スポンサーリンク

膵臓がんから15年を生きて(1)

アジサイの季節はがん記念日

アジサイが咲き始めると、「そうか。もう1年経ったのか」と感じます。

6月はアジサイの季節であると同時に、膵臓がんを告知された記念日でもあります。

15年という節目でもあるので、告知された当時のことを振り返って再確認しておきましょう。

当時、体重が84kgで、ウエストが1 m 近くあった私は、当然のように境界型糖尿病と言われて、糖尿病専門の内科クリニックに通っていました。

体重を減らすべく努力をしていたのですが、なかなか減量につながりません。ところがあるときやっと体重が減り始めました。と同時に血糖値が急速に上がり始めたのです。

先生曰く「体重が減るのは必ずしも良いこととは限りませんよ」

たまたま会社の健康診断が近づいていたので、先生の勧めもあってオプションで超音波検査を追加しました。

さらに先生から「膵臓を丁寧に検査してもらいなさい」と言う助言を受けました。

受付では「追加の超音波検査は自費になりますが・・・」と言われたが、お願いした。

検査技師は若い女性でした。彼女に「内科の先生が膵臓がんを疑っているようなので、特に膵臓を念入りに見てください」とお願いして検査を受けた。

上体を少し起こして45度の位置で超音波を当てる。経験豊富な検査技師さんのようだ。

私には無言で、若い技師さんが、廊下をすっ飛んでいくのがガラス越しに見えた。そして直後に「診察室に来てください」との呼び出し。

「膵臓に影が見えます。私は良性だと思うけど、急いでCT検査を受けたほうが良い。どこにしますか?」との説明だった。

良性のはずはないよな。素人でも分かる。膵管が拡張している。黄色の部分に影が見える。

ま、落ち込まないようにと慰めだったのだろう。

こうして2007年6月の怒涛の一日が始まった。(つづきます)

膵臓がんから15年を生きて(2)

膵臓がんから15年を生きて(3)

『膵臓がん患者と家族の集い』参加申込み受付中です。

有料開催にもかかわらず、すでに18名の方から申込みが参っております。

60人くらいでワイワイとやりたいので、たくさんの参加をお待ちしております。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す