スポンサーリンク

腹膜播種を伴った膵癌でも手術できることがある

LINEで送る
Pocket

膵臓がんが転移をして腹膜播種を生じた場合は、通常は手術を適用はできません。

しかしがん治療にはいつも例外があります。ですから、あきらめないで治療を続けることが大切です。

こちらは青森市民病院の開始に載った症例です。

切除境界性膵癌と診断された後、アブラキサン&ジェムザールで術前化学療法を2コース施行し、腫瘍の縮小が認められたため手術を行いました。しかし腹膜播種があったため試験開腹となり中断。その後FOLFIRINOXを17コース施行後、腫瘍の更なる縮小があったのでコンバージョン手術を行いました。

症例は67歳、女性。膵頭部癌および周囲臓器への浸潤あり、切除境界膵癌と診断。術前化学療法(Gem+nab-PTX)を開始した。計2コース施行した時点で画像上、腫瘍の縮小が認められたため、手術施行した。しかし、腹膜播種結節認め、迅速診断にてadenocarcinomaとなり、試験開腹となった。術後に二次化学療法として、FOLFIRINOX療法を開始した。9か月間、計17コース施行後の造影CT検査にて、主腫瘍のさらなる縮小、FDG-PET検査にて腹膜や肝臓を含め異常集積を認めなかったため、Conversion Surgeryとして、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理所見では、化学療法による線維化を認めたのみで、膵頭部を含めて異型腺管などの所見はなく、根治切除と判断した。現在、術後化学療法中であるが、術後9か月無再発生存中である。腹膜播種を伴っていても、化学療法が奏功し、Conversion Surgeryにて根治切除が可能となり、長期生存が得られる可能性が示唆された。

青森市民病院医誌24巻

67歳の女性でFOLFIRINOXを17コースというのは、ご本人も相当頑張ったんでしょうね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 沖縄戦「集団自決」沖縄戦「集団自決」 国語の試験問題です。 以下の三つの文章を比較して、どこがどのように変わったのか。なぜ、このような変更をしなければならなかったのか。そのねらいは何か、を述べよ。 […]
  • 緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明 緑黄色野菜の抗がん効果に関してはこれまで、疫学的には様々なデータがあるといわれてきました。がん予防には野菜や果物、ファイトケミカルを摂ることはいわば常識のようになっていたのですが […]
  • 関東の全域が放射線管理区域になる関東の全域が放射線管理区域になる 足柄の新茶の生葉がセシウムで汚染されていると書いたが、今日は、3月下旬に採取された東京都の下水の汚泥から放射性物質が検出されたと報じられた。東京都江東区の下水処理施設「東部スラッ […]
  • 伊豆高原の桜伊豆高原の桜 伊豆高原の桜祭りへ行きました。伊豆高原の桜祭り会場はこんな感じ。 しかし、桜並木のソメイヨシノはまだ蕾が多く、5分咲きくらいかな。 祭りのメイン会場よりも、観光客 […]
  • 笑っちゃう 『がん難民119番』 NPO法人 がんコントロール協会代表の森山晃嗣氏の『がん難民119番』がおもしろい。どのようにおもしろいかというと、笑っちゃうほどおもしろい。 開いて先ず違和感を持った。活 […]
  • 国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験 光免疫療法(近赤外線免疫療法)がいま話題になっています。 11月12日の『第3回がん撲滅サミット』に、開発者である米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が講 […]
  • 「人生会議」ポスター、これも忖度?「人生会議」ポスター、これも忖度? 11月30日は「いい看取り」と読ませて「人生会議」の日だそうです。 人生会議のポスターが公表され、がん患者団体などから猛反発を受けて、わずか1日で発送中止になったこ […]
  • 今日の一枚:夜のカフェ今日の一枚:夜のカフェ 外観を黒で統一したおしゃれなカフェ。マンションの一階でオーナーが趣味でやっているような、めったに客を見ないカフェです。 夏場はカフェの前にテーブルを出してかき氷なども提供し […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です