「治療開発マップ」を参考にして臨床試験を探す

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)では「治療開発マップ」をホームページに掲載しています。

このマップは、臨床試験を実施しようと計画している医師たちが、重複がないように利用するためのものですが、がん患者にとっても、今どのような臨床試験が行われているのかを考える上で参考になります。

16の専門領域別に、主ながんの種類ごとに作成されています。膵臓がんについては、対象を、

  1. 切除可能
  2. Borderline Resectable(切除限界)
  3. 局所進行
  4. 遠隔転移再発

に分類し、それぞれに「標準治療」「JCOG試験」「他組織の試験」「適用外薬」と分けられています。

20170519007

これを参考にして、がん情報サービスの「がんの臨床試験を探す」や、「臨床研究情報ポータルサイト」で検索して詳細を知ることができます。

自分が参加できる臨床試験かどうかは、まず主治医に聞いてみましょう。患者本人の進行度、体の状態、これまで受けてきた治療などを一番よく分かっているのはあなたの主治医だからです。

も参考にしてください。

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 臨床試験(治験)の探し方(1)臨床試験(治験)の探し方(1) 予後の厳しい膵臓がんでは、医師から「標準治療ではもうできることがありません。あとは緩和です」と言われる方が少なくありません。 しかし、諦めきれない。まだこんなに元気なのに何 […]
  • 医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン)医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン) がん情報サービスに「公費助成を得て行われる医師主導治験の情報」が新たにUpされています。膵臓がんでは、 アルクチゲニン(牛蒡子の抽出物)国立がん研究センター […]
  • 今日の一冊(35)『がんは引き分けに持ち込め』今日の一冊(35)『がんは引き分けに持ち込め』 「アブラキサンもFOLFIRINOXもTS-1も効きませんでした。あなたに効く抗がん剤はありませんから、あとは緩和ですね」と言われても、「こんなに元気なのに」と諦めきれないのは […]
  • 『がんワクチン治療革命』中村祐輔 ペプチドワクチンOCV-C01の第Ⅲ相臨床試験が再開されました。カクテルワクチンの最終段階の試験が始まり、私たち膵臓がん患者にとっては期待が高まる一方です。日刊工業新聞の次の記事 […]
  • ペプチドワクチンのまとめペプチドワクチンのまとめ NHKのあさイチで紹介されるなど、ペプチドワクチンが話題になっています。しかし、オンコセラピー・サイエンスのワクチンだけでもいくつもの種類があり、混乱します。自分用にと現時点でも […]
  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA