今日の一冊(46)『バビロンの秘文字』

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

バビロンの秘文字I - 胎動篇

バビロンの秘文字I - 胎動篇

堂場 瞬一
1,870円(11/25 20:49時点)
発売日: 2016/01/22
Amazonの情報を掲載しています

イラクのモスルの近くに、100万人のラガーンという架空の民族がいるという設定である。ラガーンには奴隷という意味がある。

しかし、ラガーンは独特のくさび形文字を持ち、どの民族にもつながらない。もとの土地を追われ、世界に散らばっているが、金融の才能を活かしてニューヨークで世界の金融市場を動かしている。

ラガーン人はバビロンの末裔ではないかといわれている。失われた故国を再建するために、その根拠となる古代バビロンの遺跡を発掘して神殿を探そうとしている。それをもとにイラク内にラガーンの國を建国するのが4500年来の彼らの悲願である。

戦場カメラマンの鷹見正輝と恋人でありくさび形文字の研究者である松村利香は、その企てに巻き込まれていく。

鍵になるのはラガーンの言語を解読する辞書であり、鍵を握るくさび形文字で書かれた粘土板。それをCIA、ラガーンのエージェントが狙って暗躍する。

古代文明へのロマンと現代の大国の思惑、アメリカ、ソ連が入り交じって駆け引きが続く。舞台はバビロン、ロンドン、ベルリン、ヘルシンキ、東京、ニューヨークとめまぐるしく変る。

全三巻の書き下ろしを一気に読んだ。

バビロンの空中庭園。遠くにバベルの塔が見える。


スポンサーリンク

Hanginggardensofbabylon_3

バビロンの北域に位置する、8番目の門。紀元前575年、新バビロニアのネブカドネザル2世により建設された。

 

 

1024x768xc0a78370c0ad40d1e067961

バベルの塔

 

 

Babylon_small


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者と新型コロナウイルスがん患者と新型コロナウイルス 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 がん患者としては、免疫機能が低下しているので心配になります。 佐藤典宏先生がブログで、中国の研究をもとに解説して […]
  • 近藤誠氏の「がんもどき」を考える 近藤誠氏の近著『あなたの癌は、がんもどき』では、がんもどき理論から得た結論として、第10章の最後に次のように書いている。  私自身も、死を意識する年齢になり、何で死ぬのがい […]
  • 問われる真偽 ホメオパシー療法問われる真偽 ホメオパシー療法 本日の朝日新聞「be […]
  • 除染しないで放っておいても2年で6割に減る除染しないで放っておいても2年で6割に減る 環境省が先月、福島原発事故に伴う放射性物質の除染に関する基本方針案と関係省令案をまとめた。それによると、年間被ばく線量1mSv以上の地域を除染対象に指定。20mSv未満の地域は2 […]
  • 大阪府立成人病センターがEMCC2011で発表 局所進行切除不能膵腺癌に、ゲムシタビン、S-1、放射線療法(CRT)を行うことで高い抗腫瘍効果が得られる可能性が明らかとなった。フェーズ1/2試験の結果、示されたもの。1年生存率 […]
  • 快適寝具「パシーマ」快適寝具「パシーマ」                 三ツ池公園の桜がちょうど満開でした。 寝るときにはパシーマとサニセーフという寝具を使っている。これは三層構造になったシーツのような布で、添加物 […]
  • 安全な未来の原発「みろく」開発中安全な未来の原発「みろく」開発中 今日の東京新聞「こちら特報部」を読みながら、はて? […]
  • ガンの患者学研究所 (5)ガンの患者学研究所 (5) 川竹氏は「ガン患研は事業収益を上げることに熱中しているのではないか」との疑問に、次のように答えています。 それでもなお、次のようにおっしゃる方もいます。「ガン患研は事業が多い。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です