抗がん剤の投与

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

最初の抗がん剤投与。
体重が63.5キロに落ちているので、それにあわせてジェムザールの量を決める。

私の斜め前で抗がん剤を投与していたのは、24,5歳くらいの若いお母さんで、母親が点滴をしている横の椅子に腰掛けて小学生らしい姉と弟が静かに絵本を読んでいた。そうか、今は夏休みなんだ。だからお母さんの病院に付いてきたんだろうな。

ときどきお母さんに何かを質問して、それに対して優しそうに答えている様子が、若いがゆえに何とも痛ましくもあり微笑ましくもあり。乳がんなんだろうか。

11時の診察予約が、すべて終わったのは16時。医療費の24,000円にはびっくりした。

明日から手術後初めての出張だ。この暑さも加わって、3日間耐えられるか少し心配だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です