臨床試験(治験)の探し方(2)


Pocket
LINEで送る

治験へのアクセスが良くなった

従来は、どこでどのような臨床試験が行なわれているのかは公表されることがありませんでした。そのため、次のような弊害が指摘されてきました。

  • 治験に参加したい患者が情報にアクセスできない
  • 試験が最終段階まで実施されない
  • 治験の結果が研究実施者にとって都合の悪いネガティブな結果であった場合には論文化(公表)されない
  • 都合のよいポジティブな結果が得られた場合のみ公表され、そうでない場合には公表されないため、これら臨床試験結果を用いた後向き研究(メタアナリシス)の結果も過大評価となる

そこで、2004年9月に、主要な医学雑誌の編集者の集まりである医学雑誌編集者国際委員会が「生医学雑誌への投稿のための統一規定を発表し、医学雑誌に臨床試験結果を投稿する際に探索的段階の試験等を除き、事前に試験情報の登録・公開を必須とすることを表明しました。つまり、事前に登録をしていないと論文を発表できないことになった。

日本でも2008年から登録制度が運用されることとなり、登録先として

が認定されています。ここに登録された情報を横断的に検索できるようにしたのが、前回紹介した二つのサイトです。

医学雑誌編集者国際委員会( ICMJEInternational Committee of Medical Journal Editors)、WHOも登録先として治験・臨床研究登録機関( WHO PrimaryRegistryを紹介しており、日本の上の3つの機関もJapan Primary Registries NetworkJPRN)として、2008年にそのリストに追加されました。

つまり、登録先は日本国内でなくても良いということです。

その結果、二つの横断的ポータルサイトで検索できない臨床試験(治験)が生じることになります。

日本国内から海外の登録サイトを使う場合、そのほとんどは米国のClinicalTrials.gov. です。

20160922_11_21_19

ここには日本はもちろん、世界172ヵ国以上の臨床試験が登録されています。

こちらは日本のお馬鹿なサイトと違い、AND検索も絞り込みも可能で、使い勝手は良いですが、もちろん英語にしか対応していません。

試しに「膵癌」「(オプジーボ)ニボルマブ」で検索してみました。「pancreatic cancer nivolumab」を検索窓に入れて「Search」ボタンをクリックすると、

20160922_11_30_43

12件がヒットしました。すごいですね。世界では膵癌へのオプジーボの研究が進んでいます。(日本はどうしてる?)

□Include only open studies にチェックを入れると、「募集中」と「募集前」が10件あると分かります。

癌腫を指定せずに「nivolumab」だけで検索すると252件。「PD-1」なら347件です。免疫チェックポイント阻害剤の臨床試験が多数行なわれていることが分かります。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない抗がん剤による真の延命効果は10%程度しかない 抗がん剤は効くのか効かないのか、効くとすればどの程度なのか。再発予防効果はどれくらいあるの? 統計の罠とは?そうした疑問に答えます。 クロスオーバー試験とは 近 […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • 国民健康保険の一部負担金減免制度国民健康保険の一部負担金減免制度 がんになったとたんに病気のことももちろん心配ですが、お金のことも頭をよぎります。治療費はいくらかかるんだろう?仕事は続けられるのか? […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸 […]
  • やはりストレスはがんによくない-国立がん研究センターの研究やはりストレスはがんによくない-国立がん研究センターの研究 1月20日、国立がん研究センターが『自覚的ストレスとがん罹患との関連について』というコホート研究の成果を発表しています。 マスコミでも話題になったのですが、 今回 […]
  • 抗がん剤のやめどき抗がん剤のやめどき 再発・転移がん、二次治療のがんにはエビデンスがない 膵臓がんに使える抗がん剤は、実質的に3つしかありません。4つめのタルセバは、延命効果が乏しい上に、間質性肺炎という重い副 […]

臨床試験(治験)の探し方(2)” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    sakuraさん。
    nivolumabの臨床試験は国内ではないでしょうね。
    昨年9月に調べた時点では、アメリカと欧州での共同試験がいくつかありましたが、日本の医療機関が参加しているものはありませんでした。
    現時点では国内でnivolumabの臨床試験に参加することは難しいでしょう。アメリカでの臨床試験に参加するのは敷居が高いでしょうが、検索結果にメールアドレスなどの連絡先があるでしょうから、連絡してみるのも一つの方法です。
    パンキャン・ジャパンが何か新しい情報を持っているかもしれません。
    人道上の観点から、通常は効果の確認された抗がん剤と併用して臨床試験を行います。

  2. sakura より:

    いっぱい本をよんでらっしゃいますね。
    私も片っ端から読んでいます。
    このHPにのっていた「奇跡のシェフ」と「このまま死んでる場合じゃない」はリンクで
    昨日アマゾンで注文しちゃいました。(*゚▽゚)ノ

  3. sakura より:

    はじめまして。膵癌さばいばーのHPを見させていただいています。
    大人なHPですね。。。(^-^;
    早速ですが、私の父が膵臓癌4bです。(ノ_-。)
    海外の治験でnivolumabまたは可能性のあるもの等で、受けれるものを探しています。
    Clinical Traials.comで pancreatic cancer nivolumabで検索して、何件か出ますが、
    7件ぐらい翻訳してみましたが、どれが父にあっているがわかりません。
    そしてだいたいnivolumabと何か抗がん剤を一緒につかっているものが多いようです。
    検索してからの次のステップはどうしたらいいのでしょうか?
    お手数をおかけしますが、お返事いただけないでしょうか?
    ちなみに日本の治験では「受けれるのはない。」と担当医に言われました。

この投稿はコメントできません。