光免疫療法:膵臓がんへの適用は長期的ビジョンで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「光免疫療法」の頭頸部癌治療薬が世界初承認されてニュースで話題になっていますが、他の癌腫に対してはどうなのでしょうか。

胃がんや食道がんに対しては「医師主導治験」で進んでいるようですが、

楽天メディカルジャパンは同薬を皮切りに、特定の細胞に光感受性物質を運んで光を照射することで標的の細胞を壊死させる治療技術基盤、「イルミノックスプラットフォーム」の開発を進める。同記者会見で登壇した楽天メディカルCSO(チーフ・サイエンティフィック・オフィサー)のミゲル・ガルシア・グズマン氏は、「医師主導治験として、胃癌や食道癌の治験も進めている」と言う。楽天メディカルジャパン代表取締役会長の三木谷浩史氏は「長期的なビジョンとしては、膵臓癌のような難しい治療にも挑戦したい」と展望を語った。

やはり膵臓がんへの適用は課題が多いのでしょうか。

膵臓がんへの適用が難しいのは、手術不可の膵臓がんは遠隔転移があるか、もしくは大きな血管に腫瘍が巻き付いている場合です。

後者の場合、光免疫療法ではみるみるうちに腫瘍が溶けるように消失します。すると血管を塞いでいた腫瘍が無くなることで、その部分に穴が空き、大出血を起こすことになります。

腫瘍は消えたが、患者は死んだ。これでは使えません。光免疫療法がじわじわと効いて、消えた腫瘍が正常な細胞と置き換わる程の時間が必要です。がんを消すのは簡単だが、患者を殺さないようにするのが難しい。これって、抗がん剤でも同じですよね。大量の抗癌剤を投与すればがんは消えるが、患者の命が持たない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者のためのインターネット活用術 (15) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 心と癌と量子力学の関係(4) 私たちの常識では、「離れた場所にある別々の物体は、別のものである」と考えます。カラスと鳩が右と左の空に浮かんでいれば、別の鳥です。カラスが鳩を襲うためには、空を横切って鳩に近づか […]
  • モーツァルトと脳内物質ドーパミン 音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。多くの書籍でも紹介され、音楽療法 […]
  • ゴリラを買いました。 ゴリラを飼いました。いや、買いました。実はゴフリラー(モデル)のチェロを買いました。 念願のアンティークチェロを入手。このチェロはカザルスが愛用していたことで有名で、カザルスは、 […]
  • 丸山ワクチンを使って食道がんを克服丸山ワクチンを使って食道がんを克服 頑張りすぎてボロボロになって死を迎えるのと、がんと適当に折り合って気分良く死を迎えることができるのと、どちらが良いか私には自明の理であるように思われる。その点親父贔屓ではないが、 […]
  • シーシュポスの神話シーシュポスの神話 東電福島第一原発の汚染水の問題は、まるでシーシュポスの神話ですね。神々の怒りをかったシーシュポスが大きな岩を山頂に押し上げるという罰を受ける。しかし、山頂に運ぶあげた瞬間に、岩は […]
  • 卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】 先日のNHKスペシャル「がんワクチン~夢の治療薬への格闘~」につてい、卵巣がん体験者の会スマイリー:片木美穂代表が全面的で適切な批判の意見をアップされています。 2012年11月 […]
  • 医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん 3月の誕生日を迎えることは難しいと言われていた、医師で僧侶で末期膵臓がんの田中雅博さん。まだ死にそうにないから、「少し伸びたいのちの使い方」を語っています。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です