最近、あなた笑えてますか

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

最近、あなた笑えてますか

樋口強さんが肺がんを告知されたのが1996年、43歳の時。膵がんに負けず劣らずの最強といわれる肺小細胞がんである。3年生存率5%、5年生存率・・・・データがない。13年経った今、「生きてるだけで金メダル」だという。大量の抗がん剤治療を選択して一命を取り留めたが、副作用で全身がしびれた状態が今でも続いている。

全日本社会人落語協会副会長でもある樋口さんは、「笑いは最高の抗がん剤」だともいう。そして一年に一回、がん患者とその家族だけが参加できる「いのちに感謝の独演会」を東京は深川で開催している。

樋口強さんのオフィシャルウェブはこちら

『最近、あなた笑えてますか』には付録CDに、昨年の独演会で演じた「病院日記:一診一笑」
が納められています。早速モバイルオーディオに入れて歩きながらの通勤で聴いてみた。にやにやしながら歩いている私を見た人は不審に思ったに違いないでしょうね。

明日が来るのは当たり前、手帳にスケジュールを書き込みことに何のためらいもない。来年がやってくることは疑わない。これが普通の人です。

ところががんという病気に出会うと、このことが当たり前ではなくなります。明日という日の確かな保証がなくなります。そういう気持ちになるのです。

ここから、自分に一番大切なものって何だろう、って考え始めます。すると、この「変わらないことやもの」がとても愛おしく見えてきます。かけがえのない宝物のように輝いて見えます。

だから、「お変わりありませんか—」で高座を始めるのです。一年に一度というのも理由があります。がんに負けずに、来年もまたきっと来ようね、という希望につながることを願っているのですね。

生きるはずのないがんを乗り越えて、いのちの喜びを知った人たちは、再発や転移の時限爆弾を抱えながらも自分流に二つ目のいのちを楽しんでいます。

生きることに肩の力が抜けて空に突き抜けるような笑顔があります。こんな人たちこそ、「健康ないのちを生きている」っていうんでしょうね。

笑える本ですが、それだけではないんです。飼い猫のピーちゃんの生き様を見習いながら、がん患者もそのように生きよというのですね。「いのちを心豊かに、そして伸びやかに生きるための極意」です。

  • 欲しいものには妥協しない
  • 明日よりも今日
  • 論理よりも直感を信じなさい
  • 居場所を確保せよ
  • 自分に正直であれ
  • 自分の力を信じなさい

がん患者ですから、いのちは惜しいです。再発・転移は何とか自分を避けていって欲しい、と痛切に思います。でも、じゃ、再発・転移しないで生きながらえたあなたは、その命で何をしたいの?と問われると、即答できる人は少ないのではないでしょうか。

1年生きて何をしたいのですか、5年生きて何をしたいのですか?ただただ、死にたくない、というだけですか。がんであろうがなかろうが、いのちを楽しく生きませんか、という本です。CDに納められた「一診一笑」も笑えます。

私も今このブログ、古今亭志ん生の十八番「火焔太鼓」を聴きながら書いています。落語に始めて大笑いしたのは小学生のころでした。今でも覚えています。「平林」という前座話。平林という医者のとこへ使いに行く定吉、読み方を忘れてしまう。道行く人に訊くのだが、みんな違うことを教えるのですね。全部まとめて節を付けて、「タイラバヤシか、ヒラリンか、イチハチジュウノモークモク、ヒトツトヤッツデトッキッキ」。「トッキッキ」は上げ調子で読んでくださいね。下げは忘れましたが、この部分は今でも覚えています。この落語にはお腹が痛くなるほど笑った記憶があります。”寿限無、寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の水行末 雲来末 風来末・・・・・・”も覚えてますが、長くなるので止めておきましょう。

年末にはスーさん、浜さんの「釣りバカ日誌」があります。残念ですが今年で最期だそうです。前回の釣りバカ日誌も涙が出るほど笑っちゃいました。今年も笑いすぎてがんが消えるほどに笑ってきます。来年9月は「いのちに感謝の独演会」です。それまで「お変わりなく」過ごしたいものです。

インターネット落語会もユーチューブに移動しています。


生きてるだけで金メダル 生きてるだけで金メダル
樋口 強

つかむ勇気 手放す勇気 いのちの落語―がんになって初めてわかった家族を愛すること、あたりまえの日常の大切さ 最近、あなた笑えてますか 笑いの医力 (think book) がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ (中公文庫)
by G-Tools


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 科学的な視点が足りない科学的な視点が足りない 今朝の東京新聞の一面トップは中村祐輔先生の記事でした。 がん研有明病院では、新型コロナへの対応でがんの手術ができない病院の患者を受け入れ、週末にも手術する体制を組んでいる。 […]
  • 週のはじめに考える「言わねばならないこと」週のはじめに考える「言わねばならないこと」 ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、と […]
  • 早期の緩和ケアは必要か? 2006年にがん対策基本法が制定され、それにもとづき厚生労働省が策定したがん対策推進基本計画では、「治療の初期段階からの緩和ケアの実施」が重点的に取り組むべき課題として挙げられて […]
  • 信頼できるウェブを装ったアガリクスの宣伝 株式会社日本医療情報出版が編集している「週間がん […]
  • 抗がん剤の投与抗がん剤の投与 最初の抗がん剤投与。 体重が63.5キロに落ちているので、それにあわせてジェムザールの量を決める。 私の斜め前で抗がん剤を投与していたのは、24,5歳くらいの若いお母さん […]
  • 『エンデの島』『エンデの島』 権現堂堤の桜(7) 「・・・・がんばるのは美徳ではないと?」 「いちがいには否定しませんよ。でも、戦争のときも経済発展のときも、国民はがんばるのがいいことだと信じ […]
  • 医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか?医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか? 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 治療をすべきかどうか、いくつもの治療法があり、それぞれにリスクとベネ […]
  • 今後の『膵臓がん患者と家族の集い』の開催について今後の『膵臓がん患者と家族の集い』の開催について 『膵臓がん患者と家族の集い』は3月の佐藤典宏先生の講演も中止になり、みなさんからいつ開催できるかとご心配の声をいただいております。 3つの条件が揃うと、新型コロナウ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です