AIを使って膵臓がんを早期発見

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

自覚症状がなく、見つけにくい膵臓がんですが、ステージ0やⅠで早期発見されれば、生存率は大きく向上します。

日本では「尾道方式」などの現場での工夫がされていますが、アメリカにあるイェール大学では人工知能にニューラルネットワークモデルを構築して、膵臓がんのリスクを予測しました。

その結果、80.7%の感度、80.7%の特異度、ROC曲線の面積0.85を達成し、高い精度ですい臓がんのリスクを予測することができたとのことです。

学習に使ったビッグデータは、①国民健康インタビュー調査(NHIS)のデータセット(645,217人の参加者、131人の膵臓がんのケース) ②前立腺、肺、結腸直腸、および卵巣(PLCO)の試験データ(154,897人の参加者、767人のすい臓がんのケース)

ANNの模式図。それぞれの箱と線はそれぞれニューロンと重みを表している。重みの数はニューロンの数に応じて急激に増加する。

このような単純なニューラルネットワークモデルで、上のような80.7%の感度、80.7%の特異度の成績とはすごいですね。

機械学習やAIなどを応用した医療技術がますます増えるに違いありません。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • テレビ朝日「人生の楽園」で私の町がテレビ朝日「人生の楽園」で私の町が 西田敏行さんのテレビ朝日系列「人生の楽園」、6月22日(土)18時からの放送は、私の生まれ育った町が紹介されます。 土佐くろしお鉄道 […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度も […]
  • 患者よ 混合診療解禁の口車に乗せられるな! 私の混合診療に反対の理由は、第一には昔の歯医者でのいやな思い出だろうか。しばらく歯医者には行っていないから分からないが、今でもそうかもしれない。歯科医に初診でいくと初診カードを渡 […]
  • CA19-9保険制限回数越えても「選定療養」で可能にCA19-9保険制限回数越えても「選定療養」で可能に 膵臓がんの治療効果などを判定する腫瘍マーカーCA19-9について、「個室部屋」などと同じ「選定療養」として扱うことが、13日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会で了承されました […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?期待のがん光免疫療法とは? 光免疫療法は「免疫療法」なのか 光免疫療法は主な使い方では「免疫」でがん細胞を攻撃するわけではありません。 […]
  • 給湯器が壊れて・・・給湯器が壊れて・・・ 風呂の給湯口からぽたりぽたりと水が止まらなくなったので、パッキンが劣化したのかと思ってメーカーに電話をして点検をしてもらいました。 ところが、本体の給湯器が寿命だと […]
  • がんの自然退縮ってどれくらいあるの?がんの自然退縮ってどれくらいあるの? 自然退縮は結構ある 治らないがんを宿した患者なら、誰しも「自分のがんだけは奇跡的に治って欲しい」と願うものです。そして、がんの「自然治癒」「自然寛解」「自然退縮」という現象 […]
  • 『がんと仲良く暮らす』ひろさちや・佐藤昂 『老いてはがんに従え』という佐藤昂氏の著作があります。読みたいと思いつつ、手に入れられないでいます。アマゾンで購入すれば簡単に手に入るのですが、私の本購入の基準は、まず区の図書館 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です