スポンサーリンク

甲状腺がん

月曜日に甲状腺がんの細胞診をやってきました。先週の超音波検査結果で「たぶん嚢胞で良性だろうが念のため」と言われ、細胞診となった次第です。「超音波ガイド下穿刺吸引細胞診」というそうで、

超音波ガイド下穿刺吸引細胞診とは、超音波画像を見ながら病変部に針を刺し、細胞を採取して悪性度を診断する方法です。触知のみによる穿刺に比べ、リアルタイムの画像を見ながら行えますので、安全かつ確実な穿刺が可能で、5ミリメートル程度の甲状腺腫瘤、乳腺腫瘤であれば、容易に細胞を採取できます。細い針を用いるため軽い痛みしかありません。

07_p04

最初に小さな点でガイド経路を設定して、それを頼りに針を刺すのです。が、検査技師さんが慣れていないらしくて、ガイドの設定に何度も失敗。女医さんが出てきてやっと準備完了。私の疑いのある箇所は17mmの中の6mmほどの固い部分です。念のためにと2度針を刺して細胞を採取しました。2度目の針は少し痛かった。結果は来週です。

しかし、私の場合は「たぶん良性で、もしかしたら過剰診断かも」と考えている程度ですが、福島の子どもたちの甲状腺がんで悪性が多数見つかっていますね。18歳以下の子どもたちです。本人も親御さんもどれほど不安なことか。しかも放射能による甲状腺がんは増殖の速度も速くリンパ節への転移も多い。今回も肺に転移した子供も見つかっています。

20150904_09_33_28

「放射能の影響とは考えがたい」との公式見解ですが、多発しているのはまちがいない。放射能の影響ではないのなら、何が原因なのか? それこそはっきりさせるべきでしょう。

北茨城市でも平成26年の検査で、3593名の検査で3名が甲状腺がんと診断されています。放射能は県境で止まるわけではないから、福島県だけではなく近隣の子どもたちの検査も必要ですが、東電も国も動こうとはしません。

甲状腺がん疑い含め137人へ、2巡目は25人?福島健康調査

岡山大学で疫学を専門にしている津田敏秀教授は、2巡目で25人もの新たな甲状腺がんが生じていることについて疑問視。「本格検査」について、先行検査からの期間を3年間、第1次検査確定数149,065人を分母とし、全国平均100万人中3人という発生率と外部比較すると、18.63倍(95%信頼区間:12.06倍-27.51倍)と統計的に有意な多発であると分析した。

がんは「早期発見、早期治療」ではなかったんですかね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 銀河系と私たちの治癒系銀河系と私たちの治癒系 世界が非線形であるのなら、私たちの体もがんも、原因と結果が一対一にならない非線形な複雑系である。 非線形科学は、全体は部分の総和ではないと考え、全摘なアプローチを唱える。がん治 […]
  • ノーベル物理学賞:ペンローズ氏の心と量子の関係ノーベル物理学賞:ペンローズ氏の心と量子の関係 ノーベル物理学賞に、ブラックホールに関する研究で大きな貢献をしたイギリスのオックスフォード大学のロジャー・ペンローズ氏ら3人の研究者が選ばれましたね。 ペンローズ氏 […]
  • 今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』 がん患者の多くは餓死している 久しぶりの「今日の一冊」で、先日デジタル断食の際に読んだ本です。がん患者はがんではなくて餓死するのだと、長尾医師や梅澤医師もよくブログに書いて […]
  • ドクターXはナノナイフドクターXはナノナイフ 昨夜のドクターX観ました。 城ノ内先生が、ステージⅣaの局所進行膵癌(転移なし)で、門脈に腫瘍が絡んでいるため手術ができない。 そこで大門が不可逆電気穿孔法(IRE […]
  • 手術前の検査でした手術前の検査でした 今日は午前中病院でした。来月予定の手術前の検査です。 がん関係の手術ではなく、年相応の脊柱管狭窄症。 腰椎は5個存在しますが腰椎の4番目と5番目、3番目と4番目の間で […]
  • チェルノブイリの癌発症リスクはいまだに低下していないチェルノブイリの癌発症リスクはいまだに低下していない チェルノブイリの死者についての官邸が出した”風評”については昨日書きましたが、こちらに新しい資料が紹介されています。『IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「 […]
  • 五十肩になりました 久しぶりのチェロの話題。もちろん毎週のようにチェロのレッスンに通っています。癌があろうがなかろうが、当たり前の生活を続けた方がよいのです。一日一日があっという間に過ぎていきますが […]
  • 肩腱板断裂肩腱板断裂 肩の痛みで夜中に目が覚めることが二度ほど続いたので、今日は近くの整形外科で診察を受けた。来々週には大学病院での診察予約もしてあるのだが、予備的な診察のつもり。 問診して肩の可動域 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です