今日の一冊(15)『明日この世を去るとしても・・・』


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

樋野 興夫
1,210円(05/31 02:07時点)
発売日: 2015/08/06
Amazonの情報を掲載しています

がん哲学外来理事長の樋野興夫さんの新著です。『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

がん哲学外来とは、がん哲学外来のホームページには

多くの人は、自分自身又は家族など身近な人ががんにかかった時に初めて死というものを意識し、それと同時に、自分がこれまでいかに生きてきたか、これからどう生きるべきか、死ぬまでに何をなすべきかを真剣に考えます。
一方、医療現場は患者の病状や治療の説明をすることに手一杯で、がん患者やその家族の精神的苦痛までを軽減させることができないのが現状です。 そういった医療現場と患者の間にある「隙間」を埋めるべく、「がん哲学外来」が生まれました。科学としてのがん学を学びながら、がんに哲学的な考え方を取り入れていくという立場です。

と書かれています。

約半数のがんは「治る」時代になりました。しかし、それでもがんの告知を受けると「がん=死」という考えが脳裏をよぎります。ましてや治癒の難しい膵臓がんになれば、なおさらです。がん患者の約3割がうつ状態になると言われています。

「希望を持って、がんばれよ」「きっと抗がん剤が効くはずだ」などと励ましたり応援したりしても、一時的な効果しかありません。独りになるとまた悶々と悩んだり落ち込んでしまいます。

結局は本人の考え方、人生や死に対する考え方を変えるしか、このうつ状態から向け出すことはできません。そのためには「言葉の処方箋」が必要だというのが樋野興夫先生の考えであり、がん哲学外来を創設された目的です。

例えばこのような言葉の処方箋が並んでいます。

  • 自分以外のものに関心を持つと、やるべきことが見えてくる。誰にでもその人にしか遺せない贈り物がある。
    がんだからといって、自分のことばかりを考えていると駄目になる。自分の人生における役割や使命を考えてみましょう。ルターは「もし明日世界が終わるとしても、私は今日もリンゴの木を植えるでしょう」と言いました。
  • がんだからこそ、「犠牲を払って他人のために何かをする」
  • 全力を尽くして、あとは心の中でそっと心配する。

このブログでも「がんのことは最後に考える」とか、「なんとかなるものはなんとかする。なんともならないものは成り行きに任せる」と書いてきましたが、同じ意味ですね。自分にコントロールできないことは考えても疲れるだけ。得られるものは極めて少ないのです。

そして、

  • 「命よりも大切なものはない。命が一番大事」とは考えない方がよい。
    自分の命よりも大切なものがある、と思ったほうが、幸せな人生を送ることができるようです。

「命よりも大切なもの」って何でしょう。それはこの本をじっくりと読んで考えてみてください。膵臓がんの患者は遅かれ早かれほぼ全員が死を迎えます。治ることは非常に希です。だから「命が一番大事」と考えているかぎりは、いつまで経っても解決しません。”人生から期待されている”自分の役割に気付くこともありません。

膵臓がんのブログ友の方は、自分の症状、抗がん剤の苦しさ、それへの対処法などを書くことで、同じ病気の方になにがしかの役にたつのでは、として書いているのだと思います。自分以外の人に関心を持つというのは、そうした些細なことで良いのです。あるいは、これまでは無関心だった地域の行事に関わってみる。社会的な問題に興味を持って参加してみるというようなことです。

膵臓がんになったからと、自分の命の心配ばかりしていてはストレスも溜まるし、反って免疫力が落ちると思いますよ。自分よりもさらに困っている人のために働きましょう。

樋野興夫先生の著作はどれも似たようなことを書いてあるのですが、『がんと暮らす人のために―がん哲学の知恵』もお勧めです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』   有名病院の有名腫瘍内科医の先生は、抗がん剤を60%以下まで減量することはまかりならん。それは人体実験になる、とおっしゃいます。武蔵小杉の勝俣医師、前回 […]
  • 死ぬ直前に誰もが後悔すること 『看護師が語った死ぬ直前に誰もが後悔する「5つのこと」』のタイトルの記事が目に留まりました。 末期患者と接する看護師が、彼・彼女らが死ぬ直前に語った言葉をまとめた本の紹介です。 […]
  • 樋口強さんの本、絶対にお勧めですよ!! 昨年末のこちらの記事で紹介した松沢さんが、15日にがん研での手術が終わったとコメントをくださいました。ICUを出てすぐに、痛みに耐えながらコメントしてくださったのでしょうね。おめ […]
  • がんと免疫 「がんは免疫機構の監視をくぐり抜けて大きくなったのだから、自己免疫力ではがん細胞をやっつけることは難しい」 これは正しいでしょうか? 免疫とは、自己と非自己を区別する […]
  • 運動で、がん細胞が消える運動で、がん細胞が消える 本日7日付の日経新聞「今どき健康学」に、運動がASC遺伝子のメチル化と関係していて、運動すればメチル化率が高くなり、若返り効果があると紹介されている。 またASC遺伝子は細 […]
  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • 今日の一冊(12)『量子コンピューターが本当にすごい』今日の一冊(12)『量子コンピューターが本当にすごい』 量子コンピューターはすごいらしい。何がすごいかって、日本のスパコン「京」が年かかる計算を数十秒でやってのけるという。暗号やパスワードなんかも、たちどころに解除 […]
LINEで送る
Pocket

今日の一冊(15)『明日この世を去るとしても・・・』” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    reoさん。
    ステージ4aで術後7年ですか。おめでとうございます。
    がん研の私の主治医の話では、術後6年で再発した方が一人いるが、それ以外は再発なしですって。7年経てばもう大丈夫でしょう。後は天寿を待つだけ(*^ー゜)
    >癌のおかげでやっとお自分の趣味を見つけられました
    そうなんです。私も同じです。これまでの生き方を変えるきっかけにし、生き方を変えれば癌もおとなしくなるかもしれません。
    >11年目とか5年過ぎた人にもお会いできますね
    11年経っても病院で経過観察しているのでしょうか。私は10年で止めようと考えていますが。

  2. reo より:

    はじめまして^^
    08年11月すい臓がんの手術をしました。レベルⅣaと告げられました。
    亡くなってしまった方には本当に追悼の意を称します。
    すい臓がんだと自己判断で分かったので病気慣れしている私は、素直に受け入れました。
    あ~わたしでよかったと。子供たちでは、耐えられません。
    7年も生きているとやはり11年目とか5年過ぎた人にもお会いできますね^^
    診察の待ち時間同じ患者さんと話すようになりました。
    頭が悪いのでむつかしいことはできませんが、話し相手くらいにはなれるので
    自分の知っていることは、困っている人に教えたりするくらいですけど。
    もう還暦も超えさせてもらったのであまり長生きしたいとも思っていません。
    やっと母の年に並べたと喜んでいます。
    つたない文しか書けずごめんなさい。
    そうそう近藤なにがしの誤りを知れたのも生きていたからですね。
    私は、ジェムザールしかしてなかったです。サプリなど持ってのほか。
    自然に生きてきました。好きなことだけして。。。
    子育て仕事ばかりで癌のおかげでやっとお自分の趣味を見つけられました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です