スポンサーリンク

AIを使って膵臓がんを早期発見

LINEで送る
Pocket

自覚症状がなく、見つけにくい膵臓がんですが、ステージ0やⅠで早期発見されれば、生存率は大きく向上します。

日本では「尾道方式」などの現場での工夫がされていますが、アメリカにあるイェール大学では人工知能にニューラルネットワークモデルを構築して、膵臓がんのリスクを予測しました。

その結果、80.7%の感度、80.7%の特異度、ROC曲線の面積0.85を達成し、高い精度ですい臓がんのリスクを予測することができたとのことです。

学習に使ったビッグデータは、①国民健康インタビュー調査(NHIS)のデータセット(645,217人の参加者、131人の膵臓がんのケース) ②前立腺、肺、結腸直腸、および卵巣(PLCO)の試験データ(154,897人の参加者、767人のすい臓がんのケース)

ANNの模式図。それぞれの箱と線はそれぞれニューロンと重みを表している。重みの数はニューロンの数に応じて急激に増加する。

このような単純なニューラルネットワークモデルで、上のような80.7%の感度、80.7%の特異度の成績とはすごいですね。

機械学習やAIなどを応用した医療技術がますます増えるに違いありません。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんの臨界点で奇跡が起きるがんの臨界点で奇跡が起きる 先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中に、複雑系の研究をされているという方がいました。このブログで過去に何度か複雑系とがんの関係について書いていますが、それを見てくださ […]
  • 今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』 久しぶりの「今日の一冊」ですが、これじゃ「今月の一冊」になってしまいますね。 「そのメカニズムからゲノム医療まで」と副題にあるように、がんの発生から成長、浸 […]
  • 今日の一冊(46)『バビロンの秘文字』今日の一冊(46)『バビロンの秘文字』 イラクのモスルの近くに、100万人のラガーンという架空の民族がいるという設定である。ラガーンには奴隷という意味がある。 しかし、ラガーンは独特のくさび形文字を持ち、どの民族 […]
  • 車検に、地震保険に・・・車検に、地震保険に・・・ 今日は愛車を車検に出しました。1ヶ月以上前に受けると早期割引があるので、このディーラーにしています。 使えるパーツはできる限り使う、壊れるまで使い倒すという営業姿勢の修理屋さん […]
  • スライドショー『巾着田の曼珠沙華』スライドショー『巾着田の曼珠沙華』     曼珠沙華ももう終わりですね。ずいぶんと涼しくなってきました。 花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思い出」「想うはあ […]
  • 今日の一冊(146)『僕のコーチはがんの妻』今日の一冊(146)『僕のコーチはがんの妻』 ぎっくり腰のせいで間が5日空きましたが、だいぶ良くなってきました。大掃除も止めました。無理をしない正月を迎えようと思います。 前の記事『味覚喪失~ひとは脳で食べてい […]
  • がん患者のインターネット活用術(2)怪しい広告をブロックがん患者のインターネット活用術(2)怪しい広告をブロック がんを告知されて間もない方が、インターネットで情報を検索しようとすると、トップに表示される広告に興味を惹かれて、トンデモ医療に誘導されることがあります。 そうしたことにな […]
  • のんびりと 今年の正月は、雑煮を食って糖質ゼロの酒を飲み、昨年中に「ツンドク」に加わった本のいくつかを読み、それに飽きたらチェロを弾き、また本を読みの繰り返し。テレビはほとんど見ずにパソコン […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です