エビデンスがかえって足かせ⁈

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

金魚さんの記事をシェアします。

諦めないところに出会いがある

「あとは緩和ですね」と言われても、「このまま死んでる場合じゃない」わけで、しかし、いかがわしい免疫療法には引っかからないようにしてくださいね。

再発したがんは、抗がん薬で治癒(ちゆ)することはないと、治療開始前に話したはずです。腹腔内のリンパ節は今回のCTでは効いていないようです。治療は中止します」と言われ、緩和ケアの医師を紹介されたそうです。
そして紹介された緩和ケアG医師の診察で、Kさんは、「はっきりとは言われていないが、G医師はどうにかして治療を諦めさせたいと思っているのがありあり」と感じたのだそうです。
「自分はいま治療を諦めることは出来ない。たとえ、効果がなくとも、エビデンス(科学的根拠)がなくとも、医学的に意味があってもなくとも、がんに対してなにか手段がないか、一緒に考えて欲しいのです。G医師とのこのギャップはどうしようもない。もし、痛みがきたらお世話になりたいが、それまでは緩和ケア科を受診したくない」と言われました。
G医師は、「あなたらしく生きることを支える」と言われたそうです。
Kさんは「治療を諦めて、私らしく生きることは考えられない。生きる道を探りたい。生きる希望のために治療法がないかを探りたい。私の話を聞いてわかって欲しい。自分の思いを叶えてくれる医師を探したいと思って来ました」と言われます。

金魚さんの記事で紹介されている「がんサポート」の記事です。

私はこう書いた。

あの世への道はエビデンスによって掃き清められている

そのような現実もあります。医療がエビデンスだけで良いのならAIにでも任せれば良い。


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんの緩和ケア膵臓がんの緩和ケア 一般に膵臓がんの終末期の痛みは、コントロールが難しいのですが、膵臓がんブログでも最期はほとんど痛みがない方も結構いるので、あまり悲観的になる必要はありません。しかし、経験の浅い未 […]
  • 国立がん研究センターは、がん難民製造センターか?国立がん研究センターは、がん難民製造センターか? 「国立がん研究センター中央病院(以後、「がん研究センター」とする)に対して、多くの患者さんから不満の声を聞きます。「告知された直後の患者に抗がん剤を選ばせる」「あとは緩和 […]
  • 雨上がりに咲く向日葵のように雨上がりに咲く向日葵のように 25日に山下弘子さんが亡くなりました。19歳で肝臓がんが見つかり、余命半年を告知され、それでも希望を見失わずに「雨上がりに咲く向日葵のように」生きてこられました。 […]
  • ビタミンDの話題ビタミンDの話題 という毎日新聞の記事がありました。 研究チームは2016年5月から1年間、同大の学生など20代の女性延べ101人について、日焼け止めの使用頻度や食生活など習慣などを調査 […]
  • ゲノム・シークエンス―世界の趨勢に遅れているゲノム・シークエンス―世界の趨勢に遅れている 先の記事「プレシジョン・メディシンのまとめ」の続きです。 前回の記事を書いたあと、遺伝子解析に関して調べてみたが、どうにも納得できない点がいくつかある。 全ゲノム […]
  • 今日の一冊(71)『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』今日の一冊(71)『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』 第15回『このミステリーがすごい!大賞』の大賞受賞作です。作者の岩木一麻氏は、国立がん研究センター、放射線医学研究所を経て、現在は医療系出版社勤務とのことですから、医療に […]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

エビデンスがかえって足かせ⁈” に対して1件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    こんにちは~最近は、アルバイトで体力を奪われて、週末ゆっくり拝見しております。
    また、ご紹介ありがとうございます。
    良い先生の言葉に触れると、本当にほっとしますね・・・それが医療者として当たり前だと思うのですが。。。
    正論だけでは、病は癒せないと気づいてほしいです。
    今夜はようやく録画したクローズアップ現代も観る予定ですが、あと3カ月ほどのアルバイト、足の調子がもつか心配です。。
    やれやれ~副作用は後遺症として残るとしても、生活再建は中々難しいですね。。
    エビデンス問題で、気持ちのうえで納得がいかずCNJの講座を終えるのも一苦労でした(県のピアサポーター要件だったのですが)。
    がん治療にあたる医師が、広い心もって下さる事を日々祈っています。

    1. キノシタ より:

      金魚さん。お疲れさまです。
      Amazon相手もストレスが大きいでしょ。
      癌患者の生活の問題も、深刻ですから、金魚さんのがんばりを応援しています。

      標準治療以外を認めない。インチキ免疫療法を批判するだけで、免疫治療の研究もろくにやろうとしないことが、世界の趨勢に周回遅れとなり、「何か他に治療法があるはずだ」と願うがん難民を、インチキ免疫療法に追いやっていることを気付いて欲しいものです。

      クロ現も、インチキ免疫療法の報道に続いて、日本の免疫治療の研究がなぜ遅れているのかを取りあげて欲しいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA