どーもの休日

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

膵臓がんで、生まれた歳も同じ1948年の近藤彰さんは、ブログ「どーもの休日」を書かれていた方。最後のブログにはこう書かれていた。

すい臓がんの末期患者になってから始めたこのブログもいよいよ最終回である。
本音を言えば、せめて70歳までは、せめて子供が結婚するまでは生きていたかった。その意味では誠に残念・無念である。
しかし運命には逆らえない。あの世にもいろいろ事情があるのだろう。そう思って少しは明るい気分で逝くことにしたい。
(中略)
末期がん患者になって心配したのはウツになり人生の晩年を暗い気持ちで送ることであった。振り返ってみると幸いなことに極端なウツ症状はなく比較的穏やかな精神で生活が送れたのではないか。そう思っている。(中略)
立派に生きていくのは難しいものだが、立派に死ぬのもなかなか難しいもの。
若い頃から無常観について惹かれて関心があったのも少しは悟りに役立ったかもしれない。(中略)
本当にありがとうございました。皆様のご多幸を祈念しております。さようなら。

どーもの休日―元NHK記者と家族の“末期がん闘病記”

どーもの休日―元NHK記者と家族の“末期がん闘病記”

近藤 彰
1,650円(01/20 18:07時点)
発売日: 2014/11/01
Amazonの情報を掲載しています

末期の膵臓がんと奮闘されたが、2013年11月2日に残念ながら亡くなられている。当時近藤さんのブログをはらはらしながら読んでいた。がん研の漢方サポート科も受診されていたようだから、もしかしたら病院内ですれ違っていたかもしれない。

出版された闘病記を読んでいたら、高校野球のことが書かれてあり、どうやら高校時代は高知県立室戸高校を卒業されたらしい。私はその隣の安芸高校である。ともに甲子園には過去一度だけの出場という、高校野球のさかんな高知県では、いつも悔しい思いをした高校である。これもまた偶然か? 近藤さんにさらに親近感がわいてくる。

苦労された方のようで、新聞奨学金制度を利用して東京の大学へ、というのも私と似通っている。まさにペギー葉山の「南国土佐を後にして」である。大学紛争に翻弄され、なんとかくぐり抜けてきた世代であった。アルバイトと大学紛争で、ろくに授業には出ていない。

NHKの記者として、赴任先の名古屋では愛知県の管理教育や土壌汚染など社会問題を厳しく追及した彼らしく、死を前にしながらも今の政治、戦争への危機、解釈改憲にするどい批判の文を書かれていた。現在の籾井会長の、時の権力におもねるような姿勢と尊大な態度を見たらどう思っただろうか。

生前にもっとコメントをしておけば良かったと悔やまれる。いずれはあの世で、カラオケ好きの近藤さんとデュエットで「南国土佐を後にして」でも歌おうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 『てるてる坊主食堂』届きました。『てるてる坊主食堂』届きました。 のりぽきーとさんが、がん病院の待合室において、多くの方に読んでほしいと、クラウドファンディングで資金を集め、出版にこぎつけた『てるてる坊主食堂』が届きました。 お礼 […]
  • 今日の一冊(118)『新章 神さまのカルテ』、SAKUさんのことも今日の一冊(118)『新章 神さまのカルテ』、SAKUさんのことも 医療には答えのない世界がある。 難病の診断、最先端の治療、最高の抗がん剤治療、そういったものについては膨大な知識と手段を有する医療は、しかし「死」を前にしたときにわかに沈黙する […]
  • 闘病記『ステージⅣbからの脱出』闘病記『ステージⅣbからの脱出』 園田医師の最初の言葉が「私の治療法は標準治療ではないよ」というものでした。 当時の甲南病院のサイトには次のように書かれていました。 「下町ロケット」のごとく、革新的なアイ […]
  • 今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」 膵臓がん患者は、希望が持てる最新の正しい知識を求めているのです。そうした患者の要求に応えようと、ある程度努力した内容となっています。ある程度と書いたのは、再発、転移後の治療法に関 […]
  • 今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子 怖くて考えたくなくて、消えて欲しい、その存在が消えて欲しい。けれども、そこにあるまま、そして、受け入れることができないまま、それでもいいのではないかと思って、最後まで生きるしかな […]
  • 今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏 膵臓に関心がない糖尿病専門医 「20年間も大病院の糖尿病専門外来に通っていたのに、気づいたら膵臓がんの末期でした」とか、「糖尿病の治療はずっと続けていたけれど、膵臓の検査を […]
LINEで送る
Pocket

どーもの休日” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    アセットさん。
    私も夫婦のキジの話には目がうるうるでした。近藤さんの奥さんは、「死んだキジは子供だったのかもしれないね」と言ったとか。

  2. アセット より:

    あーあ、よく覚えています。
    近藤さんの最後のメッセージ、泣けてしょうがありませんでした。
    当時、入院中だった私は気が沈んでいました。
    ブログの中で、特に、夫婦のキジの話は、
    何度読んでも泣けてきます。
    思い出しました、ありがとうございます。
    アセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です