血糖値はコントロールできている

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日の糖尿病管理をお願いしている先生の診察日、HbA1cは6.1%(NGSP)でした。

9.2→6.8→6.4→6.1と回を追うごとに改善しています。6.3以上が「糖尿病の疑い」ですから、立派な結果でしょう。糖質制限食と運動(ウォーキング)が効いているのだと思います。ローソンのブランパン(実りベーカリーシリーズ)も新しい美味しそうな商品がいくつも出てきました。楽しみながら糖質制限ができます。

Imageyositakapc003_3

空腹時血糖値も120mg/dL前後で安定してきたのですが、一度低血糖になっています。しかも308という食後高血糖の5時間後に75という低血糖です。変動が激しすぎます。

Ketou_2

先生も首をかしげていました。「膵臓がほとんどない。しかもアマリールは0.5mgを1日1回だけなのにどうして低血糖になるほどインスリンが出ているのか?不思議だ。食後のインスリンが相当遅れて分泌されているのかもしれないね。低血糖が続くようならアマリールを止めるしかないが、もう少し様子を見ましょうか」ということになりました。
食後の値は、ご飯・麺類を食べて血糖値が高くなりそうなときを狙って測定しているので、たまに220以上の値が出ることがあります。

食事と運動でコントロールできて、アマリールの服用も中止できるのなら理想的です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「笑い」はやはり免疫力を向上させる「笑い」はやはり免疫力を向上させる 「エビデンスレベルの低い実験だ」なんて、野暮ないちゃもんは無視して、がん患者なら多いに笑って、楽しく過ごす方が、予後にも良いのです。下手な抗がん剤よりもよほど効果があります。いち […]
  • マットレス交換 Airyが気持ちいいマットレス交換 Airyが気持ちいい     がん患者にとって、快適な睡眠はとても大切です。 睡眠が不足すると、体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れ、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係してい […]
  • ついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズムついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズム デューク大の研究者らが、慢性的ストレスがDNAを損傷するメカニズムを突き止めたそうです。こちら。マウス実験の結果、慢性的ストレスがp53値を長期的に低下させることが、DNA異常の […]
  • 混合診療のなし崩し的な解禁に反対混合診療のなし崩し的な解禁に反対 7月18日に、日本難病・疾病団体協議会(JPA)が『混合診療のなし崩し的な解禁に反対する~必要な医療は保険適用が原則~』との見解を発表しています。(こちら) 政府は6月14日、規 […]
  • シチリアーノシチリアーノ 蒲生の棚田 シチリアーナはイタリア語の女性名詞でシチリアーノは男性名詞。シシリエンヌはフランス語だとか。8分の6拍子の舞曲でフォーレ、バッハののシチリアーナが有 […]
  • 映画の後は散歩写真映画の後は散歩写真 GRⅢを持って、映画「新聞記者」を見た後は散歩写真です。今日はモノクロで。 暑さに1時間ほどで切り上げ。 […]
  • 「死」は科学で解明できるか? 数年前、立て続けに二人の友人をがんで亡くし、さらにもうひとりの友人が乳がんになり、仕事仲間の12歳の子どもが小児癌で亡くなったというひとりの女性が、死は科学で解明できるのだろうか […]
  • 雛祭りにベートーヴェンを聴く雛祭りにベートーヴェンを聴く 今日は雛祭り。五段くらいのひな人形もあるんだが、娘が小さいころは飾っていたが、最近は物置に入れっぱなしで出したことがない。なので、こんなおもちゃの雛飾りで間に合わせている。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です