今日の一冊(18)『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

長尾医師の近藤誠批判。何冊目だろうか? 肺がんのステージⅡaと診断された若き女性記者と長尾医師との対談形式で書かれていて、どんどんと読み進めることができる。もちろん架空の女性記者である。

近藤誠氏の誤りは、本物のがんと「がんもどき」しかないという黒か白かのどちらかだという二分法思考である。しかし世の中、グレーの領域がどの分野にも存在する。

近藤理論自身にも正しい主張もあり、明らかに間違っている部分もあり、グレーの部分もある、というのが長尾医師の主張である。私も同感である。

抗がん剤については、やるかやらないかではなく「やめどき」が大切であるということは、別の著作『抗がん剤 10の「やめどき」~あなたの治療、延命ですか? 縮命ですか?』でも書かれている。延命効果から縮命効果になる時点を見極めることが大切だと思う。しかし、現実にはなかなか難しい判断であろう。

  1. 最初からやらない
  2. 抗がん剤開始から2週間後
  3. 体重の減少
  4. セカンドラインを勧められた時
  5. 「腫瘍マーカーは下がらないが、できるところまで抗がん剤をやろう」と主治医が言った時
  6. それでもがんが再発した時
  7. うつ状態が疑われる時
  8. 一回治療を休んだら楽になった時
  9. サードラインを勧められた時
  10. 死ぬときまで

「1. 最初からやらない」は相当勇気のある患者だ。あるいは近藤理論の信奉者か。「4. セカンドラインを勧められたとき」も、多くの患者が「効かなくなったら次の抗がん剤を」と考えている現状では難しい。日本で膵臓がんに使える抗がん剤はまだまだ少ない、という声は、たくさんあればもっと延命できるはずだということを前提としているが、それが本当に正しいのかは分からない。

「9. サードラインを勧められたとき」でもまだまだ頑張るのだろう。そして「10. 死ぬときまで」あるいは亡くなる1週間前まで続ける。ときには臨終のベッドに抗がん剤の点滴がぽたりぽたりと落ちていたりする。

長尾氏の上記の本でも、亡くなった患者の口からTS-1の錠剤が出てきたという衝撃的な事実が書かれていた。しかし、がん患者のそうした心情はよく分かる。闘病ブログでも副作用に耐えて、次々と抗がん剤を代えて頑張っている患者がたくさんいる。

20151027_19_19_52

早期から緩和ケアを受けていた患者は、亡くなる2ヶ月前に中止している割合が多い。その方が結局長生きできるようだ。生活の質(QOL)も良い。

私にはどちらが正しいとは言えない(二分法は避けている)が、結局はその人の哲学、価値観であると思う。

実際には、最後まで抗がん剤をやって延命ではなく縮命になっている場合が多い。どこで止めるか、を常に考えていた方が良い。最後の最後まで抗がん剤をやると、生活の質(QOL)が下がる、最後に心肺蘇生をされる、ICUで亡くなる率が高くなる、生存期間が短くなる。

20151027_19_18_01

同じ国立がん研究センターの医者でも、亡くなる3ヶ月以内に患者に抗がん剤を投与した割合は、医師によってこんなにも違う。

20151027_19_20_49

緩和ケアも「治療」なんだよね。しかし「緩和ケア=治療の断念」との受け止める患者が現状では多数だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(19)『介護ビジネスの罠』 介護ビジネスの罠 (講談社現代新書)posted with ヨメレバ 長岡 美代 講談社 2015-09-17    […]
  • プラセボ効果プラセボ効果 どうってことのない写真だけど、チョット気になる。 「癌」と「がん・ガン」、実は使い分けが必要なのですが、私のブログでは「見た目」を大事にして、混在しています […]
  • 今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』 原宿「スーパーよさこい」こちらもベストショットに数えて良いかも 何の因果か、癌の王様と言われる膵臓がんになってから、音楽の趣向が変わった。それまではヴィヴァルディやドヴォルザ […]
  • ノーベル賞 戸塚洋二さんのことノーベル賞 戸塚洋二さんのこと 八千穂高原自然園の紅葉 二人の日本人にノーベル賞が授与されました。生理学・医学賞の大村智・北里大特別栄誉教授、物理学賞に東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長が受賞されました。 1 […]
  • 今日の一冊(17)『がんとの賢い戦い方』 先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さんが、近藤誠氏のセカンドオピニオンを受けていたらしいという記事がありますね。 『川島なお美さん […]
  • スライドショー『巾着田の曼珠沙華』スライドショー『巾着田の曼珠沙華』     曼珠沙華ももう終わりですね。ずいぶんと涼しくなってきました。 花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思 […]
  • 美瑛の丘にクラリネットの風が吹く美瑛の丘にクラリネットの風が吹く 四泊五日の北海道旅行から昨夜遅くに帰ってきた。 4時起きで朝霧と朝焼けを狙い、夕陽と丘の風景を狙い、日中は撮影ポイントを駆け回って、夜は満天の星空を撮る。いつ寝るんじゃい! […]
  • 天下は神器、為すべからず 信用できる相手って、どんな人だろう。「よく分からないけど、あの人がそう言うのなら、従ってみようか」「今後の治療法、迷うけど、この先生が言うのだったら、そうしてみようか」 反対に、 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です