PCオーディオ用に中古のノートPCを

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

DP1M-100-0911

一度は撮っておきたい東京駅駅舎・・・です。DP1 merrill


桜の満開日が予想できず、気もそぞろです。都内は数日で満開でしょう。今年の桜は、あっという間に咲いて、あっという間に散りそうです。身延山久遠寺のしだれ桜と妙義山さくらの里の関東一の桜の予定を立てています。しかし、身延山の開花情報では18日に開花したとwebにアップされているのですが、ウェザーニュースの身延山の開花情報では25日になっていて、現実に追いついていません。(その後訂正された)

週末は雨模様ですから、身延山には25日が良さそうです。独りドライブで日帰りですから、臨機応変。現地の情報を見ていつでも行けます。さくらの里は夫婦で一泊の予定です。さんざん迷いましたが、昨年の満開日4/25よりも10日以上早い4/13に決めて、下仁田温泉の一件宿「清流荘」を予約しました。日本秘湯を守る会会員の宿です。さくらの里にも近いです。

昨夜からずっとパソコンの設定です。PCオーディオ用に使っていたデルのX200はOSがXPですので、延長サポートが来年で終了します。そのため代替機を探していたのですが、中古のFUJITSU FMV-S8390が19,800円だというので、速攻で購入。楽天ポイントが10倍、送料も無料になるというので実質17,000円です。デルのX200は2002年に24万円で買ったものでしたが、中古とはいえ安くなったものです。11年間ですから、直腸癌に罹った直後から、膵臓がんを経て今日まで、私のがんの音楽療法のための裏方だったわけですね。ご苦労様でした。

私が使っている音楽プレーヤーはWinampとfoobar2000。BGMとして静かに音楽を流すときにはWinampでデスクの左右に配置したタイムドメインスピーカー Jupity301で。リラックスして音楽に没頭、がんの音楽療法をするときには、foobar2000から、Yoshii9と同等品のDimension09に流しています。

XPからWindows7に変えたのでWASAPI排他モードが使えるようになります。つまり、OSのミキサーやエフェクト処理を一切介さずに、アプリケーションがデジタルオーディオデータ(私の場合はflac)を直接読み込んで、ダイレクトにUSBオーディオコンバータに送ってスピーカーから音を出すことが可能になります。

図の赤いラインのように、排他モードでは、オーディオエンジンのさまざまな処理を全て迂回して、ほぼ保存されたデジタルデータのまま出力されます。このためレイテンシー(音の遅延)もほぼゼロになります。

Wasapi_2

そのためにはfoobar2000にWASAPI-Outputというプラグイン(コンポーネント)をインストールします。USBオーディオがWASAPIに対応していれば

Imageyositakapc001

のように出力デバイスに「WASAPI(event) ・・・・・・」と表示されるので選択します。

たったこれだけです。しかも無料。しかも出てくる音はXP時代よりも一皮むけた、より輪郭のはっきりした音質に生まれ変わりました。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 正月は温泉気分 元日から石和温泉の和穣苑で温泉気分でした。「一の宿?楽部」の宿でして、このところ続けてここに加盟している宿にお世話になっています。30部屋以下のこじんまりした宿ばかりだというのが […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない 秋明菊(シュウメイギク)<群馬県・赤城自然園にて> 土日には赤城ー四万温泉ー吾妻渓谷ー榛名湖を回ってきました。 榛名湖と榛名富士:紅葉ピーク。 […]
  • 緊急入院中緊急入院中 13日土曜日に、また腸閉塞を起こして緊急入院しています。大学病院のERは自宅と目と鼻の先。こんな時には都合がよいが、今回はスマートフォンしか持ち出せなかったのでブログの更新もでき […]
  • モーツァルトと脳内物質ドーパミン 音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。多くの書籍でも紹介され、音楽療法 […]
  • 何となく引っかかる「闘病記」ということば何となく引っかかる「闘病記」ということば このブログを立ち上げたときのタイトルは「膵臓がん闘病記」でしたが、「闘病記」ということばになんとなく否定的な感触を覚えるので「サバイバーへの挑戦」と変えたのが昨年の8月でした。変 […]
  • 膵臓がん患者と糖質制限食膵臓がん患者と糖質制限食 手術後の食事について、がん研の主治医の先生から言われたのは、肉類は摂りすぎないように、お酒はほどほどなら良いが蒸留酒(焼酎・ウィスキー)の方がベター、とだけでした。さらに「糖 […]
  • レイチェル・カーソンの予見レイチェル・カーソンの予見 シュレベールの『がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」』では3章の全体を「環境を知る」と題して、われわれの環境ががんの発症にどのように関係しているかを考察している […]
  • 第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を DP2 Merrill F3.5 1/1250秒 ISO200 以前に紹介した『がんペプチドワクチン療法 第4のがん治療法への期待 (第4のがん治療法への期待 第 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です