心と癌と量子力学の関係(3)

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち)またその中に沫雪ぞ降る

良寛にこんな歌があります。三千大千世界を「みちあふちImg038」と読ませ
ていますが、三千大千世界とは、仏教における宇宙論を表わす言葉です。我々の住むこの世界は須弥山(しゅみせん)を中心として周囲に4つの大陸があり、その周りに九山八海があるとされています。この世界が千個集まったものを小千世界といい、小千世界が千個集まって中千世界、さらにこれが千個集まって大千世界となります。大千世界には小・中・大の三つの世界が含まれているので、これを三千大千世界ともいいいます。つまり、10億の小世界(我々の住む世界)が階層状に集まっていると考えるのが仏教の宇宙論です。

良寛の歌は、冬の越後の五合庵に降る一粒の雪の中に10億の小世界が見えている、その10億の世界のそれぞれにまた沫雪が降っている。更にその沫雪の中にも10億の小世界があり、その中にもまた沫雪が降っている・・・・・。と幾重にも世界が重なり合ってどこまでも続いています。また、いま良寛が見ている沫雪の降っているこの世界も、さらに大きな沫雪の中に含まれている、その世界もまた更に大きな沫雪に・・・・。こうして大きい方にも幾重にも世界が重畳している。沫雪は「泡のようにはかなく消えていく雪」のことです。この世界も実は沫雪のように刹那刹那に、はかなく消えていく。何とも壮大な歌ではないですか。

仏教では、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた者は、いつも一人だけである。私たちのリーダー(仏陀)はある期間をおいてしか現われないとしてきました。2500年前に現われた仏陀が釈尊(お釈迦様)であり、次の仏陀が現われるのは56億年後の弥勒菩薩まで待たなければならない。しかしそんなに待ってはいられない。何とかしてこの自分が住んでいる時代で仏陀に会える方法はないか、ということでこんな考えをするようになったのです。

それは、この世界とは別の世界が平行して存在している。平行している10億もの世界があれば、そのどれかには今現在、弥勒菩薩が生きているかもしれない。また、特別な世界では、限りない寿命を持った仏陀がいるかもしれない、これが極楽世界の無量寿仏(阿弥陀如来)という概念になっていく。三千大千世界という概念が生まれてくる。

これはまさに「多世界解釈」ですよね。量子論を論理的に突き詰めていけば、この世界は瞬間毎に分岐していくたくさんの世界から構成されていると考えざるを得ない。仏教でもこの世界は階層化されたたくさんの世界から成り立っている。偶然の一致かもしれませんが、何ともおもしろい一致です。

犀の角たち

上田三四二さんの『良寛の歌ごころ』と佐々木閑さんの『犀の角たち』から以上のようなことを教えられました。

上田三四二さんは、医者であり歌人であり文芸評論家でもあった人です。そしてがん患者でもあった。ただ、上田さん自身はがんの告知はしない方が良いという考えであり、家人も上田さんにはがんということを知らせなかったようです。二度の大病を経て『ゆらぐ死生観』という著作など、良寛・吉田兼好・道元らを対象に命の内面を見つめた作品があります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • これはひどい! 悪魔のようなクリニックこれはひどい! 悪魔のようなクリニック ニャンコ先生のブログにこんな記事がアップされています。 そのクリニックで診察医が最初に言ったのは 採血やら免疫治療のメニュー表を提示しながら (実際に見せて […]
  • 愛犬の誕生祝い愛犬の誕生祝い 我が家のヨークシャーテリア、15歳の誕生祝いでした。 もう老人ですので、白内障でほとんど目が見えませんが、明るさ程度は分かるようです。 でも外に出て散歩のときは、目が […]
  • インスリンとインフルエンザインスリンとインフルエンザ どうやら何年ぶりかでインフルエンザに罹ったようです。息子がB型と診断されて会社を休んでいるのですが、それを移されたのかもしれない。 37.3度の微熱と関節の痛み、咳とたん。 […]
  • やはり怪しい!インクレチン関連薬(GLP-1、DPP-4阻害薬) 3日前のTwitterにこんなつぶやきを載せた。 RT @Office_j […]
  • 患者申出療養の問題点患者申出療養の問題点 週刊新潮の膵臓がんに関する「特集 健康診断では見落とす『超早期がん』発見の特別検査ガイド」で、東京ミッドタウンクリニックの森山紀之・健診センター長が次のように述べている。 膵臓が […]
  • 今日の一冊(122)『ガンとわかったら読む本』佐藤典宏今日の一冊(122)『ガンとわかったら読む本』佐藤典宏 ガンの治療においては、告知後、患者さんが決断を迫られるポイントがいくつもあります。そのそれぞれのポイントで、 […]
  • 手術前後の腫瘍マーカーで膵がんの予後が予測できる手術前後の腫瘍マーカーで膵がんの予後が予測できる 25日の講演の準備のためにしばらくブログの更新をサボっていました。準備万端とはまいりませんが、何とかなるでしょう。興味のある方は是非ご参加ください。 膵癌切除手術を行った症例を解 […]
  • きちんとベッドで寝りゃいいのにきちんとベッドで寝りゃいいのに 我が家の御大尽、歳のせいなのか、最近はよく寝てばかりです。 16歳? […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です