腕を元の位置に戻す神経細胞

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今月は毎週のようにチェロのレッスンが続きました。自宅での練習もほぼ毎日のようにチェロを出しては短い時間でも弾くようにしています。Photo_4

レッスンは108回目でちょうど丸3年になると先生。そうか、早いものですね。時の経つのは早いが上達は遅いなぁ。「野バラに寄せて」が今の課題曲。第一ポジションでA線のシからはじめて3小節目の3番目の音ミで第4ポジションになる。4小節目のミから再び最初の音シにスラーで戻る。このとき左指の位置がきちんと元の位置に戻らなければならないが、これがなかなか難しい。何しろ左手はほぼ耳の位置にあるので、目で確認することはできない。どうするかというと腕と肘の角度で覚えるしかない。肘の高さを同じ高さに保っていないと、角度もいい加減になるので、どうしても下がり気味で高い音になってくる。練習で覚えるしかない。

進化しすぎた脳 (ブルーバックス)

練習で記憶するとはどういうことか。脳のどこが記憶するのか。脳細胞のシナプスが電気信号として記憶するのだろうか。記憶ということすらまだ科学的に明らかになっているとは言い難い。おもしろい話しを見つけた。講談社ブルーバックスの『進化しすぎた脳』にこう書かれていた。

「いつでも同じ場所に腕を移動させる神経細胞」
これは2002年5月の『ニューロン』という雑誌に載ったもの。脳のいろいろなところを刺激して調べていく過程で、この研究者たちはおもしろい場所を見つけたんだ。(略)
最初は腕がどこにあってもかまわない。だけどある場所を刺激すると、その直前まで腕がどこにあろうと、ある場所にきっちり移動する。これはものすごく画期的なことなんだ。
どうしてかって言うと、その神経は単純な運動を司るのではなくて、どういう風に腕を動かしたらいいのかをコントロールしている。つまりプログラムしている。

これまではある神経を刺激すると、ある筋肉が収縮して、身体の関節通りに動作するような現象はわかっていた。こうした単純な動作だけではなく、連続した複雑な動作を司る神経細胞が見つかったという画期的な論文です。この実験はサルで行ったのですが、口に手を持って行くという動作はある神経細胞群にプログラム化されて記憶されているという。ほかにも顔の筋肉がこのように動き、ある決まった表情になるなんていう神経の領域があるらしい。「手に職を付ける」とよく言うが、これは「脳細胞に職を付ける」と言い換えた方がよいかもしれない。

チェロで左手の人差し指を元のシの位置にもってくる神経細胞を育てなければ、正しい音を出すことは難しいということになる。どうすればその神経細胞ができるのか、そのための効率的な練習方法があるのか。いろいろと試行錯誤している。

記憶とは、こころとは、免疫とは何か。脳という小宇宙を探検してみたくなった。

「小宇宙」と書いたが、宇宙と脳や神経、レセプターとは本当に繋がっているかもしれないという。脳や癌細胞の表面で行われる化学反応、レセプターと情報伝達物質の反応は量子化学的にみれば電子レベルでの反応であり、電子の位置に大きく依存する。そしてボーアの不確定原理、相補性によれば、電子の位置とエネルギーを同時に正確に測定することはできない。電子の位置は測定するまでは確率の波として、一個の電子が全宇宙に広がっていると考えざるを得ない。もちろん、遠方ではその確率が限りなくゼロに近くなるが、ゼロではない。

このようなことを今考えて調査しているが、いずれ紹介したい。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 東京はニューヨークになるか東京はニューヨークになるか 東日本大震災のときにも活躍した児玉児玉龍彦先生、金子勝氏らの動画。4月4日のものですが。 これを見なく今の日本の状況は語れない。 東京で97人感染、とかマスコミで語られるが、分母 […]
  • 膵臓がんの緩和ケア膵臓がんの緩和ケア 一般に膵臓がんの終末期の痛みは、コントロールが難しいのですが、膵臓がんブログでも最期はほとんど痛みがない方も結構いるので、あまり悲観的になる必要はありません。しかし、経験の浅い未 […]
  • 湯島聖堂と神田明神、免疫細胞療法のセミナー湯島聖堂と神田明神、免疫細胞療法のセミナー 神馬の「あかりちゃん」 日差しが暖かく、梅もそろそろほころぶかなという神田川界隈を散策して、湯島聖堂と神田明神に行ってきました。まだ初詣の余 […]
  • 一週間の禁酒が開けたから、呑み明かそうぜ。一週間の禁酒が開けたから、呑み明かそうぜ。 大腸のポリープ切除をしてから今日で8日目になります。1週間はアルコール類は禁止と言われておりましたから、ずっとノンアルコールビールで我慢をしてきましたが、今日はいよいよアルコール […]
  • 副作用は軽視しがちだから・・・副作用は軽視しがちだから・・・ TS-1の添付文書の副作用の項には 5)重篤な腸炎(0.5%) :出血性腸炎、虚血性腸炎、壊死性腸炎等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛・下痢等の症状が […]
  • 一年経ちました。一年経ちました。 このブログを書き始めて、今日がちょうど一年目です。 膵臓がんのことを知れば知るほど、一年間も元気で生きながらえてきたことに感謝の気持ちでいっぱいです。癌患者はどうしても悪いほうへ […]
  • がんの最後は痛いのか?がんの最後は痛いのか? 土日は体調を崩してしまい、終日家で休養していました。Pancanのパープルリボンキャラバン2010に参加を予定していましたが、取りやめ。中村祐輔教授らの話を聞きたかったのですが、 […]
  • 「がんナビ」で紹介していただきました。「がんナビ」で紹介していただきました。 『膵臓がん患者と家族の集い』が「がんナビ」で紹介されています。 正直驚きました。私からは何の依頼もしていないからです。 佐藤先生は、ご存じのように、膵臓がん専門の外科医であり […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です