ステージ4aで5年生存を果たしたみのさん


Pocket
LINEで送る

池田実さんのストーリー

がん患者100万人のための生活情報メディア『MillionsLIFE』に、『すい臓がんカフェ』にもたびたび参加されている池田実さん(みのさん)のストーリーとインタビューが載っています。ステージ4aのサバイバーです。

長文ですが、膵臓がん患者として、読み応えがあり、気づきと共感のできる記事です。

I05632x3511

【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「IT業界を経て会社設立へ」
  3. 第2話「胃腸の不快感」
  4. 第3話「唐突なすい臓がん告知」
  5. 第4話「入院~検査ずくめの日々」
  6. 第5話「余命3ヶ月」
  7. 第6話「医師が決断したオペ」
  8. 第7話「手術を終えて」
  9. 第8話「退院・帰宅」
  10. 第9話「死の受容と抗がん剤治療」
  11. 第10話「治療の終了へ」
  12. 第11話「復職。がんから2年。」
  13. 第12話「薬の力を借りながら」
  14. 第13話「5年を迎えて」

終末期を意識して、がんによる死を受け入れる。
この心境は池田さんにとって悪くなかった。
なぜならインターネットで検索して、すい臓がん、治療、予後、などの情報を調べれば調べるほど明るい情報は無かった。
ほとんどの患者が再発・転移を経験するとあり、自分もきっとそうなる、そんな気がした。
その運命にあらがって、「生命」に執着すると、かえってつらくなる。
だから、人生の終末が平均的な日本人男性よりも早まるかもしれないが、「悪くない終わり方だ」と心を整理すると気持ちが楽になる。
当初、心配していた妻にそれを話すと、池田さんの考え方を受け入れた奥さんは気が楽になったという。

スポンサーリンク

池田実さんのインタビュー

【インタビュー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー

「がん(すい臓がん)で死ぬのは、人生の終わり方として悪くない」という心の整理は、年齢が69歳だからそのように考えたのでしょうか?もし、40代、50代であれば、そのように心を整理されなかったと思いますか?
おそらく、もっと若ければ違うと思います。責任も執着も沢山あるので、簡単には整理できないのではないでしょうか? 子供が小さいとかであれば、なおさらだろうと思います。
そう考えると、かなり年を取ってからの癌の発病だったので気持的に大分楽だったはずです。

進行したすい臓がんを経験して感じたこと
生物を構成する細胞は、生存期間がプログラムされており必ず死に、新しい細胞が生まれ、それに取ってかわります。人間も細胞からできており、必ず死ぬことを免れません。
そうであれば、生への執着が強すぎるのは不幸ではないでしょうか。
自分は、抗らえない場合は、あきらめ(安心立命)の境地を目指したいと思います。
少なくとも死の間際には全てから解放されて安寧でありたい、そうでないと救われないのではないかと思います。
今は、そのゴールを目指すために与えられた時間だと思っています。

***********************************************

『すい臓がんカフェ』にも参加

たくさんの気づきがありますね。次回の『すい臓がんカフェ』にも奥様と二人で参加される予定です。ステージ4でリンパ節への転移もありながら、なぜ5年以上も生存し元気なのか。お話を伺うことができますよ。

また、当日の講演は、肝臓への転移がありながらも、さまざまな補完代替医療も取り入れてがんが消失した山田信祐の講演『やれる事は全部やってます。~ケトン食、運動、補完代替医療他~』もあります。参加して希望をお持ち帰りください。

参加申込みはこちら→ 『すい臓がんカフェ』オフィシャルサイト

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 良寛さんと多元宇宙論良寛さんと多元宇宙論 以前の記事でも書いたのですが、良寛にこんな歌があります。沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち)またその中に沫雪ぞ降る三千大千世界とは、仏教における宇宙論を表わす […]
  • 今日の一冊(49)『あの世へ逝く力』 著者の小林玖仁男氏は、さいたま市中央区で国登録有形文化財の屋敷を利用して会席料理店「二木屋」を営んでいる。また、全国の伝統や風習をアレンジした歳時の飾りつけ(室礼)によるもてなし […]
  • がんで死ぬのも悪くはないがんで死ぬのも悪くはない この記事、すい臓がんが見つかって手術を待っている時期のものです。ずっと考えは変わりませんでした。悟りとまではいかなくても、自分なりの死生観を持っていることが、がんとの戦いに […]
  • 「死」は終わりではない。必然なのだ。「死」は終わりではない。必然なのだ。 がん細胞はアポトーシスを忘れた細胞 細胞にはアポトーシス(自死)の機能が遺伝子に組み込まれている。自らの存在が不要になったとき、自ら判断して自殺するのである。分かりやすい事 […]
  • 彼岸花の命は短い-道元の死生観彼岸花の命は短い-道元の死生観 2007年に膵臓がんの手術後、快気祝いにと伊豆の修善寺に一泊で旅行しました。奮発して老舗の新井旅館に泊まったのですが、近くの散策路で一輪の彼岸花が大木の幹に咲いているのを見つけた […]
  • Eテレで『正法眼蔵』をやってるよ。Eテレで『正法眼蔵』をやってるよ。 Eテレの『100分de名著』は道元の「正法眼蔵」。お釈迦さんが捉えた「正しい教え」を読み解く知恵が必要だよ、が書名の意味。 このブログでも何度か取り上げてきた。 道元の「生死」観 […]