余命一年 落語家になる

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

余命一年 落語家になる ~楽しいことはラクなこと~

37歳の若さでステージⅣの十二指腸がん、膵臓がんになり、余命一年
未満と告げられた街道徳尾さんの本『余命一年 落語家になる~楽しいことはラクなこと~』があります。告知後は部屋に閉じこもっていた著者が、「一年でやりたいことは何だろう?」と考えたとき、気になった新聞記事をきっかけに落語家養成講座に入門。5歳から7回の手術、膵頭十二指腸切除術は8回目。「もう辛いことはたくさん、これからは楽な、楽しいことだけを」との思いでアマチュア落語家になります。

彼女も「がんになって良かった」と感じている患者のひとりです。もちろん「よかった」という思いだけがあるはずはなく、辛いこともいやなことも、後悔もあり、しかし、やはり『がんになって良かった」という部分が、確かに私にもあります。がんにならなければやらなかったこと、「いつかはきっと」と考えていたことを、がんの告知を受けて残されて年月を考えたとき、思い切って踏ん切りを付けてできることがあります。これが脳卒中だとか交通事故であれば、そんなことを考えている時間はありません。また、「死とは何か」「ヒトはなぜ生きているのか」など、人生や生命についても考える時間的余裕があります。だから、私も「がんになって良かった」と思うひとりです。

今日の毎日新聞に、最近の彼女のインタビュー記事があります。

もうひとつの風景:2010家族点描/7 進む勇気忘れず、高座へ
 ◇末期がん告知後、閉ざした心 初めて聞く落語に魅せられ、養成講座受講

 

     □

 「体調を聞かれたら、『おかげさまで順調に弱ってます』って答えてるんです」

 街道徳尾(かいどうのりを)さん(39)=福井県鯖江市=は、ベッドの上で屈託なく笑う。アマチュアの女性落語家。福井市内の総合病院のホスピス病棟に、昨年10月から入院している。

 来月には地元で、半年ぶりの高座を控える。「つとまるか不安もある。でも、気合を入れていかんと」と、扇子を振っておどける。見舞いに来た両親と弟も、つい笑顔に誘い込まれる。「余命数カ月」の告知から、2年半が過ぎようとしている。

     □

 5歳の時、小腸にポリープが見つかり、27歳までにポリープ切除など7回の手術を重ねた。腸は約1メートル短くなった。

 福井市内の広告会社でグラフィックデザイナーとして働いていたが、07年春から激しい腹痛が続き、名古屋市内の大学病院に入院。十二指腸と膵臓(すいぞう)に悪性の腫瘍(しゅよう)が見つかり、リンパ節にも転移していた。「ステージ4」(末期がん)と告知された。

 通算8回目の手術は、膵臓と胃の一部を摘出するなど13時間に及んだ。術後、医師は「(余命は)数カ月単位で考えてほしい」と話した。

 退院後、理容店を営む実家に戻ると、2階の自室に鍵をかけて引きこもった。一人涙ぐんだり、がんの本を読みふけった。両親や弟に会うのは食事の時だけ。ささいなことでも声を荒らげ、つらく当たった。「死ぬまでに何ができるだろう」と焦りだけが募った。

     □

 気になる新聞記事があった。大阪市内にできた落語の常設小屋「天満天神繁昌亭」が開く落語家の養成講座。肝臓がんを克服した男性受講者を取り上げ、《落語と出合い「がんになって良かった」と思えるようになった》とコメントを紹介していた。

 試しに大阪の繁昌亭を訪れ、初めて落語を聞いた。幽霊がばくちをする噺(はなし)「へっつい幽霊」。笑福亭松喬さんの巧みな話芸にどんどん引き込まれ、涙を流して笑った。

 「つらいことは、もうたくさん。おもしろいことだけを考えて生きていきたい」。すぐに「入門講座」に申し込んだ。

 08年4月から半年間、大阪に月2回通った。午前9時半から始まる講座に間に合うように、母ハル子さん(62)は朝3時に起き、弁当を作った。けいこは着物姿で受けるため、祖母房子さん(85)は前夜から実家に泊まり込み、着付けを手伝った。

 徳尾さんは滑稽(こっけい)噺「道具屋」を覚えると、房子さんとハル子さんを練習に誘った。自宅近くの公園の芝生に2人を座らせ、3回演じた。引きこもりはなくなっていた。

 発表会には親族が総出で駆けつけ、客席で見守った。めくりには「天神亭楽々」。講座の呼びかけ人、桂三枝・上方落語協会会長が徳尾さんの病気を知り、「落語をいっぱい楽しんで」と命名してくれた。

 受講者のリレー公演で徳尾さんの出番は1分だったが、ハル子さんは心配で見ていられず、終わると目頭を押さえた。房子さんは「何も言うことない」と抱きしめてくれた。

     □

 09年春までに「中級」も修了。小学校や病院、がんの患者会、老人施設などから依頼を受けるようになり、高座にあがった。噺の枕に自分の病気も織り込む。がん患者からは「生きる勇気をもらいました」と声をかけられた。

 ホスピス病棟に入院してからは、体調は一進一退が続く。体重は以前の半分の30キロ台まで落ちた。仕事は職場復帰できないまま退職し、5年間交際した婚約者とも破談になった。がんは多くのものを奪ったが、家族の大切さを教えてくれたのもがんだった。

 「誰も明日のことは分からない。私は余命を教えてもらったおかげで、残りの人生をどう生きるか、考えることができた。一歩を踏み出す勇気を忘れずにいたい」【清水優子】(毎日新聞 2010/1/8)より


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】 先日のNHKスペシャル「がんワクチン~夢の治療薬への格闘~」につてい、卵巣がん体験者の会スマイリー:片木美穂代表が全面的で適切な批判の意見をアップされています。 2012年11月 […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • ガンの患者学研究所 (2)ガンの患者学研究所 (2) 「転移はがん細胞が弱った証」という安保徹氏の論理は、ホメオパシーの「好転反応」と同じです。レメディを飲んでいて症状が悪化したとき、「それはよくなる前に一時的に悪化することがあり、 […]
  • ルイ茶長さんの再発、余命宣告ルイ茶長さんの再発、余命宣告 同じ膵がん患者の茶長さんのブログに「再発しました。余命半年です」という書き込みがあり、驚いています。私と同じステージⅢの膵がんで膵頭十二指腸切除を昨年の10月にされて、術後1年を […]
  • 医療の現場 膵臓がん:手術をあきらめない医療の現場 膵臓がん:手術をあきらめない 鳥越俊太郎の「医療の現場」シリーズ「がんと闘う」第2弾 すい臓がん~手術をあきらめない~。昨日の放送を見ました。千葉大学医学部附属病院院長 […]
  • ある闘病記「かわもと文庫」 つねづね私は闘病記は読まないと言っている。がんの闘病記はその多くがハッピーエンドに終わらない。最もハッピーエンドで終わるようながんなら闘病記を書こうかという患者はいないに違いない […]
  • 『がんの統合医療』(3) 統合医療に関する誤解の第一は「統合医療=補完代替医療」とする考えである。統合医療は現在の通常医療の範囲を超えた考えや実践を包括しているが、通常の医療を一方的に拒否するものでも […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
LINEで送る
Pocket