何となく引っかかる「闘病記」ということば

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

このブログを立ち上げたときのタイトルは「膵臓がん闘病記」でしたが、「闘病記」ということばになんとなく否定的な感触を覚えるので「サバイバーへの挑戦」と変えたのが昨年の8月でした。変更の理由をこのように書いています。

ヒロインは死んでしまうのですが、これが「闘病記」として一番先に頭に浮かんでくるのですね。言葉自体が暗いイメージです。私は死ぬつもりはありませんの
で、となるとこのタイトルはちょっとまずいんではないかと思い初めました。そうなると気になります。で、タイトルを変えてしまおうという結論です。

TOBYO』というサイトが2008年2月から開設されています。ウェブ上でさまざまな患者が発信している闘病記を紹介したサイトですが、この開発された方のブログにこのようなことが書かれています。

一般に「闘病記」を語るときに、「勇気をもらえる」とか「元気が出る」などの表現が用いられることが多い。だが、これは本当にそうなのだろうか。何か歯の浮く過剰な美辞麗句に過ぎないような気もする。(略)
健康者のわれわれが「闘病記から勇気がもらえる」などと能天気にもてはやすのとは逆に、この闘病者のように「辛い苦しい悲観的な情報をみつけたら気の小さい私は当然落ち込む」と考えたり、「なるべく悲惨な事例は知りたくない」と考える人も確かに存在するはずなのだ。

ウェブ上にはいろいろな闘病記がありますが、私もあまりそれらを探索するということはしないですね。どういうものを探索するかというと、自分の癌に役立つ情報がある、病状が改善しているなど希望を与えてくれる、膵臓がんについて私の知らない情報がある、このようなブログをGoogleリーダーに登録して更新をチェックしています。

「闘病記」を読んでいると、亡くなった患者に代わって家族が感謝の言葉を書いていたり、症状が悪化しているという書き込みの後、何年も更新がなかったり、そんなブログに出会うとこちらも心が穏やかではなくなります。癌と果敢に闘い、充実した人生の終幕を過ごすことは大切なことだと思います。でも「闘病記」映画やドラマと同様に、あまり読みたくはないという気持ちです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ストロンチウムの怪(つづき) 文科省の見解について、放射能防御プロジェクトに琉球大名誉教授の矢ヶ崎克馬先生の見解が載っています。文科省の測定結果は「福島由来とは言えない」の証明になっていないという見解です。 […]
  • 工場夜景、川崎地区を回ってきた工場夜景、川崎地区を回ってきた 昨夜、川崎の工場夜景を、同好の相棒と2人で撮影してきました。天気予報では風速6mとのことだったので三脚がぶれないかと心配でいしたが、ほとんど風のない状態でした。しかし結構寒かった […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
  • 死んだら心はどうなるのか?死んだら心はどうなるのか? 予後の悪いがん、治らないがんを宿した患者は、死んだらどうなるのか? […]
  • ビタミンDの腫瘍予防効果ビタミンDの腫瘍予防効果 このところビタミンDが心臓病やがんの予防に有効であるというエビデンスが急増しているようです。「海外癌医療情報リファレンス」を翻訳したものが「がんサポート情報センター」に「ビタミン […]
  • 実例報告「私は切らずにがんが治った」実例報告「私は切らずにがんが治った」 次郎 「週刊現代」の特集記事がアップされているけど、 「病は気から」は本当だった!実例報告「私は切らずにがんが治った」 確かに自然治癒はあるのだ […]
  • 中川恵一 × 近藤誠 (2)中川恵一 × 近藤誠 (2) 中川恵一氏は『放射線のひみつ』の冒頭に、この本で言いたいことのまとめとして次の点を挙げている。 […]
  • 車のオイル交換は一年一回でよい車のオイル交換は一年一回でよい 一年ぶりに愛車ハリアーのオイル交換をした。前回は昨年の7月だから正確には1年2ヶ月ぶりになる。この間の走行距離は約10000キロ。入院後のここ数ヶ月はほとんど走っていないから例年 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です