血糖値はコントロールできている

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日の糖尿病管理をお願いしている先生の診察日、HbA1cは6.1%(NGSP)でした。

9.2→6.8→6.4→6.1と回を追うごとに改善しています。6.3以上が「糖尿病の疑い」ですから、立派な結果でしょう。糖質制限食と運動(ウォーキング)が効いているのだと思います。ローソンのブランパン(実りベーカリーシリーズ)も新しい美味しそうな商品がいくつも出てきました。楽しみながら糖質制限ができます。

Imageyositakapc003_3

空腹時血糖値も120mg/dL前後で安定してきたのですが、一度低血糖になっています。しかも308という食後高血糖の5時間後に75という低血糖です。変動が激しすぎます。

Ketou_2

先生も首をかしげていました。「膵臓がほとんどない。しかもアマリールは0.5mgを1日1回だけなのにどうして低血糖になるほどインスリンが出ているのか?不思議だ。食後のインスリンが相当遅れて分泌されているのかもしれないね。低血糖が続くようならアマリールを止めるしかないが、もう少し様子を見ましょうか」ということになりました。
食後の値は、ご飯・麺類を食べて血糖値が高くなりそうなときを狙って測定しているので、たまに220以上の値が出ることがあります。

食事と運動でコントロールできて、アマリールの服用も中止できるのなら理想的です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がん患者と糖質制限食膵臓がん患者と糖質制限食 手術後の食事について、がん研の主治医の先生から言われたのは、肉類は摂りすぎないように、お酒はほどほどなら良いが蒸留酒(焼酎・ウィスキー)の方がベター、とだけでした。さらに「糖 […]
  • 膵臓がん患者の血糖値管理膵臓がん患者の血糖値管理 「京急・空港線 最後の日」 DP2 Merrill F6.3 1/250 ISO200 […]
  • SU剤からグリニド系剤に変更SU剤からグリニド系剤に変更 自宅周辺も大雪です。10センチ程度で「大雪」なんて言っては、雪国の方に笑われそうですが、13年ぶりの大雪警報だとか。南国育ちで、子どものころ、めったに雪を見たことのない私は、雪が […]
  • 糖尿病薬、いろいろ試しています。糖尿病薬、いろいろ試しています。 アマリールからグリニド系のグルファストに変えてから一ヶ月になります。グリニド系薬は、SU薬と同様に膵臓のランゲルハンス島β細胞のSU受容体に作用し、インスリン分泌を促進させる効果 […]
  • がんと食事(5)がんと食事(5) 帰省していたので、ブログもしばらく間が空きました。続きにけりを付けなくては。 写真は室戸岬・坂本海岸のハイビスカス・ロードです。今年は9月末だというのに、まだ南国らしい暑さ […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
  • DPP-4阻害薬:プラセボ対照RCT試験で効果を示せず 欧州心臓病学会(ESC)の学術大会が、8/30~9/3までバルセロナで開催されました。DPP-4阻害薬に関する2件の大規模臨床試験の結果がNEJMに発表されています。 結論 […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 来週の木曜日は半年ごとの定期検査です。いつものことですが、検査の前になると、再発・転移をしていないかと気がかりです。体調には変化もなく糖質制限食のおかげなのか、ウォーキングでも以 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です