感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

10月28日のブログに書いた吉村光信さんのエッセイの続き『がんと心もよう(2)「病は気から」の精神免疫学』が「市民のためのがん治療の会」のアップされています。精神(神経)免疫学によるこころとがん治癒との関係を簡潔に要領よくまとめています。その中にこんな文章がありました。

フランクルの実存主義の観点から、浜松医大診療内科では全人的治療という療法が検討されました。専門医により予後が6ヶ月未満と告知されたがん患者28例を対象に、漢方学的な補剤を用いてエネルギー補給を行い、また、その患者が生きてきたプロセスを積極的に評価し、人生に十分な意味と価値を与えられることに意識を向けさせて、患者固有の社会的役割を遂行させるというような指導がなされました。その結果、平均生存期間は18.4ヶ月と、推定生存期間の3倍以上長かったとのことです。また、この28例のうち、美しい自然に心を打たれるなど、がんになるまでにはなかった感動的な体験(至高体験)があった6例では、他の22例と比べてストレスホルモン(コルチゾール)の指標、抗コルチゾール物質(DHEA-S)、生活の質(生活の質(QOL))、生存期間などの項目で有意に良好な指標が示されました。

というわけで、先月の信州旅行で撮った感動的かどうかはわからない写真をアップします。あなたの免疫力がアップするとよいのですが、つまらんと感じて生存期間が短くなったと言われても、一切の責任は取れません。

渋温泉の宿は「古久屋」。目の前が「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルかという「金具屋旅館」。古久屋は金具屋よりもはるかに古く、1200年の歴史を持つという宿で、源泉が6本も引かれています。おかげで渋温泉自慢の外湯巡りをする余裕はありませんでした。内湯だけでも14槽あるそうです。もちろん全部入ることは無理でした。伊香保温泉に一字違いの「古久家」があり数年前に利用したのですが、余りよい印象を受けなかったので、こっちの古久屋も最初は伊香保の系列かと躊躇していたのですが、誠によい宿でした。勘違いして伊香保の古久家に予約してからこちらの古久屋に来る客が結構いるそうで、そそっかしい人間はいつの世にもいるものだと呆れたのだが、さてその客はどうしたのだろう。

 

ご飯も「幻の米」と言われ、佐久市の旧浅科村のわずか400haで獲れる「五郎兵衛米」です。魚沼産コシヒカリよりも美味いとの評判通りで、夫婦でお櫃を空にしてしまいました。

_dsc2936

【追記】

「前向きな感情は寿命も延ばす」という坪野吉孝氏の記事がアピタルに掲載されています。

61~80歳のグループでは、健康状態に差がないと仮定してもポジティブな感情の強い人の方が死亡リスクは低かった。一方、81歳以上のグループでは、健康状態に差がないと仮定すると、ポジティブな感情が高くても死亡リスクに差はないという結果だった。

「私は人生を楽しんでいる」「私は幸福だ」などの感情の強さが、61~80歳の高齢者の死亡リスクの低さと関係することを示した点が、今回の研究の興味深い点だ。こうした感情と寿命との間に、年代による差があるかどうかは、今後さらに研究が必要だろう。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • NHKスペシャル がん~人類進化が生んだ病~NHKスペシャル がん~人類進化が生んだ病~ 儀明の棚田 昨夜のNHKスペシャル『がん~人類進化が生んだ病~』を興味深く見た。なかでも、メラトニンとビタミンDが取り上げられていたことだ。ともに私が手術後再発予防の目 […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3) 米国対がん協会ガイドライン『「がん」になってからの食事と運動』では、がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい、と言っています。第一版が発行されて以来新 […]
  • がんの自然退縮ってどれくらいあるの?がんの自然退縮ってどれくらいあるの? 自然退縮は結構ある 治らないがんを宿した患者なら、誰しも「自分のがんだけは奇跡的に治って欲しい」と願うものです。そして、がんの「自然治癒」「自然寛解」「自然退縮」という現象 […]
  • スポーツは健康に悪いスポーツは健康に悪い 錦織選手の活躍が注目されています。すばらしいテクニック、プレッシャーに負けない強靱な精神、なによりも笑顔が良い。しかし、スポーツ選手は常に怪我とも闘わなくてはならない。 昨日も […]
  • 緑茶で死亡率減少:がん研究センター緑茶で死亡率減少:がん研究センター 国立がん研究センターの多目的コホート研究で、緑茶・コーヒーと死亡率の関係が明らかにされました。 解析の結果、緑茶を1日1杯未満飲む群を基準として比較した場合、1日5杯以上の群の […]
  • 『がんの統合医療』(2)『がんの統合医療』(2) 四万川ダム湖の紅葉。4年前は大雪の日に訪れたが、今年はすばらしい紅葉に出会えた。宿も同じ「鹿覗キセキノ湯 つるや」 ↓ […]
  • 【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう?【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者がい […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
LINEで送る
Pocket

感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる” に対して1件のコメントがあります。

  1. みのさん より:

    こんにちは、そろそろ完治宣言をしたらと木下さんに言われているみのさんです。手術が難しく余命は数か月と言われましたが、勇気ある医師によって手術ができて7.5年になります。
    患者会などでも食事や過ごし方など他の患者さんに色々尋ねられますが、これが良いとはっきり言えることはあまりなく、いつも申し訳ない気持ちでいます。
    運動や製品の開発・販売など積極的に生きるように心掛けていますが、良いこともあれば逆もあります。マラソンはどう見ても体力を消耗するし悪影響があることは避けられないでしょう。開発や販売に至っては苦労ばかりで、ストレスが身体共に痛めつけているのは間違いありません。時に再発などの不安を感じることもあります。
    そんな生活ですが、ただこれだけは絶対と言えるものがあります。それは、毎年スキーで訪れる北アルプスの荘厳な雪景色です。
    朝夕、晴れていても悪天候でも心から解放され、美しい、あるいは猛々しい自然の中にある至福感を得ることが出来ます。ともかく自然の中に身を置だけで良い効果をもたらのではないかという事です。

    できれば、他の患者さんも私と同じような体験をしてもらえないかと思っています。実現すれば、山や美しい木々、雪などの自然から深い喜びを得てもらえると思います。思い付きですが(笑い)

    1. キノシタ より:

      膵臓がん患者と家族を集めて、「美しい風景を見る会」なんてのも良いかも知れませんね。
      他の患者会では時々やっているところがあります。

  2. みっちー より:

    初めてコメントいたします。
    こちらのブログではいつも勉強させていただいております。
    感謝しております。
    今回は懐かしいふるさとの景色をありがとうございました。
    とてもうれしいです。私の免疫力もきっとアップしました。
    またいろいろな情報を発信してください。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です