セカンドオピニオン・アドバイザー

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんと診断された患者が、自らの病状や治療方針について他の医師の意見を求める「セカンドオピニオン」へのニーズが高まっています。しかしながら、主治医を疑っていると思われたくないなど主治医への気遣い、いざ「セカンドオピニオン」を受けようとしても、探す方法が判らないなどの理由から、「セカンドオピニオン」を受けないまま不安を抱え治療に進む患者も多いのが現状です。
そんながんと診断された患者が、簡単に最適な「セカンドオピニオン」を探すことの出来る新サービス『セカンドオピニオンアドバイザー』が、5月10日(水)よりスタートすることになりました。

って記事が。こちらにリンク

しかし、アドバイザー料金が5万円とはちょっと。セカンドオピニオン料金3万円を足したら8万円ですからね。金額はともかくとして、築地のがんセンターの患者ががん研有明を紹介されても、同じ標準治療しかないのだから、同じ診断しか出ないでしょう。

どういう基準でどうのような医療機関を紹介してくれるのかが肝心ですが、それへの言及がない。

確かに主治医にセカンドオピニオンを受けたいと申し出にくい患者には、あるていど敷居が低くなるのかもしれない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 病床数を減らせば、がん患者は減るか?病床数を減らせば、がん患者は減るか? 人工知能は万能ではない NHKで人工知能に関する2つの番組を見た。録画してあったのをやっと再生。 1. 人工知能 天使か悪魔か 2017 2. […]
  • GWはKindle本の出版準備でGWはKindle本の出版準備で GWも今日で終わり。国営ひたち海浜公園に行ったきりで、あとは家でごろごろ、でもなく、Kindle本の出版を目指して執筆に費やしていました。 来月で膵臓がんの手術後10年にな […]
  • 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ 西村元一さんの5月12日付コラムがヨミドクターにありますが、こんなことを話しています。 「患者同士が交流する意義」  今回、自分自身が患者の立場となり、今まで医師 […]
  • 人工知能(AI)によるがん診断人工知能(AI)によるがん診断 日本病理学会が人工知能(AI)を使った病理診断技術の開発をし実用化を目指すと報じられた。 病理医不足は深刻だから、これでがん患者の治療が良い方向に向かうことを願うが […]
  • 高齢のがん患者は早く死ねか?高齢のがん患者は早く死ねか? 毎日や読売が報じていますが、高齢がん患者には抗がん剤治療の効果が疑わしいから、調査をするとの方針だ。 確かにガイドラインやエビデンスの元となる臨床試験の対象 […]
  • 家族なら”完治”を願うべきか?家族なら”完治”を願うべきか?   小林麻央さんが出演したテレビの視聴率が20%越えだと話題ですね。私は観てませんが。 で、その中で市川海老蔵さんが語ったことばで”炎上”してい […]
  • 湯島聖堂と神田明神、免疫細胞療法のセミナー湯島聖堂と神田明神、免疫細胞療法のセミナー 神馬の「あかりちゃん」 日差しが暖かく、梅もそろそろほころぶかなという神田川界隈を散策して、湯島聖堂と神田明神に行ってきました。まだ初詣の余 […]
  • 実例報告「私は切らずにがんが治った」実例報告「私は切らずにがんが治った」 次郎 「週刊現代」の特集記事がアップされているけど、 「病は気から」は本当だった!実例報告「私は切らずにがんが治った」 確かに自然治癒はあるのだ […]
LINEで送る
Pocket

セカンドオピニオン・アドバイザー” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    金魚さん。
    がん支援相談室は「待ちの営業」ですからね。
    もっと患者のところに行って積極的な営業をしなくては。
    「早期からの緩和医療」といい、理想と現実の乖離がひどすぎます。

  2. 金魚 より:

    セカンドオピニオン・アドバイザーに5万円・・・アリエナイ。。。
    がん支援相談室がいかに機能していないかという、残念な話しの延長にあるんでしょうかね・・・
    むしろ、キノシタさんに相談した方が良いでしょう。。。
    Kindle本購入の方で、自分で調べて、支援室を通じて病院に依頼するとかね。。
    医療者は、もっと恥じ入りべきですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です