スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

フォーレ「夢のあとに」

Path of Independence

Path of Independence

平原綾香
2,680円(11/28 21:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

平原綾香の『path of Independence』を聴きました。「ノクターン」や「カンパニュラの恋」はテレビドラマ『風のガーデン』の主題歌と挿入歌です。同じ曲で、歌詞が英語か日本語かの違い。ショパンのノクターン(第2番 変ホ長調 作品9-2)が原曲ですね。

納められた曲の中にチェロの心地よい独奏部分が挟まれているものが何曲かあります。ドラマでもチェロが効果的に使われていました(主人公もチェロを弾く設定)が、倉本聰のドラマにはチェロが雰囲気を醸し出してよく使われています。

いちばん記憶に残っているのは『北の国から’95秘密』のシーンです。看護師の蛍が勤務先の黒木医師と不倫の駆け落ちをして僻地の診療所に逃れていきます。その相手の医師が、空手もするしチェロも弾く名外科医という設定でした。この先生は決して画面には姿を見せず、チェロの音だけが流れてきます。「’98時代」では最果ての岩場に打ち寄せる砕ける激しい冬の荒波、粗末な掘っ立て小屋、荒涼とした雪の舞う風景にチェロのもの悲しい曲が流れてきます。

逃避先へ帰るため駅で列車を待つ間に純と車の中でカセットに録音した「先生」のチェロを聴くシーンでも同じ曲が流れてきます。世間から非難されようとも自分の意志に忠実に生きる蛍、その蛍が改札口に向かう後ろ姿が街灯の逆光に照らされています。凛と背筋を伸ばした蛍の後ろ姿に、純は強くなった一人の女を見ています。そして純の恋人との関係、情けない自分に対してやるかたない思いを抱いているようでした。

上のビデオの6分くらいからこの曲が流れています。蛍の台詞、「おかしいの。駆け落ちするのに何も持たず、チェロだけ大事そうに抱えてくるの」

この曲はフォーレの『夢のあとに』です。歌曲なのですがチェロに編曲されたものの方が格段によいです。チェロ用に編曲したのは、カザルスです。甘美で切ないメロディは、何度聞いても「北の国から」の数々のシーンを思い出します。

フォーレの『夢のあとに』はこんなシーンで使われていました。

「’95秘密」

  • 純が車で螢を新得まで送るシーン、カーステレオから
  • (駆け落ちの相手)黒木医師の夫人が五郎の石の家を訪ねて来たシーン
  • 落石のバス待合所で純と螢が話をするシーン
  • 石の家、螢からの手紙を五郎が読むシーン

「’98時代」

  • 富良野へ来た螢がニングルテラスを訪れ、雪子と話をするシーン
  • 螢が草太の牧場を訪れ、妊娠していることを告白するシーン
  • 札幌、正吉が螢にプロポーズする公園のシーン
  • 結婚式の3日前、石の家で五郎と螢が布団を並べて話をするシーン
  • 富良野協会病院、螢の正吉への語りかけのシーン
  • みずえの葬儀、遺言について山下先生と五郎が話しをするシーン
  • 牧場の跡地と草太の墓を純が訪れるシーン
  • 螢に届いた正吉の手紙が読まれるシーン

12回も使われています。最果ての岩場に打ち寄せる砕ける激しい冬の荒波のシーンは「’98時代」のどこかのシーンだったようです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 金魚さんの赤紫蘇ジュース(2)飲んでみた!金魚さんの赤紫蘇ジュース(2)飲んでみた! ブログ「Walk Strong  ~自分のために 大切な人のために歩き続けよう~」を書かれて、大腸がんの元ナース 金魚さんがプロジュースした「Lieber […]
  • 論文代筆は保険財政からの詐欺論文代筆は保険財政からの詐欺 日報を書き換えたり、ないと言っていたものがあとで出てきたりと、この国の政府と官僚は壊れてしまっていますが、製薬業界でも論文を都合良く書き換えることが茶飯事のようです。 バイ […]
  • 恐竜のしっぽになる恐竜のしっぽになる 東京の梅雨もまもなく明けそうです。今日は愛車の洗車とガラスコーティングに5時間かけました。ついでにヘッドライトカバーの黄ばみもきれいに除去しました。 ガラスコーティングはほ […]
  • 今日の一冊(44)『がんになって、止めたこと、やったこと』今日の一冊(44)『がんになって、止めたこと、やったこと』 5月1日の『死を前にして人は何を思うのだろう?』で紹介した野中秀訓さんの闘病記『がんになって、止めたこと、やったこと』が届きました。早速読んでの感想です。 細胞ががん化する […]
  • アヘンチンキが効かなくなった?アヘンチンキが効かなくなった? なんだか最近アヘンチンキが効かなくなってきたような気がします。 気のせいかと思うのですが、朝食の豆乳を飲む前にアヘンチンキ10ml […]
  • 因果関係より相関関係:ビッグデータの時代因果関係より相関関係:ビッグデータの時代 ノバルティス社のディオバン問題は検察の強制捜査が入っています。最初にこの問題が報道されたとき、統計処理をノバ社の社員に任せた、と報じられたのですが、「統計の分からない医者が臨床試 […]
  • シチリアーノ 亡きがん友を想うシチリアーノ 亡きがん友を想う シチリア島。イタリア半島を長靴に例えれば、長靴に蹴り上げられた小石のような島。観光地としても有名ですが、マフィア映画でも有名な島です。(シチリアの町並み) 地中海文 […]
  • チェロレッスンの新兵器チェロレッスンの新兵器 今日は端午の節句。風呂に入ったら浴槽に菖蒲が浮いていました。長い葉と根もついています。菖蒲の葉には強い香気があるので、この香りの強さが不浄を払い、邪気を遠ざけてくれるといわれてい […]

フォーレ「夢のあとに」” に対して3件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ゆうゆうさん。コメントありがとうございます。

    フォーレの「夢のあとに」は、藤原真理他5枚のCDを持っていますが、映画で使われた演奏に近いもの(私のおぼろげな記憶)は、、チェロの音色からいって、
    ミッシャ・マイスキーの演奏と、鈴木秀美の演奏が近いのではないでしょうか。
    https://amzn.to/3k9hNCU

    https://amzn.to/2IJiJ2Y

    1. ゆうゆう より:

      キノシタ 様
      突然の質問にもかかわらず、丁寧なお返事ありがとうございます。
      早速、キノシタ様のおすすめの演奏を聴いてみます。
      本当にどうもありがとうございました。

  2. ゆうゆう より:

    はじめまして よろしくお願いします。 
    「北の国から」のフォーレを探していたら、ここにたどりつきました。
    私も「秘密」の時、蛍ちゃんの不倫のことをたどる場面でながれていた
    あの曲がとてもすきです。
    なんとか、あの音源と同じCDがないものか探したのですが
    どれがどれやら、よくわからないというのが実際のところです。
    もし、あの時の「夢のあとに」と同じもの、あるいは近いもの、おすすめのものなど
    ありましたら、おしえていただけませんでしょうか。

    どうかよろしくおねがいいたします。   

コメントを残す