スポンサーリンク

がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善

LINEで送る
Pocket

全がん協から、がんの生存率調査が発表されましたね。マスコミでも報道されています。

Image_001

昨年に続いて2度目の調査です。あいかわらず膵臓がんの生存率は低いですが、昨年の膵臓がんの全症例10年生存率は4.9%でした。今回は5.1%ですから、徐々によくなっています。10年前に告知された患者が対象の調査ですから、現在の患者さんではもう少しよくなっているはずですね。

Image_002

ステージⅣでも1000人に3人(0.3%)は10年生存しています。昨年は0.9%でしたから、こちらは悪くなっていますが、統計的変動の範囲内でしょう。手術率は37.3%から39.9%へと、良くなっています。

少しずつですが、長期生存する患者は確実に多くなっています。

中村祐輔先生が、これに関して記事を書いておられます。
中村祐輔のシカゴ便り「肝胆膵がんの治癒率向上のための戦略

肝胆膵癌は、早期発見も重要だが、早期に発見しても予後が悪い。画像で再発が確認されてから、次の手を打っても手遅れであることは、数字から明がである。もっと現実的なのは、画像で検出されないが、血液を利用したリキッドバイオプシーでがん遺伝子異常が確認された段階での、治療介入だ。

微量の血液からがんの遺伝子変異を早期に捉えて、治療を開始する。パンキャンでもその研究が進んでいるようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 今日の一冊(152)『いのちの停車場』南杏子今日の一冊(152)『いのちの停車場』南杏子 介護や終末期医療をテーマにした作品を多く発表している南杏子さんの作品、在宅における終末期医療をテーマにした小説です。 5月には、吉永小百合さんが主演した映画も封切られるこ […]
  • やっぱり・・・やっぱり・・・ 3つのニュース東電が“原発抜きの夏"を試算 今年上回る供給力  東京電力が来年の夏に向け、保有する全ての原発が東日本大震災の影響や定期検査で停止しても、火力発電や揚水式 […]
  • 鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験 正常細胞では増殖しないよう遺伝子改変が施されており、正常細胞を傷つけることはありません。高い有効性と安全性を兼ね備える治療法として期待されています。 国内では第一三共やタカラバ […]
  • 膵臓がんが消えた? ARISUさん 1月8日の記事でちょこっと紹介したARISUさんの手術。無事に終わって一般病棟に帰ってきたようですね。お疲れさまでした。 ARISUの連絡帳『痛いが止まらな~い』 し […]
  • 腫瘍マーカの数値は信用できるのか?腫瘍マーカの数値は信用できるのか? 足利事件でDNA鑑定により犯人とされた菅家さんの無罪が確定したというニュースはまだ記憶に新しいが、先日(7/16)は神奈川県警で科学捜査研究所のDNA誤登録が原因で別人を逮捕した […]
  • なかにし礼『生きる力』なかにし礼『生きる力』 鷲神社の、なでおかめをSPPのモノクロモードで ステージ2Bの食道がんを、陽子線治療でCR(完全奏功)を勝ち取ったなかにし礼氏の『生きる力 […]
  • お昼はミシュランの蕎麦屋「しながわ 翁」お昼はミシュランの蕎麦屋「しながわ 翁」 今日は、入院中の病院から徒歩5分にある、2017年のミシュランガイドに紹介されたという名店「しながわ […]
  • ストロンチウム90は膵臓がんを発症させる 『人間と環境への低レベル放射能の脅威』には、米ソの過去の大気圏核実験の降下物、いわゆる死の灰と日本の子どものがん死亡率との相関関係を指摘しています。もちろん因果関係があるとは断言 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です