腸閉塞が起こりやすい体質になっていたのです。

腸捻転もひどい場合は死ぬほどの苦しみを味わいます。結局手術後のそうしたリスクを考えて、命よりも QOL を重視する、家族との時間を大切にする、短くてもいいんだと、そういう結論になったといいます。

奥さんともよく話した上で納得してもらったということでした。

ただ、全く何も抗がん剤治療をしないというのは、本人や家族は納得はしても、「僕が死んだ後で、妻が親戚筋から非難されるのではないか、なぜ治療をさせなかったのかと非難されるに違いない。それは避けたいから、最低限に減量をした抗がん剤治療だけはやっています。副作用の起きないレベルでやっているのです」

そういう風に語っていました。

一昨年末の集いの場では、彼のそうした体験と治療への考え方を発表していただきました。あなたの考え方、生き方は十分皆さんに伝わっていますよ。

待夢さん、納得のできる治療法、いのちの終わり方だったでしょうか。成人したとはいえ障害のある息子さんと遺された奥さんのこれからの生活は大変に違いありません。

神様は(いるとすれば)、どうしてこのような試練をお与えになるのでしょう。

ご家族が心安らかでありますように、ご冥福をお祈りします。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • お通夜お通夜 今日はあの方のお通夜です。 治ることはないと分かった膵臓がんに対して、どのような最期を迎えるかと考え、真摯に向き合った方でした。 宗教者ではないけど、しかしそれ以上に […]
  • 映画「あなたへ」を観て映画「あなたへ」を観て DP2 Merrill F9.0 1/500秒 ISO200 映画「あなたへ」を観た。 刑務所の指導技官 […]
  • 日本人の家族性膵がんの遺伝子を特定日本人の家族性膵がんの遺伝子を特定 大阪大学 大学院医学系研究科の谷内田真一 教授(前 […]
  • 今日の一冊(118)『新章 神さまのカルテ』、SAKUさんのことも今日の一冊(118)『新章 神さまのカルテ』、SAKUさんのことも 医療には答えのない世界がある。 難病の診断、最先端の治療、最高の抗がん剤治療、そういったものについては膨大な知識と手段を有する医療は、しかし「死」を前にしたときにわかに沈黙する […]
  • サイトカインストームと新型コロナウイルスサイトカインストームと新型コロナウイルス 政府の新型コロナウイルス対策の基本方針が出ましたよね。それによると、患者が増加するペースを可能な感じで押さえるとしております。症状が見られる場合には仕事を休め、外出を自粛 […]
  • 先進医療実施機関の一覧先進医療実施機関の一覧 Twitterにも書きましたが、重粒子線治療が先進医療として承認されています。これは放医研だけではなく、兵庫県立粒子線医療センター・国立大学法人群馬大学医学部附属病院の重粒子線治 […]
  • 里帰り里帰り 高知県安芸市土居の「野良時計」 週末に高知に里帰りしました。台風11号の接近で帰りの飛行機が欠航にならないかとやきもきしましたが、直前の便は欠航になったが私 […]
  • あなたが代替医療を考えているのなら、この一冊をあなたが代替医療を考えているのなら、この一冊を 統合医療のバイブル本 がん患者の8割が、何らかの代替医療を取り入れていると言われています。書店に行けば、その類の本が真っ先に目にはいってきます。中には怪しげなものもたくさん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です