スポンサーリンク

がん治療の費用対効果

LINEで送る
Pocket

分子標的薬が次々と承認され、免疫チェックポイント阻害剤もいずれ多くの癌腫に効果があるとして承認されるだろう。がん患者としては期待もしている。

しかし、その薬価を見ると唖然とする。非小細胞肺がんに承認されたニボルマブは、1人に1年投与すると約3400万円かかる。効果があり、長生きするから長く投与することになる。投与し続け中止する時期を判断することも難しい。

第56回日本肺癌学会学術集会のシンポジウム「肺癌新治療の費用対効果」には満員の聴衆が参加したそうである。

費用対効果から考える肺癌治療のあり方【肺癌学会2015】
医療の進歩が国家を破綻させる

仮に非小細胞肺癌の治療薬ニボルマブ(オプジーボ)を1年間投与すると、約3400万円かかり、患者数の多い非小細胞肺がん患者10万人に投与すると、3兆4000億円かかることになる。これでは国の財政が崩壊する。他の癌腫にも同様の薬がどんどん出てくれば、国家予算の半分ががん治療費なんてことにもなりかねません。国保の加入者が一人がんになったら、その自治体の保険財政は破綻しかねません。保険料を上げるしかないが、それにも限度がある。「なぜいやなあいつの医療費のために、私の保険料が上がるのか?」小さな共同体ではそんな恨み辛みにもなりかねない。

そうした背景もあって、「肺癌新治療の費用対効果」のシンポジウムが開催されたのですが、そこでは「75歳以上には対症療法しか提供しない」との解決差ものあり得るという話も出たそうです。

根本は薬価が高すぎることです。こちらの記事にも書きましたが、

  1. 医療費に関するウソ
  2. ニボルマブって幾らでしょうか?

アメリカの製薬企業のいいなりに薬価を決めている厚生労働省の考え方が問題でしょう。「医療を破壊したい厚労省」とでも言いたくなります。

若くてまだ就学時の子供がいるような患者には、効果のある薬を投与してやれば良い。75歳以上は我慢をしてもらって、治療はしない。こんな制限でも必要になるかもしれません。

しかし、数ヶ月の延命効果とかの、わずかな効果しかない薬ならまだ諦めもつきますが、ニボルバムのように治癒する例がある薬なら、90歳であろうと簡単には諦められないでしょうね。よく効く薬が高価だから、深刻な問題になります。高額療養費制度によって、本人負担は高所得者でも一ヶ月18万円ほどですから、国の財政や将来の世代のことを考えて、私は治療はしない、などという人はいないんではなかろうか。

ニボルバム(オプジーボ)には更にこんな問題もありそうです。肺がん患者の会ワンステップさんに「ニボルマブに関する要望書」との記事があります。

今月中に免疫チェックポイント阻害剤・ニボルマブが保険認可されそうですが(17日に承認)、たとえ認可されても使えない、という気配が出てきました。同時に、この薬の登場に当たり、患者自身が考えるべきことも見えてきている気がします。

DPCとは、入院患者さん1日当たりの定額の点数をもとに医療費の計算を行う制度です。診療行為ごとの点数をもとに計算する「出来高計算方式」と異なります。がん拠点病院はほぼこのDPCを採用しています。しかし、ニボルマブの投与は、一ヶ月およそ300万円かかります(患者は数万円程度の負担となる。高額療養費にあたるため。)。DPCの計算では、治療費の半分以上を各施設が負担しなければならない計算です。事実上、初回入院の治療が行えなくなる懸念があります。初回治療を各病院が入院で行っても、各施設での負担が少なくなるように、出来高算定での保険請求ができるように要望します。

外来治療へ移行するまでの初回の入院治療をした場合、病院が大幅な赤字になる。したがって、患者に投与することをためらう、ことにもなりかねないようです。
日本肺癌学会の要望書

オリンピックなんか辞退してしまって、運営費1兆8000億円や競技場の建設費をこちらに回して欲しいもんだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 都議選の結果に思う都議選の結果に思う 東京都議選の結果は、大方の予想通りで、民主党が惨敗して自民党が議席を回復、公明党が全員当選で、自公で過半数を超えました。ここまでは私の予想もその通り。予想外(想定外?)で驚いたの […]
  • 抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」   抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付く […]
  • 古稀の誕生祝い古稀の誕生祝い 古稀とは数え年での70歳ですから、本当は昨年のはずですが固いことは言わない。昨夜は子どもたちが古稀の誕生祝いをしてくれました。 場所は立合川の『蕎麦会席 […]
  • 国がネオアンチゲン療法の効果を認めた?国がネオアンチゲン療法の効果を認めた? この前の記事「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」にイチリキさんからコメントをいただいていますが、返信は長文になりそうなので、こちらに載せます。 イチリキさんのコ […]
  • がんワクチンの話題がんワクチンの話題 膵臓がんのペプチドワクチン「エルパモチド」の第三相臨床試験で有意差が出なかったことで、急速に期待感がしぼんでしまったがんペプチドワクチン。最近はその情報にもあまり接することがなく […]
  • 今日の一冊(89)『統合医療の真実』今日の一冊(89)『統合医療の真実』 著者の篠浦伸禎氏は、都立駒込病院で脳神経外科部長を務める脳外科医です。脳外科と統合医療? どんな関係があるのか? 関係なさそうだけど? […]
  • 今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義 私の生き方は、やがて死ぬという事実にどのような影響を受けてしかるべきなのか。必ず死ぬという運命に対して私はどのような態度をとるべきなのか。例えば死を恐れるべきなのか、やがて死ぬと […]
  • ゲノム医療のお役立ちサイトゲノム医療のお役立ちサイト 膵臓癌でもゲノム医療やリキッドバイオプシーが話題になっています。今後も遺伝子変異に対応した分子標的薬はどんどん開発されると期待をしています。 そのようなゲノム医療の分野で […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です