ウィルコ・ジョンソンの選択

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ロックのギターリスト、ウィルコ・ジョンソン(65歳)が末期の膵臓がんだと公表し、余命は10ヶ月とか半年とかだとのニュースが流れています。Twitterで「膵臓がん」で検索すると、最近ではウィルコ・ジョンソンの話題ばかりの状況です。先日1月10日からの日本における最終演奏ツアーもすごい盛況だったようです。あいにくと私はロックには興味がないので、彼の演奏も聴いたことがないし、名前も最近知ったばかりです。

私が興味を惹かれたのは、ウィルコ・ジョンソンのマネジャーが「化学療法は受けない。延命治療はしない。残された数か月の人生を意義ある活動に専念していく。ニューアルバムも出します」とFacebookで公表したことです。抗がん剤治療を拒否するにいたった心境を知りたいと思ったのですが、本人からの発言はまだ見当たりません。

2004年に愛妻のアイリーンが大腸がんの告知を受け、わずか4ヶ月後に亡くなっています。そうした経験が影響しているのでしょうか。また、彼は若いころにピッピ-としてインドやネパールを放浪しています。無神論者ですが新約聖書、旧約聖書に精通し、仏教やヒンズー教にも造詣が深いとのことです。そのような下地があって延命治療はしないという選択をしたのでしょう。

末期がんでどのような治療をするか、正解はないと思います。人それぞれの価値観にしたがって選択するしかありません。奇跡的に治癒すること(ほとんどありえない)を期待してつらい抗がん剤治療を続けるのか、治らなくても、副作用がつらくても、1日でも長くこの世に生存したいのか。生活の質(QOL)が大事だから、最後まで清明な意識を保って人生をまっとうしたいのか。副作用が出ない程度の少ない抗がん剤を投与して、がんを騙し騙し共存していくのか。どれが正しくてどれが間違いだということではないと思います。

でも、抗がん剤治療をしないという選択をするには勇気が必要でしょうね。膵臓がんなら茶長さんという方がいました。乳がんなら渡辺容子さんがその闘病記『乳がん 後悔しない治療──よりよく生きるための選択』を出版しています。


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(71)『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』今日の一冊(71)『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』 第15回『このミステリーがすごい!大賞』の大賞受賞作です。作者の岩木一麻氏は、国立がん研究センター、放射線医学研究所を経て、現在は医療系出版社勤務とのことですから、医療に […]
  • 女医が末期がんになったら女医が末期がんになったら 末期がんと分かったとき、どう対応するかを101人の女医に聞いたら・・・。 緩和医療を望む派:68.3% その理由は、 残された時間は自宅で家族と一緒に過ごしたい 抗がん剤は効かな […]
  • 【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう?【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者がい […]
  • ルイ茶長さんの再発、余命宣告ルイ茶長さんの再発、余命宣告 同じ膵がん患者の茶長さんのブログに「再発しました。余命半年です」という書き込みがあり、驚いています。私と同じステージⅢの膵がんで膵頭十二指腸切除を昨年の10月にされて、術後1年を […]
  • 今日の一冊(5)『近藤理論に嵌まった・・・』 高知に高齢の独り暮らしの母親を残した3人の登場人物の対談方式で書かれた「近藤理論批判」との触れ込みにつられて買った。十数年前、私も肺がんの手術をした母をひとりで高知に残していたの […]
  • NHKドキュメンタリー 末期がんの“看取り医師” 死までの450日NHKドキュメンタリー 末期がんの“看取り医師” 死までの450日 昨夜放送された、医師で僧侶で末期の膵臓がんの田中雅博さんの死までの450日のドキュメント。看取りのプロの末期がんの様子を、母を膵臓がんで亡くしたディレクターが全てを撮影し […]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ウィルコ・ジョンソンの選択” に対して1件のコメントがあります。

  1. kathy より:

    キノシタさん
    ホスピスは申し込んでも、数ヶ月待ちが当たり前。
    絶対数が足りているとは、とても思えません。
    自民党時代の、老人の長期入院を排除する、保険改革のおかげで、がんに限らず、病気があっても、積極的治療なしに、2週間以上入院することはできないと聞いています。

  2. キノシタ より:

    kathyさん。
    がんの最期をどのように過ごすかは難しい問題ですよね。治療をしないと希望していても、治療しないのなら病院で入院はほとんどの場合難しいでしょう。病院は治療をするところですから。ホスピスといっても、淀川キリスト教病院のような理想的なホスピスに入所できる患者は限られています。それに経済的な負担ができるかどうかも。
    自宅で最期を、と希望していても、介護保険でカバーできない部分も多いから、介護者をどうするのかという問題があります。
    中野孝次も自宅で最期をと望んでいたようですが、老老介護となるので、妻のことを考えてやむなく入院せざるを得なかったようです。
    せめて最期だけでも心配のないような社会であるべきなのでしょうが、麻生太郎のような「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と放言するような政治家が跋扈しているようでは望みはないですね。
    私も転移したら治療はしません。
    余命半年といわれたら、よく考えて調査して万全の準備をするつもりではいるのですが・・・。

  3. kathy より:

    転移時の抗がん剤の問題は、悩ましいですよね。
    数%でも、5年生存の可能性があるなら、副作用に耐えて挑戦するのか。
    医師は可能性がある限り、挑戦すべきといいますが・・・
    ひどいQOLで、数ヶ月という可能性のほうが大きいことを、どう考えるか・・・
    でも、死んだら終わり、セカンドチョイスはない。
    だったら、賭けるという考えもある。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA