光免疫療法:がん細胞壊死の誘発および免疫活性化


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

楽天メディカルは光免疫療法の技術をもとに、選択的な細胞壊死をもたらす技術を開発中ですが、その前臨床試験結果を発表しています。

まず、光免疫療法とイルミノックス・プラットフォームの違いはこうです。

イルミノックス™プラットフォームは、治療技術基盤の名称であり、米国国立がん研究所の小林久隆先生らが開発したがん光免疫療法が基となっています。現在、楽天メディカル社はこのイルミノックス™プラットフォームを、医薬品、医療機器、医療技術、その他周辺技術を総合的に利用した技術基盤として開発を進めています。

イルミノックス™プラットフォームとは、光感受性物質と標的認識物質から組成される医薬品の投与によって光感受性物質を標的細胞表面に選択的に運び、標的細胞に結合した光感受性物質へ、医療機器を用いて非熱性の光を照射することで、光感受性物質を励起(活性化)させ、生物・物理学的プロセスの誘導のもと、標的の細胞膜を破壊し、標的細胞の速やか、かつ選択的な壊死をもたらす技術基盤です。

米国がん学会でポスター発表した内容は、

  • 開発した抗体とIRDye® 700DXの複合体の薬剤を用いた治療が細胞膜を破壊しがん細胞の壊死を誘発する、独自の生物・物理学的プロセス
  • 光免疫療法ががん細胞の壊死を誘発し、がん細胞に対する免疫反応を惹起することを裏付けました。こちらは「免疫」の部分ですね。
  • 光免疫療法で治療したがん細胞をマウスに移植したところ、新たな移植がん細胞を拒絶しました。これは、光免疫療法が免疫原性細胞死を誘発し、ホストマウスの免疫反応を活性化することでがん細胞の生着を防ぐことを示唆しています。

楽天メディカル、どんどん研究を進めていますね。

周辺微小環境における免疫抑制状態の排除によって、局所及び全身の自然免疫や獲得免疫を活性化すると言われているわけですが、その効果ももっと詳しく解明してほしいものです。

なにしろ、一日でも早く膵臓がんに適用できるようにならないかなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です