『あなたの癌は、がんもどき』近藤誠

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

あなたの癌は、がんもどき
近藤誠氏が12月7日発売で『あなたの癌は、がんもどき』を出版しています。早速購入しました。

医学界に大論争を巻き起こした『患者よ、がんと闘うな 』(文藝春秋)から15年、孤高の医師、近藤誠が沈黙を破って今語る。最新臨床データに基づく「がんもどき理論」の最終見解!論争再燃必至!

だそうです。購買意欲をそそりますね。

近藤理論については、正直なところ評価を迷っています。彼の理論的な記述に反論するほどの専門的な知識はないし、かといってがんには「本物のがん」と「がんもどき」があり、本物のがんは発見されたときには既に転移しているという主張には、納得しがたいものがあります。柳原和子さんも『がん患者学』で、近藤氏と親密に付き合いながらも彼の理論に納得したり反発したりと揺れ動いている心情を正直に書いています。

私の場合も、自分に当てはめたらどうなのだと考えたとき、一層分からなくなります。結局「私の場合、手術したことがまちがっていたのか」という問いに明確に回答をすることができません。膵臓がんで、手術できるにもかかわらず手術をしないということは、賢明な選択とはどうしても思えない。しかし、近藤理論では手術はデメリットの方が多いと言います。ですが、手術を拒否していれば、確実に私は今生きてはいないでしょう。

近藤理論に対する私の当面の結論は、膵臓がんでは「がんもどき」は希であるはずだ。つまり膵臓がんはほとんどが「本物のがん」と考えて対処すればよい、というものです。5年生存率4%程度ということは96%が亡くなるのだから「本物のがん」ということになる。したがって、膵臓がんについては近藤理論の妥当性を考える必要はない。しかし、転移や再発の場合に抗がん剤をやるべきかどうかという点については、近藤理論を整理しておく必要がある。これが当面の結論です。

今回の本では近藤氏のこれまでの主張を一部変更した点もあると書かれています。まだ三分の一ほどしか読んでいませんが、これまでの本よりは患者に分かりやすく書かれているようには思います。「ガンの患者学研究所」との関連で言えば、自然退縮は結構経験しているとも書かれています。自然退縮はがん細胞の遺伝子プログラムでアポトーシス(細胞の自殺)をスタートさせるスイッチが押された時であろうと示唆しているのが印象に残りました。

第8章の「臓器転移と局所再発-そのとき患者は何を選択すべきか」は、私の解決すべき疑問でもあります。再発したときには「無治療でいく」ことを選択肢の1つ(他はペプチドワクチンと休眠療法)にしていますが、近藤氏がどのように主張するのか気になります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 軽減税率って?軽減税率って? 消費税の軽減税率で自民党と公明党の猿芝居がみていられない。 公明党としては党内の不満を抑え込んで安保法案に賛成した手前、軽減税率でも譲歩したら「どこまでもついて行きます下駄の雪」 […]
  • 6月1日から医療広告規制が始まった6月1日から医療広告規制が始まった 前回の『比較:免疫細胞療法クリニック』では代表的な免疫細胞療法クリニックを取りあげましたが、それら以外にも本当にたくさんのクリニックがあります。 Webサイトの片隅に「延命 […]
  • 処方箋もオンラインで処方箋もオンラインで オンライン診療が話題になっています。こんなアプリも登場してますね。 でも、診察はしたけど、薬の処方箋はどうするんだろう。 処方箋って確か原本でないと薬 […]
  • リハビリを兼ねて富士登山に挑戦!リハビリを兼ねて富士登山に挑戦! 人間って、三日も歩かないと筋肉が弱るものなんですね。 今日は外出許可が出たので、リハビリ目的で富士山に登ってきました。といっても、品川神社にある富士塚(品川富士)です。 […]
  • 情熱大陸「肝胆膵外科医:上坂克彦」治らないがんを治るがんへ 明日1月10日(日)23時からの『情熱大陸』(毎日放送・TBS系)は、静岡がんセンターの肝胆膵外科医、上坂克彦先生です。 膵がんの術後補助化学療法としては、ゲムシタビンが長く使わ […]
  • 光免疫療法の2つの記事光免疫療法の2つの記事 「近赤外光免疫療法後の腫瘍における超浸透性および保持(SUPR)効果の向上」 光免疫療法をDDS(Drag Delivery […]
  • 週のはじめに考える「言わねばならないこと」週のはじめに考える「言わねばならないこと」 ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、と […]
  • 『松田さんの181日』 死ぬ運命は真っさらにして、知らぬが如くに生きる オール讀物新人賞を受賞した平岡陽明の短編集。 表題作『松田さんの181日』は、カネも女も才 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です