スポンサーリンク

がんの10年生存率 膵がんは4.9%

LINEで送る
Pocket

今日のニュースでも取り上げられていますが、初めてがんの10年相対生存率が発表されています。全がん協生存率

これによると、膵がんの「10年相対生存率」は、全症例で4.9%と、すべてのがんの中で一番低いです。ステージⅠで29.6%、Ⅱで11.2%、Ⅲで3.1%、Ⅳでは0.9%です。手術ができた患者では11.1%となっています。

ステージⅣでも100人に1人は10年生存しているのを「意外と多いね」と考えるか、少ないと取るか・・・。

全症例の5年生存率が9.1%ですから、その後の5年間でほぼ半数が亡くなり、4.9%にまで低下する。膵がんは、乳がんや肝臓がんと同様に、5年経ってもまだ怖い病です。

20160120_09_31_41

20160120_09_41_55

ステージⅠやⅡという早期に発見しても10年生存率は30%、11%です。膵がんには「早期がんという概念はない」と言われる所以です。

手術ができても11.1%、でもこれはアメリカの治療成績よりは一桁良いですね。つまり、日本の医師の手術の技量が優れているのです。

ただ、この統計の期間である1999~2002年は13年も前のデータです。10年生存率を見ることができるのは10年以上前にがんと診断された患者なわけですから。

その後術後補助化学療法としてゲムシタビン、TS-1さらにより効果があると言われるFOLFIRINOXなどが使われていますから、このデータよりは少しは良くなっているはずですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • RCT・エビデンスはいつも信用できるか?RCT・エビデンスはいつも信用できるか? RCT(ランダム化比較試験)でなければエビデンス(科学的な根拠)ではないとか、エビデンス(科学的な根拠)がない治療は人体実験だとか、最近かしましいが、こんな記事がある。 「 […]
  • がん患者だからこそ、生き甲斐を持っていますか? 素敵な記事が神戸新聞に掲載されています。すぐに消えてしまうでしょうから、全文を転記します。心と免疫系の関係はよく知られています。このブログでも心の有り様が、がんとの闘いには決定的 […]
  • お彼岸の墓参りお彼岸の墓参り 秋の彼岸だから、昨日は墓参りでした。愛犬も連れて行ったのですが、車のシートに大ションベンをされました。 老犬だから叱ってもしかたがありません。元気でいてくれるだけでありがた […]
  • ストロンチウム90はNK細胞を不活性化するストロンチウム90はNK細胞を不活性化する 内部被ばくにより骨髄に取り込まれたストロンチウム90は、免疫系の細胞にダメージを与える。さらにナチュラルキラー(NK)細胞の正常な活動を妨げるという。 ストロンチウム90は、β […]
  • モーツァルトを聴きながらモーツァルトを聴きながら 長田弘の詩集にこんな詩があった。 モーツァルトを聴きながら 住むと習慣は、おなじ言葉をもっている。 住む(inhabit)とは、 日々を過ごすこと。日々を過ごすと […]
  • タバコの煙はコロナウイルスを肺に招き入れるタバコの煙はコロナウイルスを肺に招き入れる 山中伸弥教授らの専門家が「新型コロナウイルス […]
  • 中川恵一 × 近藤誠 (1)中川恵一 × 近藤誠 (1) 私が東京新聞に変えてのは3.11の前だが、NHKニュースや朝日などの全国紙の鑑定垂れ流しの記事を読むよりはずっと精神的に良い。首都圏に住んでいるのなら、新聞は東京新聞に変えること […]
  • お茶ミルにはまっているお茶ミルにはまっている 中部大学の武田邦彦氏ですが、どうも風見鶏風な論調が目に付きます。参考になる内容があるかと思えば、とんでもないとんちんかんな説明だったりです。福島県の放射線アドバイザーとなった長崎 […]
LINEで送る
Pocket

がんの10年生存率 膵がんは4.9%” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    のっぽ先生。
    そうですね。このデータを見ると、がんは基本的に10年追跡して生存率を出すべきではないかと思います。
    少なくとも一律に5年とは根拠がないようです。
    5年経ったら「完治」と勘違い(だじゃれではないですが)している患者も多いのではないでしょうか。
    まして、抗がんだけで完治は基本的にあり得ないわけですから。
    私も10年までは気を抜かないでいこうと考えています。

  2. のっぽ187 より:

    >全症例の5年生存率が9.1%ですから、その後の5年間でほぼ半数が亡くなり、4.9%にまで低下する。
    私は、最初に開腹手術を受けてから、5年7ヶ月、経って、再発しました。
    ゆっくり大きくなるタイプの腫瘍、わずかな数の転移が、時間が経って、大きくなる事を考えると、あくまで、5年は、目安ではないか、と考えます。
    私自身が、5年、経って、「これは、もしかして、(再発する事無く)行けるのではないか。」と思ったのですが。
    5年と10年の間に差がある、改めて、その事を認識しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です