スポンサーリンク

光免疫療法:がん細胞壊死の誘発および免疫活性化

LINEで送る
Pocket

楽天メディカルは光免疫療法の技術をもとに、選択的な細胞壊死をもたらす技術を開発中ですが、その前臨床試験結果を発表しています。

まず、光免疫療法とイルミノックス・プラットフォームの違いはこうです。

イルミノックス™プラットフォームは、治療技術基盤の名称であり、米国国立がん研究所の小林久隆先生らが開発したがん光免疫療法が基となっています。現在、楽天メディカル社はこのイルミノックス™プラットフォームを、医薬品、医療機器、医療技術、その他周辺技術を総合的に利用した技術基盤として開発を進めています。

イルミノックス™プラットフォームとは、光感受性物質と標的認識物質から組成される医薬品の投与によって光感受性物質を標的細胞表面に選択的に運び、標的細胞に結合した光感受性物質へ、医療機器を用いて非熱性の光を照射することで、光感受性物質を励起(活性化)させ、生物・物理学的プロセスの誘導のもと、標的の細胞膜を破壊し、標的細胞の速やか、かつ選択的な壊死をもたらす技術基盤です。

米国がん学会でポスター発表した内容は、

  • 開発した抗体とIRDye® 700DXの複合体の薬剤を用いた治療が細胞膜を破壊しがん細胞の壊死を誘発する、独自の生物・物理学的プロセス
  • 光免疫療法ががん細胞の壊死を誘発し、がん細胞に対する免疫反応を惹起することを裏付けました。こちらは「免疫」の部分ですね。
  • 光免疫療法で治療したがん細胞をマウスに移植したところ、新たな移植がん細胞を拒絶しました。これは、光免疫療法が免疫原性細胞死を誘発し、ホストマウスの免疫反応を活性化することでがん細胞の生着を防ぐことを示唆しています。

楽天メディカル、どんどん研究を進めていますね。

周辺微小環境における免疫抑制状態の排除によって、局所及び全身の自然免疫や獲得免疫を活性化すると言われているわけですが、その効果ももっと詳しく解明してほしいものです。

なにしろ、一日でも早く膵臓がんに適用できるようにならないかなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ビタミンB6は膵臓がんのリスクを下げるビタミンB6は膵臓がんのリスクを下げる 中国の研究グループが、ビタミンB6の摂取量と膵臓がんの発症リスクの関係をメタ解析した論文です。 PubMedやWebから見つけた9つの研究のデータを、多変量調整して […]
  • マクロビって、まだ生き残ってたのか?マクロビって、まだ生き残ってたのか? 水素水などのインチキな代替医療に対して、データを公表して注意を喚起してきた消費生活センターが、科学的根拠もないマクロビオテックの食育講座を開催しようとしたのですから、炎上するのも […]
  • 御嶽山噴火御嶽山噴火 御嶽山が噴火した。 実は今年の紅葉撮影の候補地として、御嶽山とその近くの開田高原を考えていた。開田高原にある「ロッジ上天気」に宿泊して、御嶽山の紅葉を撮りに行くはずだった。家族の […]
  • 「死」は終わりではない。必然なのだ。「死」は終わりではない。必然なのだ。 がん細胞はアポトーシスを忘れた細胞 細胞にはアポトーシス(自死)の機能が遺伝子に組み込まれている。自らの存在が不要になったとき、自ら判断して自殺するのである。分かりやすい事 […]
  • メラトニンについて(3) メラトニンについては前回で終わるつもりだったのですが、「米国統合医療ノート」にメラトニンに関する記事があったので紹介します。 メラトニンとがん治療 このブログでは、文献データを見 […]
  • 『がん消滅の罠-完全寛解の謎』がテレビドラマ化『がん消滅の罠-完全寛解の謎』がテレビドラマ化 第15回『このミステリーがすごい!大賞』の大賞受賞作で、話題になった岩木一麻氏の『がん消滅の罠-完全寛解の謎』がテレビドラマ化されます。 4月2日(月)20:00からTBS系で […]
  • 今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義 私の生き方は、やがて死ぬという事実にどのような影響を受けてしかるべきなのか。必ず死ぬという運命に対して私はどのような態度をとるべきなのか。例えば死を恐れるべきなのか、やがて死ぬと […]
  • 進行大腸癌に対するペプチドワクチン療法、フェーズ2臨床試験開始へ進行大腸癌に対するペプチドワクチン療法、フェーズ2臨床試験開始へ 昨日に続いての「癌Experts」からの記事です。膵臓がんではなく、大腸がんですが、がんペプチドワクチン療法に関する情報です。進行大腸癌に対するペプチドワクチン療法、フェーズ2臨 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です